水を入れてレンチンするカップ麻婆豆腐に感動。 おいしさの秘密を開発者に聞いた

水を入れてレンチンするカップ麻婆豆腐に感動。 おいしさの秘密を開発者に聞いた

カップタイプのレンチンする麻婆豆腐(中央)。カップ de クッキングシリーズの3種(肉そぼろ豆腐、麻婆豆腐、麻辣カレー豆腐)(希望小売価格:それぞれ税別180円)

水とレンジで作って、こんなにウマい。

 料理をしなくても、おいしいものが食べられる時代になっています。その代表例がインスタント食品。なかでも、食器や調理器具を使わないカップタイプのアイテムは気軽で便利ですが、必ずしも本格的な味がついてくるわけではありません。

 もしそこに感動級のおいしさがついてきたら……そんなことを考えていたときに、私が一口で心をつかまれた商品がありました。それは、ポッカサッポロフード&ビバレッジの「カップ de クッキング」シリーズ(希望小売価格:それぞれ税別180円)。水を注いで混ぜて、3分レンチンするだけで本格的な麻婆豆腐が作れてしまうのですが、想像以上に完成度が高く、大きな声で「これはウマい!」と叫びたくなるほどでした。

 そこで今回は、カップタイプの豆腐料理シリーズについて開発担当者・ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社の藤田良美さんに取材してきました。

◆目指したのは“スープからの領域拡大”

スギアカツキ:はじめて食べたとき、豆腐のつるんとふんわり感、タレのとろみ、食べた満足度……、あまりのおいしさに驚いてしまいました。久しぶりに感動するインスタント食品に出逢った感じです。

藤田さん:ありがとうございます。実は私、いつも「スープ商品」を開発しているのですが、今回は“スープからの領域拡大”を目指し、中華料理の人気メニューである「麻婆豆腐」にチャレンジしました。

スギアカツキ:えっ!? そうか、これってスープじゃなかったんですね! ポッカサッポロさんの「じっくりコトコト こんがりパン」シリーズは、カップ入りインスタントスープ市場で高いシェア(※)を持っていますよね。しかもカップ入りインスタントスープの市場は年々成長していると思うのですが、あえてスープ以外のメニューにチャレンジし始めた理由は何でしょうか?

藤田さん:コロナ禍で在宅ランチの頻度も増え、スープ以上に“おかず”を求めるニーズが高まっていることが最大の理由です。スープを超える“カップ型おかずフード”を作ることを目指し、試行錯誤の結果、「豆腐料理」にたどり着きました。

※15%(2020年実績)出典:富士経済 2022年食品マーケティング便覧 No.1

◆レンチンでおいしい麻婆豆腐が作れてしまうのはなぜ?

スギアカツキ:でも、豆腐をレンチンするって、スカスカパサパサになりそうでおいしいイメージがつかなかったですし、そもそもカップごとレンチンできる商品って、多くはありませんでした。かなりの大挑戦だったのではないですか?

藤田さん:そうですね。カップもレンジ対応カップ容器を新たに開発したため、完成までに約2年かかりました(通常の商品は約半年程度)。今回の「水を入れてレンジ加熱で最適なトロミになる配合」は特許出願するほど本腰を入れています。おいしさの実現で言えば、弊社のスープ作りのノウハウもしっかり生きています。

スギアカツキ:その本気感が、おいしさにつながっているのですね。しかしなぜ麻婆豆腐や肉豆腐をねらったのですか?

藤田さん:とろみがある豆腐料理と言えば、この2つが人気メニューですが、いずれも、家族用(複数人数分)を鍋やフライパンで調理するタイプばかり。お一人様専用の手軽な商品がありませんでした。そこで料理をしない単身者の方々がお湯も沸かさずに作れるもので、妥協することなく最高においしいと思っていただけるものをゴールに定めました。

◆食べた満足度にもこだわり。味わい方には裏技も

スギアカツキ:スープを飲んだときのほっとする安らぎ、おかずを食べたときの満足感、どちらもしっかり満たしてくれました。

藤田さん:スープではないカップ型フードはさまざまな商品がありますが、ジャンク感やファーストフード感を楽しむものが王道になっています。でもこの商品は、ヘルシーさも魅力だと考えています。例えば、豆腐の他に「サラダチキン」を加えていただくなど、“たんぱく質食材”を加えて味わうのもオススメなんです。

スギアカツキ:それは斬新! 炭水化物がメインではないので、ダイエット中の人にも積極的に選んでもらえるツボをおさえていると思いますし、おにぎりやパンとの相棒としてもしっくりきます。他にアレンジって可能ですか?

藤田さん:春雨やもやしを加えてもおいしいですよ。

◆ゆでうどんをたっぷりいれて「マーボーうどん」にも

藤田さん:あとは、冷凍野菜を加えて一緒にレンチンすれば野菜不足にも対応することができます。ヘルシーさを求めない人にも楽しいアレンジが可能です。例えば、ゆでうどんを1玉たっぷり入れてマーボーうどんを作ることができます。

 はじめはスープからうどんが飛び出しているので、見た目も笑えますが、乾燥カップ麺よりもジューシーで本格的なおいしさに仕上がります。とにかく作るのが楽しいのでぜひやってみていただきたいです。

◆課題は“棚の獲得”

スギアカツキ:この商品、弱点や今後の課題はありますか?

藤田さん:リアルな話なのですが、この商品はスープでもなく、カップ麺でもありません。お店で想定される棚は、「簡便調味料コーナー」なのですが、棚の獲得という点でまだまだ課題が残っています。

スギアカツキ:確かに……。でも、カップ麺と一緒に並んでいたらものすごく魅力的に感じますし、コンビニのほうが顧客ニーズの点で相性抜群だと思います。ジャンルが“中華料理の素”であることで、置かれるスペースが限定されるとしたら、客立場からするともったいない。こんなにおいしいのだから、もっと広まって欲しいと、心から応援したくなりました。コンビニ関係者の方、是非ご検討を!(笑)今後もヘルシーで斬新なカップフードを期待しています。

藤田さん:はい、がんばります!

<取材・文・撮影/食文化研究家 スギアカツキ>

【藤田良美】

ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社 食品飲料事業本部 加工食品事業部。2012年入社。営業を経験の後、現在は加工食品事業部でマーケティング業務を行う。「スープからの領域拡大」のミッションを遂行するための戦略立案、商品開発を行っている。

【スギアカツキ】

食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12

関連記事(外部サイト)