成人年齢が18歳に変更。お酒は飲める?周りの大人も知っておくべきこと

成人年齢が18歳に変更。お酒は飲める?周りの大人も知っておくべきこと

※写真はイメージです。

2022年4月1日より成人の年齢が18歳に引き下げられました。これによって、2022年4月1日時点で18歳、19歳の方は2022年4月1日より新成人となりました。

明治時代以来、約140年ぶりの変更ということもありニュースなどで話題になっていますが、具体的にどのように変わるのか理解していない方も多いはず。該当の年代の子どもを持つ人はもちろん、周りの大人が知っておくべきことはあるのでしょうか?

変更点や社会への影響などを麗澤大学経済学部の中島真志教授に詳しく聞きました。

◆成人年齢引き下げは良いこと?

――成人年齢が18歳に引き下げられました。いきなりですが、これは新成人にとってズバリ良いことでしょうか? それとも悪いことでしょうか?

中島真志教授(以下、中島):一言で言えば、証券口座の開設をはじめ、自分自身でできることが増えるというメリットがあるので良いことでしょう。

しかし、充分な注意も必要です。

――やっぱり注意するポイントも出てきますよね…。是非、今回はその辺りも教えていただきたいです。

はじめに、成人年齢が引き下げられることで主に何が変わるか教えてください。

中島:成人になると「一人で契約をすることができる」ようになり、「父母の親権に服さなくなる」ことになります。

つまり、親の同意がなくても、自分の考えで様々な契約ができるようになるということです。

具体的には以下のようになります。

◆成人(18歳)になればできる主なこと

■ 親の同意がなくても契約ができる

・証券会社、FX会社など金融機関の口座開設

・携帯電話などの契約

・クレジットカードの作成

・ローンを組める

■ 公認会計士、司法書士、医師免許などの国家資格の取得

◆従来通り20歳になるまではできない主なこと

■ 飲酒

■ 喫煙

■ 競馬、競輪、競艇、オートレースなどの投票券の購入

◆新成人が注意すべきポイントは?

――自分で考えて契約できるようになるというのは大きな違い…! でも、たしかにできることも増えると、その分リスクも抱えることになりますね。先ほど出てきた「新成人が注意すべきポイント」を教えてください。

中島:新たに契約などができるようになるということは、その分、責任が伴いますし、トラブルに巻き込まれるリスクも増えます。

18歳、19歳を狙ったマルチ商法や高額商品の売りつけなどの詐欺が横行することも考えられますから、十分な注意が必要です。

法律では、未成年者が親の同意を得ずに行った契約を取り消すことができる「未成年者取消権」という権利があるのですが、成人になると適用されません。

これまでは知識が乏しかったり判断を誤っても、未成年であることで守られていたものが、これからは通用しなくなります。

◆なぜ成人年齢は引き下げられる?

――なるほど、成人になると未成年のように守られなくなるわけですね。そもそもなぜ20歳から18歳に成人年齢は引き下げられるのですか?

中島:これには以下のような理由があります。

・世界の基準に合わせるためです。OECD(経済協力開発機構)加盟38カ国の内、20歳を成人としているのはニュージーランドと日本のみです。

・高齢社会の中で若者の社会参画を促したいためです。

・選挙権、国民投票の投票権などと共に18歳に揃えたいためです。

――ええ!? 18歳から成人というのは世界では一般的なんですね。

たしかに若いころから社会でもまれた方が、物事を考える力はつきそうです。

ところで、今回の成人年齢引き下げに伴って18歳から金融機関の口座開設が行えるようになりますよね? 若いうちから投資や資産運用をはじめる、メリットはどんなことがありますか?

中島:投資や資産運用は、一時的なものではなく一生に渡って関わってくるものです。

ゼロ金利の下では、預金だけでは資産を増やすことができません。また、老後になって初めて資産運用を学ぶようでは、失敗したり騙されたりといった結果に繋がりかねません。

若い内から学び経験を重ねていくことで、知識も実力も伸びるはず。株式投資もFXも暗号資産も、社会人として知っておいて役立つ内容が沢山ありますので、そういう意味でも学ぶ価値があります。

また、若者の行動力やアイデアが、投資での成功を導くことも考えられますから、世界に羽ばたくようなスターが生まれることも期待したいですね。

◆学生の関心は?

