“靴下×サンダル”って大人もアリ?オバ化しない素敵な履き方

“靴下×サンダル”って大人もアリ?オバ化しない素敵な履き方

“靴下×サンダル”って大人もアリ?オバ化しない素敵な履き方の画像

こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子(すみゆうこ)です。例年ならばサンダルとのお別れが迫る9月ですが、名残惜しさもあるし、可能ならもう少し付き合いたいところ。そんな時期におすすめなのが、さいきん街でもよく見かける靴下×サンダルコーデです。

「でも、サンダルに靴下って……実際どうなの?」と、疑問を持つのがアラフォー女性の正直な本音ですよね。今回は、そんな新しいスタイルのサンダル×靴下コーデの是非(ぜひ)についてご紹介します。

◆意外と便利! 靴下×サンダルのいいところ

 街なかの、それも20代の男女に多くみられるのが“スポーツサンダル×白靴下のコーディネート”。正直、世代の違う筆者(30代)は初見では「え、昭和のおばちゃんの買い物スタイルやん」としか思えませんでした。それ以降、数あるスナップ写真をチェックするも、みんなおしゃれな着こなしでそれとなく決まっていますが……足元だけを見てしまうと正直いまだに違和感が拭えません。実はそれくらい、全身のバランスが重要なコーデだったりします。

 ただ、見方を少し変えると良いところも。まず足の見せたくない部分が隠れます! かかとのガサガサも、指先の荒れも、?(は)げたネイルも全部なかったことに。また、心なしか靴下(とくに白)を履くと、ラフなサンダルであってもきちんとさが表現されます。組み合わせの黄金バランスさえ理解していれば、30〜40代でも違和感のないサンダル靴下コーデが楽しめそうです。

 とはいえ、ちょっと間違えると目も当てられないちぐはぐなコーディネートになってしまうので注意が必要。

◆サンダル×靴下コーデ、鉄板の組み合わせは?

 せっかくだから試したみたいサンダル×靴下コーデ。最初は、鉄板でハズレなのない組み合わせを知っておくと便利です。ざっとまとめると以下のような組み合わせは、定番かつ30〜40代でもなじみやすいコーディネート。

・スポサン×くしゅくしゅリブソックス

・ミュール×シースルーソックス

・ストラップサンダル×カラーソックス

・同系色でまとめたスタイル

 ごつっとしたフォルムのスポーツサンダルは肉厚なリブソックスをルーズに履いてボリュームを出すのが正解。足元にボリュームがくるのでシンプルなワンピースなどと合わせる着こなしが鉄板です。

 キレイめ要素が欲しい大人の女性は、ミュールサンダルにシースルーのソックスを合わせた上品ソックスコーデがしっくり来そうですね。レディ感が強いのでスカートとの組み合わせがこう相性です。あとは、サンダルと靴下を同系色でまとめたコーデ、靴下を差し色に据えたコーデなどが人気です。

◆失敗しやすいのは色・柄を多用すること

 サンダル×靴下は基本的にスカート・ワンピース・ゆったりめのオールインワン・ワイドパンツでまとめると良いでしょう。パンツはシルエットと丈がアンバランスだと途端にダサくなるので気をつけて。

 ノーアクセにナチュラルメイク、全身ナチュラルカラーでベーシックなコーデだと、生活感が出てしまうので要注意。アクセサリーやメイク、洋服の色味などで“味気”を調整しましょう。

 とはいえ全身コーデの色や柄を多用しすぎると、今度は足元の個性が悪目立ちするので配色のバランスにも注意してくださいね。できるだけ3色以内でまとめるか、同系色で落ち着きのある印象を表現すると良いです。

 大人世代にはなかなか難しいサンダル×靴下コーデですが、ぜひ鉄板の組み合わせを活用いただき、新しい着こなしの一つとして挑戦してみてくださいね。

<文&イラスト/角佑宇子>

【角 佑宇子】

(すみゆうこ)ファッションライター・スタイリスト。スタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラムは@sumi.1105

関連記事(外部サイト)