岩田剛典、俳優としての悩みを明かす「セルフイメージを捨て去ることは難しい」

岩田剛典、俳優としての悩みを明かす「セルフイメージを捨て去ることは難しい」

岩田剛典、俳優としての悩みを明かす「セルフイメージを捨て去ることは難しい」の画像

名探偵シャーロック・ホームズの物語を現代に翻案し、ディーン・フジオカ扮する誉獅子雄がエキセントリックな名推理をする月9ドラマ『シャーロック』(2019年)。その劇場版である『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』が、2022年6月17日(金)より全国で公開される。

 ホームズにとってかけがえのないバディであるワトソンを、元精神科医・若宮潤一として演じるのが、「EXILE」や「三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」(以下、「三代目JSB」)のパフォーマーとして活躍する岩田剛典だ。『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(2016年)での映画初主演以来、役柄を超えて生々しく、リアルな表情をスクリーン上に浮かび上がらせている。

 今回は、「LDHと映画」をこよなく愛する筆者にとって“待望”の岩田剛典さんにインタビューを行った。令和版ワトソンである若宮役の役回りや、劇場版ならではの世界観の他、セルフイメージに悩み、考え続ける岩田さんの等身大の「俳優論」について聞いた。

◆「日本でシャーロックを脚色する枠組み」の中で

――劇場版は、ドラマ版とはまったく違う雰囲気に驚きながらも、映画ならではの作品世界にどんどん引き込まれていきました。久しぶりに若宮役を演じてどうでしたか?

岩田剛典(以下、岩田):久しぶりにシャーロックの世界観に飛び込めると思うと、すごく楽しみでした。TVドラマに引き続いての劇場版なので、よりクオリティの高いものを、ファンのみなさんにお届け出来るように頑張りました。

――コーヒーをざばっとこぼす場面で、毎回若宮が「熱い」という台詞を言うのがお好きだと聞きました。ちょっと抜けてる感じが若宮の魅力だと思いますが、岩田さんは若宮をどんな人物だと思いますか?

岩田:一番身近な存在です。ディーンさん演じる超人のような獅子雄がいて、それを視聴者(観客)に説明する若宮がいる図式があります。劇場版では、より抜けていたり、どじなキャラクター性が強調されていると思います。

――コナン・ドイルの原作に登場するワトソンと比べてみるのも面白いです。

岩田:原作とは、だいぶ違うと思うんですが(笑)。

――令和版ワトソンですもんね。

岩田:ホームズとワトソンがバディで事件を解決していくという大軸は、もちろん変えていません。映画のテイストとして、日本でシャーロックを脚色する枠組みが基本にあります。若宮は、その基本的なところだけ外さなければ、意外と遊べるキャラクターでした。

◆「リモート・バディのような雰囲気」の獅子雄と若宮

――『バスカヴィル家の犬』は、「最後の事件」以前の設定であるとは言え、ホームズ再登場として有名な作品です。映画版では時系列が異なりますが、ドラマ版で黒幕の守谷と海に飛び込んだ獅子雄とまた以前のように推理が出来ることを、若宮の気持ちになって考えるとどうですか?

岩田:獅子雄が帰ってきてくれて素直に嬉しいです。ドラマ版での物語からどのくらいの月日があったのかは想像するしかありませんが、相変わらず仲良くやってるんだなと、脚本を読んで思いました。

――ディーンさんとは、劇場版では、どんなふうに関係性を見せようかと相談しましたか?

岩田:今回は、特に後半以外は共演場面が少なく、電話越しでの会話などが多かったので、リモート・バディのような雰囲気です。

――監督からは何かアドバイスがありましたか?

岩田:監督からは、とにかく若宮の冒険だと言われました。

――原作自体がワトソン視点で、劇場版は原作に近くなったのかと思います。

岩田:ドラマ版のように待ちの若宮ではなく、みずから動く若宮の成長が見られる作品です。

――ドラマ版では、獅子雄と若宮のブロマンスが緻密に繊細に描かれていますが、劇場版では、そうした関係性は前提としながらも、若宮が違うベクトルへ感情を高ぶらせていきます。若宮には、誰かを守りたいという気持ちが強いです。劇場版では、新木優子さん演じる紅への気持ちなど、若宮が持つ愛情についてどう思いますか?

