糖質制限・肉食でオナラが激クサに。友達との外食も嫌がられて大後悔

糖質制限・肉食でオナラが激クサに。友達との外食も嫌がられて大後悔

糖質制限・肉食でオナラが激クサに。友達との外食も嫌がられて大後悔の画像

すっかり初夏になり、徐々に薄着になる機会が増えましたよね。そうなると気になるのが二の腕のたるみや、ぽっこりお腹…。多様性の時代になり自分の体型を認めたいと思いつつも、ダイエットをしたくなってくる方も多いはず。そこで、女子SPA!が取材してきたダイエットをめぐる悲喜こもごもな体験談から、人気記事の一部を再録します(初公開2018年9月16日、情報は掲載当時のものです)。

=====

 数年前から流行中の“糖質制限ダイエット”に手を出し、痛い目にあったという吉川美樹さん(仮名・35歳・アパレル)。いったい何が?

「きっかけは、彼氏が糖質制限ダイエットを始めたこと。私もちょうど体重増加が気になっていたし、『太る最大の要因は糖質』『脂質は実は太らない』といった話を聞かされるうちに興味を持ち、一緒に始めてみることにしたんです」

 吉川さんはこれまで炭水化物を当たり前のように食べていたので、食生活はまさに一変。パンやお米を食べるのはランチのみとし、朝と夜は肉や魚、卵、チーズなどのどたんぱく質と脂質がメインのメニューを食べるようにしたそう。

「すると、半月足らずで体重が2キロ減。すっかりハマり、糖質制限系の本やネット記事を読み漁り、“糖は敵”とまで思うようになってしまいました」

◆糖質制限にハマりすぎて友達がいなくなる!?

“糖は敵”なのだから、もちろんランチの炭水化物も廃止。周囲にも「糖質制限中」を宣言し、平日は同僚とランチに行くのをやめ、お手製の炭水化物抜き弁当をひとり孤独にもしゃもしゃと食べていたとか。

「休日に友人と食事に行くときも、炭水化物メインのお店を提案されたら即却下。なかば無理やり肉メインの店に連れていった挙げ句、『体が炭水化物を欲すること自体に問題がある』などと演説。それでもライスやスイーツを頼んで食べる友人を、『将来後悔しないならいいけどね……』と憐みの目で見る始末でした」

 そんな、糖質制限をしていない人にとっては嫌がらせのような行いを数か月続けた結果、友人からの誘いは激減。親友に「久々にゴハン行こうよ。焼肉!」とLINEをしたところ、「糖質制限してると外食大変だろうし周りも合わせるのキツイから、しばらくは人と食事しないほうがいいよ」と返事が。バッサリ切り捨てられてしまったのです。

「その返事を見て、悲しいとかショックとかいうより、友人のことを『あ〜あ、愚かだな……』と思いました。でも、ちょうどその頃、糖質制限を勧めてくれた彼氏と別れてしまい、気づけば週末はいつもひとり。孤独感にさいなまれ始めたうえ、お弁当の仕込みや外食できる店探しにもだんだん疲れてきて、『周りにまで押し付けることはなかったな』と少しずつ反省の気持ちが出てきました」

 もはや体重もあまり変化せず、明らかにやる気は減退。それでも習慣となった糖質制限は続けていたそうですが、今度は体に異変が。

◆助けて! おならが激クサに

「もともと肌は丈夫なほうだったのに、ポツポツと吹き出物ができるようになったんです。

 そして何より問題だったのが、おならが激クサになってしまったこと。卵が腐ったような匂いというか、魚が死んでいるドブのような匂いというか……もうシャレにならないくらい臭いんです! それなのに、お腹が張ってしょっちゅうしたくなる。

 以前のおならはわりと無臭だったので、たまに“すかしっ屁”をしたりしてましたが、ほんの少しすかしただけでも異臭騒ぎが起こりそうなほど臭いので、ひたすら我慢。トイレでまとめて放屁し、悪臭が消えるまでトイレにこもっていました」

 ネットで調べてみたところ、どうやらたんぱく質の摂りすぎで消化不良を起こしているのが原因らしいと判明。

<タンパク質は胃や小腸で消化・吸収されますが、消化しきれなかったものは大腸に流れこみ、腸内細菌によって分解されます。このとき、悪臭のもとであるフェノール、アンモニア、インドールなどの有害物質がつくりだされて、おならが臭くなる>というのです(栄養士・梅原しおりさん、Webサイト「biz SPA!フレッシュ」より)

「手作りや店探しが面倒になってから、朝食はもっぱらプロテインとゆで卵。昼食や夕食でも野菜はろくに摂らず、調理不要のサラダチキンやローストポーク、チーズなどばっかり食べてましたからね。しかも、炭水化物を食べないぶん、けっこうな量を食べてしまう。アスリートでもないのに完全にたんぱく質の摂りすぎでした」

 友人を失い、体重減少も頭打ち、おならもヤバイと3拍子揃い、ついにやる気はゼロに。友人と職場の仲間に“糖質制限解除”を宣言&これまでの非礼な言動を謝罪し、普通の食生活に戻したそうです。

「糖質の摂りすぎがよくないのは確かなので、以前よりは炭水化物を控えていますが、たんぱく質と脂質、炭水化物をバランスよく摂り始めたらすぐにおならの激クサは治りました。体って正直ですね〜」

 間違ったやり方で自分を追い込み周りも不快にさせてしまった吉川さんですが、「ネットなどを見てると糖質制限をしている人にはこういうタイプが多い気がする」と分析。ダイエットはよく調べたうえで、他人を巻き込まずにやりたいものです……。

―シリーズ ダイエット“悲喜こもごも”体験談 ―

【あなたの体験談を募集しています!】⇒心がほっこりした「ちょっといい話」、ありえない!「びっくりした話」「ムカついた話」、人生最悪の恋愛を募集中!(採用時に謝礼あり)ご応募はここをクリック

<文/鈴木うみこ イラスト/ただりえこ>

関連記事(外部サイト)