妻が不倫してるかも…探偵に調査を依頼して分かった衝撃の事実

妻が不倫してるかも…探偵に調査を依頼して分かった衝撃の事実

妻が不倫してるかも…探偵に調査を依頼して分かった衝撃の事実の画像

定期的に芸能人の不倫ニュースが報道され、複数女性との密会や繰り返される不貞行為など、自由奔放な当事者たちの様子が話題になっています。報道では、男性側が不倫を「シタ」側になり、配偶者である妻は「サレタ」側にまわるパターンが多く見受けられますが、当然その逆もあるようです。

 今回は不倫がやめられない女性たちの実情に迫るべく、VIVID女性探偵社・代表の北川舞子さんにお話を聞いてみました。

◆不倫を何度も繰り返す女性もいる

――以前、不倫をする女性についてお話を聞いたのですが、複数の男性と不倫をする女性もいるのでしょうか。

北川舞子さん(以下、北川)「当然いらっしゃいます。夫側から不倫調査の依頼を受けて、不倫をする女性をたくさん見てきましたが、複数の男性と不倫をする方も不倫を何度も繰り返す方もいらっしゃいました。相手が好きだからというよりも、もはや『不倫という行為がやめられない』という女性はたくさんいます」

――不倫というスリルを楽しんでいるということですか?

北川「そういう方もいるかもしれませんが、私が調査した妻の中には男性と関係を持つことがやめられないという方も多くいらっしゃいました。夫側から依頼を受けて妻の不倫調査をしたところ、5人の男性とそれぞれホテルに入っていく様子を撮影できたこともあります」

◆マッチングアプリで不倫する50代の人妻

――5人とは、すごい人数ですね。

北川「もっと調査をすれば、さらに人数が増えそうな勢いでしたね。相手の男性について調べたところ、男性たちの年齢も住んでいる地域もバラバラですし、妻との接点も全くない方ばかりだったので恐らくマッチングアプリで出会ったのだろうという話になりました。50代の妻だったのですが、とても精力的に不倫をされていました。依頼者である夫が経営者で裕福な家庭ということもあり、妻は身なりにかなりお金をかけているのか、綺麗な方だったのが印象的です」

◆妻が不倫をしている場合はレスが多い

――満たされた環境にいても、不倫をするのですね。

北川「不倫調査をする前に、依頼者から夫婦関係や生活状況などをヒアリングさせていただくのですが、いわゆる夫婦生活についても可能であれば聞くようにしています。今回のケースも含め、妻が不倫をしている場合はセックスレスの場合がかなり多いですね。もちろんだからといって不倫をしていいはずはないのですが、女性にも当然性欲はあって、それが満たされないから不倫をするというパターンもあるのだと思います。

 不倫をしているからセックスレスになったという場合もあれば、セックスレス・もしくは夫婦のセックスで満たされないから不倫をして性欲を発散している女性もいるということです。特に今回のようにマッチングアプリで不特定多数の男性と関係を持っている場合は、夫婦生活が原因ということも多いように思います」

◆夫にバレても不倫を繰り返す妻

――なるほど。

北川「他にも、同じようなケースで有名企業の重役である夫から依頼を受けたことがありました。奥様もご自身で起業されてバリバリ働いていらっしゃる方でした。驚いたのは、その夫から不倫調査の依頼を受けるのは2回目だったんです。最初の依頼の時に妻の不倫の証拠を撮り夫にお渡しをしたのですが、離婚に向けて話し合いをするとおっしゃっていました。ただ、その後、話し合いをして妻が謝罪をし『二度と不倫はしない』と誓ったことで、夫は妻を許して再び一緒に暮らしていたようです」

◆携帯を盗み見して二度目の証拠を発見

――離婚寸前のところまでいったものの、再構築を選ばれたんですね。

北川「そうなります。それでも、その後の妻の動きが不自然で、怪しいと思ったまま5年近く過ごしていたようです。怪しいけれど決定的な証拠もなく暮らしていく中で、妻の携帯を盗み見したら、とうとう不倫の証拠が出てきたそうです。

『明後日デートをする』という情報までつかんだようで、『明後日、妻と不倫相手が密会するので証拠を撮ってください』と依頼を受けました。

 前回依頼を受けた時とは違う不倫相手との証拠写真を撮ることができ、夫に渡しました。夫は離婚すると言っていましたが、その後離婚に至ったのかはわかりません」

◆不倫に年齢も性別も関係ない

――離婚話まで出ているのに、妻はまた同じことを繰り返したんですね。

北川「そうですね。一度見つかっているのに不倫を繰り返している様子を見ると、不倫そのものがやめられないのでしょうね。その方も50代の女性でしたので不倫に年齢も性別も関係ないのだなと感じました」

◆体だけの関係と割り切って遊ぶ60代女性

――何歳になっても不倫はあるのですね。

北川「他にも男性経験の多さを豪語する60代の女性にお会いしたこともあります。その方は不倫もされていて最終的に離婚されたのですが、とにかく男性と遊ぶことが楽しいようで会社でも役員をされるなどなんでも意欲的にこなしていらっしゃいました。『体だけの関係』とわりきって、常に年下のかっこいい男性を何人も連れていらっしゃいました」

◆女性にもいろんな欲求はある

――すごいですね!

北川「60代・70代の女性が男性と派手に遊んでいると聞くと驚きますが、同じことを男性がしていてもそこまで驚きませんよね。ですからやはり女性だから・男性だからという括りはなく表に出ているか出ていないかの違いだけで、女性にもいろんな欲求はあるのだと思います。

『女として認められたかったから不倫をした』『同窓会で再会して気持ちが高まって不倫をした』などストーリー性のある理由で不倫をする女性は多いですが、一方で『ただ単に男性と遊びたいだけ』『夫だけで満たされない』と言う理由で不倫をする女性もいるということです」

「複数の男性と不倫をする女性」と聞くと一瞬ギョッとしますが、これが男性であれば「よくある話」とついつい思ってしまいます。実際、そのような不倫報道は後を絶ちません。しかし、夫が気づいていないだけで欲求を追求するためだけに不倫に走る女性もいるようです。

※調査内容や方法は、特定を避けるため一部内容を改変したうえで記載しています。

【北川舞子】 VIVID女性探偵社(キタガワ万博株式会社)・代表取締役。大手調査会社2社を経て、独立10年目。現在は二児の母としても奮闘中。別名、ママ探偵として、依頼者が抱える不倫問題や夫婦の想いに寄り添いながら、解決に導く。インスタグラム #ママ探偵 にて不倫問題のアドバイスもしている。Instagram:@mama_vivid/公式ホームページ

<取材・文/瀧戸詠未 イラスト/北川舞子>

【瀧戸詠未】

ライター/編集者。趣味は食べ歩き・飲み歩き。

関連記事(外部サイト)