岩田:若宮は、もともと精神科医なので、人の気持ちに寄り添う人間です。人の気持ちを想像したりする、繊細な一面が根底にあるんだと思います。正義感が強く、愛情深いです。

◆“シーンごとに気を配る”お芝居

――紅から鍵を受け取ろうとする瞬間や蓮壁家の屋敷を去る場面で、若宮が車の荷台から後ろの景色を振り返る瞬間があります。『ウェディング・ハイ』でも後部座席に座って車窓を流れる教会を見つめるショットなど、こうした瞬間には、ここぞというところで見事に身体がぴたりとフレームに収まり、ビートを刻むようにショットサイズを意識されているのかなと思いました。

岩田:なるほど(笑)。紅への思いについては、意外と脚本に記述が少なかったんです。クライマックスへ向けて、獅子雄は、どこかクールな部分は残しつつ、気持ちを爆発させます。その点、若宮が、視聴者目線でリードしていかなければならないので、すごくプレッシャーを感じていました。

 屋敷を去る場面では、蓮壁一族のことを思いながら、何もできない自分の非力さを嘆いたお芝居でした。最初は、感情が入り、泣き過ぎてしまったんです。すると抑えた演技のテイクが使われました。

――さまざまな複雑な感情が入り組んだお芝居だったわけですね。

岩田:そうですね。若宮の芝居は、ほんとうに気を配ることが多かったです。ただひとつの目的をそのシーンで演じるのではなく、シーンごとに気を配らなればいけませんでした。泣きながら笑うではないですが、そうしたコントロールを自分ではうまくできているつもりでも、観客のみなさんにどう受け取ってもらえるかとう葛藤がありました。

◆ターニングポイントを越えた感覚

――昨年、ソロプロジェクト「Be My guest」のファンミーティングで、今まで出演した作品を振り返るフラッシュバックコーナーがありました。俳優としてのターニングポイントを『去年の冬、きみと別れ』と『Vision』等が公開された2018年としていましたが、ターニングポイントを越えて、今どんな感覚で演技をしていますか?

岩田:今もずっと闘っています。その当時はその当時の悩みがありましたし、今は今の悩みがあります。これが来年になったら変わるかというと、また違う悩みが出てきたり。その連続だなと思います。

 エンタメの世界は、万人がいいと思えることのほうが少ないんです。99人がいいと言っていても、1人は絶対好きではないとなる世界。何を信じて続けていくのか、時代とともに悩む部分ではあります。この数年、それなりに幅広い役柄を務めさせてもらい、新たに気づけたことが多いです。ただ、ひとつ確かなのは、映像におけるお芝居というものを、昔よりも楽しめています。それは間違いありません。

――今や、「EXILE」や「三代目JSB」のパフォーマーとしての活動と同列に俳優業があるわけですね。

岩田:実際スケジュールとしては、お芝居をしているほうが長いんです。年間のスケジュールの拘束時間の話ですが。ありがたいことに、物理的な配分の中で、どちらも好きなので全力でやります。パフォーマンスと演技によって感じるものは、年々変わってきた感覚があります。

◆「フラットに俳優というのは難しい」

――音楽と映画、両分野で活躍されている岩田さんですが、「三代目JSB」のデビュー曲を手掛けた音楽プロデューサー松尾潔さんとの対談では、「本来の自分は、岩田剛典という商品を客観的に見ているというスタンス」と自己分析していました。あるいは、先日亡くなられた青山真治監督が、『空に住む』の舞台挨拶でとても印象的なことを仰っていました。

岩田:とても残念です。うーん……。

――「岩田さんは、岩田さんという人間を生きていることにおいて、物凄く聡明な人」と青山監督が評されていました。ソロデビューを経て、自分のスタンスに何か変化はありましたか?

岩田:当たり前ですが、俳優は、それぞれ個性が違います。その人によって似合う役柄とそうではない役柄があると思うんです。さまざまな作品と監督さんに出会うことで、その都度新しい挑戦をするんですが、そこに世間の反応を加味すると難しい。自分に求められていることばかり追求すると、お芝居の役柄が狭まってしまうと思うんです。これはどんな俳優さんでも同じで、ずっと悩んできました。

 自分に求められた役柄ばかり演じるのは、ある種結果がなんとなく想像でききてしまう部分があります。誤解なく聞いていただきたいのですが、等身大の気持ちとして、そうしたモチベーションを維持するのは難しいです。パブリックイメージが、付きまとってくるんです。俳優とは別に、経験値と肩書きが加わると、ほんとうの意味でフラットに俳優というのは難しいと思っています。

 そんなことを悩みながら、さまざまな作品に出演させてもらった数年間でした。だんだん自分のことが分かってくる。今は、一周回ってきて、ひとつの真理を得た気がしています。

◆「セルフイメージ」と向き合うこと

――ソロデビューシングル「korekara」が、セルフプロデュース作品だったことからも、岩田さんはセルフイメージを客観的に持っている印象があります。昨年、クリスマスの翌日に千秋楽を迎えたの三代目JSBライブ公演では、サンタクロースの恰好でモニターに映る岩田さんを見ると、思わず「岩ちゃん、可愛い」という声援を送りたくなりますが……。