――そうですね、若いうちから自分で資産を増やす力を身に付けた方が、より習慣化しやすく、その知識を使える期間も長くなっていいかもしれません。

おじいちゃん・おばあちゃんになってある程度お金を持った後に、大きく失敗してしまっても怖いですよね。若いころなら少額資金から少しずつはじめる方が多いと思うので、リスク回避の面でもメリットがありますね。

ところで、中島先生は多くの学生と接していらっしゃいますが、学生さんたちは成人年齢引き下げや投資に対して興味・関心はいかがですか?

中島:学生の中では、投資に関心を持つ人は徐々に増えてきているように思います。一方で、「はじめの一歩」が踏み出せない人が多いようです。投資を始めるためには、証券会社に口座を開設したり、投資先の銘柄を選んだりしなければなりません。

学生には、まず「1万円での投資」を勧めています。なによりもまずはマーケットに参加することが大事です。

短期的に儲けようとするのではなくて、じっくりと植物を育てていくように資産を増やしていくというような感覚を身につけて欲しいと思っています。

これからは投資を早く始められるようになるので、そうした感覚を若い時期から学んで欲しいです。

◆親とお金や投資について相談することもおすすめ

――しっかり学んで資産形成としてチャレンジして欲しいですね! それでは実際に新成人が投資や資産形成を始める上で注意すべきポイントやアドバイスを教えてください。

中島:新成人に限った話ではありませんが、何事も美味い話というのはありません。「必ず儲かる」や「ノーリスク・ハイリターン」といった話には絶対に乗らないと決意しましょう。安易に信じず警戒心を持って取り組むくらいで良いと思います。

投資や金融経済にはセオリーはありますが、それでも「絶対」はありません。

常に学び、練習し、経験し、成長していく必要があります。無理のない範囲で投資を行い、徐々にノウハウを身につけていきましょう。実際にお金を使わない「デモトレードアプリ」で、練習してみるのも一つの方法でしょう。

あと、親御さんや親類の方などと、お金や投資について相談することもおすすめです。

独りよがりで投資をするのでは無く、色々な人の意見を聞くことも大切です。頼れるなら頼って助けてもらえば良いでしょう。会話することで気付くこと学ぶこともあるはずです。キチンと情報収集した上で、成人として自分で考え判断することが大人への一歩に繋がります。

◆詐欺や怪しい投資商品などに騙される人が減ることも期待

――私たち大人もしっかりとサポートしていきたいですね。では最後に、この成人年齢引き下げに期待することはありますか?

中島:世界は刻一刻と変化し進化しています。それを理解し対応していけるのは若者の特権です。この成人年齢引き下げによって、投資を早く始められるようになり、これまで以上に若い人が活躍する可能性が高まると期待しています。

投資では年齢も属性も何も関わりなく平等です。一生懸命にがんばって努力して成功する人が増えて欲しいですね。

また、日本の金融リテラシーが向上することに繋がって欲しい。詐欺や怪しい投資商品などに騙される人が減ることも期待しています。

――なるほど、うまく活用できれば若い人がより活躍する・より人生の選択肢が増えるための「手段」増えそうですね。より正しい知識を、しっかりと身に付けていってほしいと思います…!

本日は、とても参考になるお話しをありがとうございました。

<麗澤大学経済学部教授 中島 真志>

一橋大学法学部卒業。日本銀行、国際決済銀行(BIS)などを経て、2006年より麗澤大学経済学部教授。早稲田大学・立教大学非常勤講師。博士(経済学)。

金融決済システム、暗号資産などの代表的な有識者として金融庁や取引所などの委員会の委員も多数歴任。2021年2月、グリーンモンスター社外取締役就任。主著に『アフター・ビットコイン』『仮想通貨 vs. 中央銀行 』『SWIFTのすべて』『金融読本』など。

<文・取材/藤沢亜理沙>

【藤沢亜理沙】

「FXなび」「株たす」「トウシカ」「暗号資産なび」など体験型投資アプリを提供するグリーンモンスターを経営。ワインと美容とマンガをこよなく愛するアラサー。むずかしいと思われがちな投資初心者向け情報を、わかりやすく伝えるために日々奮闘中。

グリーンモンスターTwitterアカウント:グリモンちゃん@グリーンモンスター

関連記事(外部サイト)