「逃げ恥」や「アンナチュラル」の脚本の魅力とは?/『脚本家・野木亜紀子の時代』

「逃げ恥」や「アンナチュラル」の脚本の魅力とは?/『脚本家・野木亜紀子の時代』

「逃げるは恥だが役に立つ」ガンバレ人類! 新春スペシャル! ! のDVD(※画像:Amazonより)

優れたドラマには優れたシナリオライターあり。実力を多くの人に認められ、「この人の書くドラマなら見たい」と思うファン層が形成されている人気脚本家と言えば、春ドラマの『大豆田とわ子と三人の元夫』が好評だった坂元裕二さん、ヒット作『コンフィデンスマンJP』の映画展開が続く古沢良太さん、新作の『俺の家の話』が高く評価された宮藤官九郎さんの名前が挙げられるでしょう。

 そして、2020年の作品『MIU404』が第108回ザテレビジョン・ドラマアカデミー賞脚本賞や第37回ATP賞ドラマ部門最優秀賞に選ばれた野木亜紀子さんも。

 野木さんは、今年放送された『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!』が視聴率15%を超えるなど、上記の脚本家の中でも執筆作の視聴率が最も高く、Twitterのフォロワーは約22万人。ひとつ頭抜けた人気ぶりはデータでも裏付けられています。

◆『逃げ恥』や『アンナチュラル』『重版出来』など名作揃い

 そんな野木さんの作品についての評論集「野木亜紀子の時代」(blueprint発行)が7月に発売されました。この本では私を含め7名のライターが野木さんの代表作について深堀りし詳しく分析しています。

 2016年の『重版出来!』に始まり、新垣結衣さんと星野源さんが共演したヒット作『逃げるは恥だが役に立つ』、法医学ミステリーの傑作『アンナチュラル』、向田邦子賞受賞作『獣になれない私たち』、社会派の単発ドラマ『フェイクニュース あるいはどこか遠くの戦争の話』、異色の人間ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』、熱狂を呼んだ刑事ドラマ『MIU404』まで。

 もちろん、私も全作品を見てきたわけですが、それぞれの評を読むと、自分では気づいていなかったポイント、または言語化しインプットしていなかったことがたくさんありました。

◆ドラマに似た状況が現実で起きることも

 例えば、執筆陣の中で佐藤結衣さんは『逃げ恥』について「多くの『普通じゃない』と言われそうな人たちが、幸せになっていく過程が描かれる」と書いています。

 同作には恋愛経験の少ない人、未婚の人、セクシャルマイノリティの人が登場し、多様性(ダイバーシティ)は野木作品の大きなテーマになりました。

 また、成馬零一さんは『フェイクニュース〜』で描かれたインフォデミック(ネットでデマが拡散し人々の行動に影響を及ぼすこと)も野木作品のテーマのひとつであり、その恐ろしさは放送時よりも2021年の今、見返すと、リアルに迫ってくると指摘。

 野木さんが描いたドラマに似た状況が現実で起きることは少なくなく、私も『アンナチュラル』の章でその予言的要素についての考察をしました。

◆『MIU404』での綾野剛・星野源の役は似た者同士

『コタキ兄弟と四苦八苦』を評した田幸和歌子さんは「野木作品のキーワードは分岐点」だと考え、同作をSFファンタジーだとしています。

 そして、横川良明さんは『MIU404』に流行りの「ブロマンス」要素を見出し、伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は正反対の凹凸コンビというより重なり合うところの多い似た者同士だと分析。

 私も執筆に当たって『アンナチュラル』を見直し、野木さんが同作に込めたメッセージは展開のメインとなる猟奇的な連続殺人事件の中ではなく、ヒロインの上司役を演じた松重豊さんのさりげないセリフにあるのではないかという新しい発見をしました。詳しくは、よろしければ本をご一読あれ。

◆小説でいうと芥川賞も直木賞も受賞できる野木亜紀子

 そんなふうに違う視点を持った7人がこれだけの深堀りや分析をしても語り尽くせない野木亜紀子ワールド。改めて、その情報量の多さや緻密な作り込みに驚かされます。それでいて1作ごとにジャンルを替え、そのどこでも一定の結果を残している。こんな脚本家は他にはいません。

 成馬さんは小説に例えて『アンナチュラル』が直木賞受賞作なら、純文学的な『獣になれない私たち』は芥川賞受賞作で、「どちらのタイプも書けるということが野木の強み」だと分析しています。

 そして、新作は歴史伝奇ものに挑戦した長編アニメ映画『犬王』(2022年公開)ということで、あらゆるジャンルを制覇しようとしているかのような野木亜紀子から今後も目が離せません。野木作品を見るときのヒント集として、この本を読んでもらえたら幸いです。

【小田慶子】

ライター/編集。「週刊ザテレビジョン」などの編集部を経てフリーランスに。雑誌で日本のドラマ、映画を中心にインタビュー記事などを担当。映画のオフィシャルライターを務めることも。共著に「野木亜紀子の時代」

Twitter:@eikohyper

<文/小田慶子>

関連記事(外部サイト)