ダイソーの“持ち歩けるストロー”に感動!冷たいドリンクがもっとおいしく

ダイソーの“持ち歩けるストロー”に感動!冷たいドリンクがもっとおいしく

ダイソーの“持ち歩けるストロー”に感動!冷たいドリンクがもっとおいしくの画像

カフェドリンクに必須のストロー。プラスチックが主流ですが、環境に配慮をして紙製のものを提供するお店も増えています。今年4月1日に施行された「プラスチック資源循環促進法」の影響を受け、今後紙ストローに切り替えたり、有料で提供したりする企業が現れる可能性も。

ですが、「紙ストローで飲むとおいしく感じられない」という声も聞こえてきます。それに口紅がべっとりついたり、子どもがかじって飲めなくなったりと、何かと不便です。

そんなお悩みを解決するのにぴったりな「ステンレスストロー」をダイソーで発見しちゃいました!

◆ステンレスストロー330円(税込)

ダイソーの「ステンレスストロー」、価格は330円(税込)。食品コーナーで見つけることができました。

ステンレス製のため、洗って繰り返し使用することが可能。しかも伸縮するので、付属の専用ケースに入れて持ち運びができるという優れものです。まさに今の時代にぴったり!

早速開封して、中身をチェックしてみます。中に入っているアイテムは3つで、左からケース、ステンレスストロー、ブラシです。ケースの大きさは12cm(筆者調べ、以下同)。缶飲料の350ml缶の高さと同じくらいなので、バッグに入れてもかさばりません。

ケースにはリングがついています。バッグの外側につけておけば、取り出す手間も省けて便利です。

ストローとブラシは伸縮式。伸ばした時のサイズはストローが23cm、ブラシが23.5cmです。ストローの太さは、片方が9mm、もう一方は7mmなので、大粒のタピオカは通らなそう。

なおこちらの商品は冷たい飲み物専用で、食洗機やレンジ、オーブン等では使用できません。「子どもが使用する際は、保護者と一緒に使用する」という注意書きもありますので、ご注意ください。

◆使いやすさはどう?

紙ストローの代わりになるとはいっても、使いづらかったら意味がありません。まずは身近なもので検証してみます。

ペットボトルに使用してみたところ、ちょうどいいサイズ感。最初の一口は鉄っぽい味がしましたが、それ以降は気になりませんでした。

飲んでいるうちにストロー自体が冷えて、うっすらと結露が現れました。プラスチック製や紙製のものと比べ、冷たく感じるので、暑い夏の使用にもおすすめです。

女性であれば、口紅の付き具合も気になるところ。個人的には、紙製よりは付きづらく、プラスチックと同程度に感じました。

◆コンビニのプラカップに刺してもきちんと安定

紙ストローの提供を始めている企業の1つにセブンイレブンがありますね。セブンカフェのアイスコーヒーは飲み口があるので、ストローを使わずに直接飲むことができます。しかし、衛生面が気になる人もいるはず。

ステンレスストローを試してみたところ、刺した状態でもきちんと安定していますし、氷に邪魔されるに飲めるのもいい!

◆フラペチーノやシェイクも問題なし。むしろおいしい!

スターバックスの代名詞ともいえるフラペチーノはフローズン状のドリンク。スターバックスは2021年9月より順次、すべてのフラペチーノを紙ストローで提供しています。

ステンレスストローを使って詰まらずにきちんと飲めるか検証したところ、まったく問題ありませんでした。個人的にはプラスチックで飲んだのに近い感覚で、紙製で飲むよりもおいしく感じました。先述の通りプラスチック製や紙製のものより冷たく感じることを考えると、暑い時期はさらにおいしさが増すかもしれません。

フローズン状の飲み物で忘れてはいけないのが、マクドナルドのマックシェイク。こちらも飲みやすさはプラスチックと変わりありません。

ただし、フローズン系の飲み物を飲んだ後は、ストローを縮ませたときに中に残っていたものが押し出されて汚れるという問題も。その点だけ気を付ければ、特に問題なく使用できます。

◆付属の専用ブラシでしっかり洗える!

使い終わったら、専用ブラシで掃除をします。ブラシのほうが5mmほど長いので、全体を一気に洗うことができます。こちらも特に使いづらさはありません。

仮に専用ブラシのほうが先に消耗してしまっても、ダイソーで「ストロー洗いブラシ 2本」といったブラシを別で購入できるため、長く使用できそうです。

◆ダイソーステンレスストローのメリット・デメリット

実際に飲むのに使用した20回を含めて50回ほど伸び縮みさせましたが、その後、使用中に縮んでしまうということはありませんでした。使用頻度や環境にもよりますが、数回使った程度でダメになるということはないと思われます。

最後に、ダイソー「ステンレスストロー」の使用感やメリットをまとめます。

【メリット】

・紙よりおいしく感じる

・紙とは違い、子どもが噛んでダメになることがない

・口紅が紙製よりつきにくい

・より冷たく感じる

・マドラーになる

【デメリット】

・洗ったり、乾かしたりするのがやや手間

という点のみ。

税込330円という価格で複数回使用できるため、紙製のストローを使用したくない場合や、今後ストローが有料化されて持ち歩きストローが必要になった際にも活躍してくれそうです!

<写真&文/増田洋子>

【増田洋子】

2匹のデグーと暮らすライター。デグーオンリーイベント「デグーサロン」を運営。愛玩動物飼養管理士2級を取得。Twitter:@degutoichacora

関連記事(外部サイト)