岩田:まさにそうです(笑)。アーティストは、自分を自由に表現できるようでいて、セルフイメージをすべて捨て去ることはなかなか難しいんです。立ち姿、振る舞い、声質、声のトーン、どんなものに興味があるのか、ないのかも含め、そこに存在しているだけで、今まで生きてきた人生がすべて滲み出てしまいます。そうした様々なフィルターを通してしまうアーティストに比べると、俳優の方が自由かなと思います。

 セルフイメージからかけ離れた役を演じて評価されると、すごくやりがいがあると思うんです。一方で、それが必ずしも正解でもありません。最近、そんなことばかり考えています。考え過ぎなんですが(笑)。作品を選べる立場ではないので、あまり深いことを考えずに、ひとつひとつの作品に対して、いただいた役柄を最大限突き詰めるだけです。

 ただ、自分なりの突き詰め方で、この役をやり切ったと思っても、評価されないこともあります。逆に、自分ではぴんときていなかったものが、評価されたり。分からないものです。だから、究極、考えることをやめるんです(笑)。

――その意味で、「Be My guest」のセルフプロデュースはかなり重要なことでしたか?

岩田:そうですね。自分のプロデュースをようやくトライできたので、この先が楽しみです。すごく深い話になってしまいましたが(笑)。

――とんでもありません! 最後に、読者への一言をお願いします!

岩田:シャーロックがパワーアップして帰ってきましたので、是非、劇場にお越し下さい!

◆取材後記:岩田剛典という“岩壁”を前に

 筆者念願のインタビュー取材だった。岩田さんについては、これまでさまざまな観点から考察を続けてきたのだけれど、実際に向かい合ってみないことには、分からないことがどうしてもあった。

「岩ちゃん」という愛称が象徴するように、どこか天然な雰囲気を漂わせながら、それでいて芯の強い部分を伝えてくる感じがあった。率直な印象を言葉にすると、岩田剛典というひとりの表現者の“岩壁”を目の前にした感覚。高くそびえる堅牢な岩壁をひとまずは点検すように眺めてみる。どこから探りを入れたらいいんだろうか。芯の部分にある本質へ、あるいはその実像へ迫ろうとする挑戦が始まった。

 岩田さん自身から口にされる俳優論は、やっぱり確かなセルフイメージに裏打ちされたものだった。自分にどんなイメージが求められ、それに対して、自分はどんなアウトプットをするのか、するべきなのか。それを考え抜いている。思考の襞を紐解き、ひとつひとつ丁寧にたぐり寄せるように話す岩田さんの言葉には嘘がない。非常に誠実な響きを持った言葉だ。

 岩田さんは、言葉を持った俳優だと思った。言葉は、表現者の大きな武器になる。それは、同じ「三代目JSB」メンバーである登坂広臣さんに以前筆者がインタビューしたときにも、強く感じたことだ。繰り出される言葉のひとつひとつ、その節々に、実感がこもっていて、リアリティがある。言葉にリアリティがあるから、考え、悩み抜いた末の表現がちゃんとアプトプットされる。丁寧な生み出され方だ。「自分なりの突き詰め方」と岩田さんが言っていた実例を、この取材の場で目の当たりにした。

◆「ひとつの真理を得た」の一言

 筆者が劇場版での具体的なシーンの素晴らしさを列挙すると、非常に感慨深く「なるほど」と感嘆まじりの声が返ってきた。この瞬間、筆者は確かな手応えを感じた。『空に住む』(2020年)が遺作となった青山真治監督の名前が出ると、深い悲しみの表情が一瞬、ため息とともに浮き上がったのも見逃せなかった。

「ほんとうの意味でフラットに」と言って熱の籠った俳優論が展開されると、「フフフ」と短く笑う。「すごく深い話に」と照れ笑いする岩田さんに、最後に読者へのコメントを求めると、柔らかな笑みを見せてくれた。一挙手一投足、そのすべてがさりげなく、品がある。

 この取材は、念願であるばかりか、一点めがけて思考を総動員してきた筆者の「岩田剛典論」の答え合わせになった。若宮役のコミカルな親しみ易さが、画面上で清々しく映るのは、2018年のターニングポイントを経た先に鮮やかな景色が見えたからだと想像する。それを「ひとつの真理を得た」と言い切る岩田さんは、まさに「聡明な人」なんだと思う。「真理」の一言が、今回のインタビュー最大の収穫なのだけれど、その真理の形までは筆者の力では引き出せなかった。どうやら岩壁は、一枚岩ではないらしい。二枚、三枚と、まだずっとその先に連なっているようだ。今度はぜひ、その三枚目の岩で真理にすこしでも迫ることができたらと思う。

<取材・文/加賀谷健 撮影/鈴木大喜>

【加賀谷健】

音楽プロダクションで企画プロデュースの傍ら、大学時代から夢中の「イケメンと映画」をテーマにコラムを執筆している。

ジャンルを問わない雑食性を活かして「BANGER!!!」他寄稿中。日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業。Twitter:@1895cu

関連記事(外部サイト)