89歳の一人暮らし女性が教える、お金がなくても幸せな日々の作りかた

89歳の一人暮らし女性が教える、お金がなくても幸せな日々の作りかた

?林ひろし

趣味は散歩と太極拳と麻雀。BTSと韓国ドラマとお酒が大好き。「私ね、今が人生で一番楽しいわ」と語るのは、大崎博子さん、89歳。78歳ではじめたツイッターはフォロワー数13.8万人。『89歳、ひとり暮らし。お金がなくても幸せな日々の作りかた』(宝島社)には、大崎さんの人気の秘密がギュッと詰まっています。といっても、特別なことはひとつもありません。「何気ない毎日を自由気ままに楽しんでいるおばあさんの生活や考えかた」が載っているだけ。でも、酸いも甘いも乗り越えた大崎さんの笑顔は、とても輝いているのです。

◆78歳でツイッターデビュー

 大崎さんが本格的にツイッターをはじめたのは、東日本大震災の後でした。震災に伴った原発事故について、沸き起こった不安と疑問をストレートに綴ったところ、フォロワーが増えたそうです。さらにその年の敗戦記念日に戦争体験をツイートすると、フォロワーはうなぎのぼりに。「ごく普通に生きてきたおばあさんのつぶやきを、聞いてくれる人が世界中にいる」。これはとてもうれしく、生きる活力になったといいます。

 誰かとつながっている、日々、誰かと交流がある。これって本来、よろこばしいことなのです。私達も大崎さんと一緒に、日々のしあわせを見つめなおしてみませんか。

◆戦争、と波乱万丈な20代〜70代

 大崎さんが生まれたのは、茨城県下妻市。6人きょうだいの3番目でした。9歳の時に太平洋戦争がはじまり、日本が戦争に負けた時は12歳になっていました。「本当の戦争は悲惨そのもの」と、忘れられない体験を語ります。

 高校卒業後、18歳で上京してから社交ダンスや家庭麻雀などにハマり、結婚、出産、そして離婚。その後は様々な職に就き、70歳で仕事は辞めましたが、大崎さんの毎日に退屈という言葉はありません。手話にパソコンにツイッター、太極拳に散歩、ネットフリックスにBTSと、好奇心と行動力は衰え知らず。「ひとりで生きていく以外ないんだったらひとりでいろいろ楽しまきゃ」が大崎さんの心情。これって、老若男女関係なく、大切なことだと思うのです。

◆89歳、毎日はこんな感じです

「歳を重ねたら風邪ひくな!転ぶな!義理はかけ!」の大崎さん。健康の秘訣は毎日8000歩のウォーキングと太極拳。歴7年になる太極拳は近所の公園で行っています。しゃんとした背中としなやかな手足は、日々の運動の賜物。でも決して無理はしません。食事も気負わず好きなものを程度にいただくのが大崎さん流。たっぷりの野菜と糠漬けは欠かさず、お酒も毎晩嗜みます。ワインは3日で1本あけてしまうのだとか。

 晩酌に加えて毎晩の習慣が、寝る前5分間のオリジナル体操。かかと落とし(かかとの上げ下げ)を30回〜40回、肩回しを10回以上、ウエストツイスト30回〜50回、立位体前屈、他ストレッチ等々。立位体前屈は手の甲まで床にピタッとつくそうです。素晴らしい、と感動するのは計画的なタイムテーブルだけではなく、心身のバランスのとり方。1日をていねいにこなしているのが伝わってくるのです。少し頑張って、少し手を抜く。常に自分と対話して、心と身体をすこやかに保つ。いくつになっても、自分をご機嫌にするのは他人様ではなく、自分しかいないのです。

◆おしゃれのこと、お金のこと

 大崎さんの美しさは、姿勢やスタイルだけではありません。着こなしやヘアメイクも実に上品。毎日お化粧をするわけではありませんが、アイブロウとアイラインは必須なのだとか。「歳を重ねると目に力がなくなり、ボーっと見えるから(笑)」という理由ですが、メイクアイテムも工夫して取り揃え、探求していくのがすごいところ。70歳からは白髪染めもせず、色の入るシャンプーを愛用。シャンプーとコンディショナーで、ラベンダー色に仕上げているのです。

 ファッションはユニクロがほとんどですが、ストールやスカーフ、アクセサリーで華やかさをプラス。ネックレスやピアス、指輪も何かしらいつもつけているそうですが、「一度着けたらしばらく着けっぱなしだからです(笑)」。このゆるさ加減がいいですよね。何事も好い加減がいいのかもしれません。

 そんな大崎さん、1カ月の生活費は「10万円ちょっと」。食費に3〜4万円、光熱費の他通信費が8000円前後、カードの引き落としが3〜4万円、都営住宅団地の家賃を含めてだいたい「10万円ちょっと」という計算です。

 家計簿はつけていなくても、日記は毎日つけていて、1000円以上の買物はそこへ書き込むと言います。「贅沢はしませんが、無理もしません」。ここにも大崎さんの心情が生きています。

◆毎日をハッピーにしていくために

 聖母のような微笑が魅力の大崎さんですが、やはり苦手な人もいます。「?み合わないな」「ああ、ちょっと違うな」と感じたら、自分からは近づかず、一定の距離を置き、深入りしないようにするそうです。私達はつい「嫌われたくないから」と気をつかい、相手に合わせようとしますよね。でも「私が心から楽しんでいなかったら、きっと相手も楽しくないんじゃないかな」と大崎さん。「そんなことでお互い残り少ない人生を無駄にしたくない」。近づかず距離を置くのが、結局は相手のためでもあるのです。

 本書を読むと、自分をよろこばせ、楽しませることが、めぐりめぐって世の中のためになっていると気づきます。最後に、大崎さんのツイートを皆さんに贈ります。

「明日という字は『明るい日』と書きます!」

 あなただけの明日が、明るく満たされますように。

<文/森美樹>

【森美樹】

1970年生まれ。少女小説を7冊刊行したのち休筆。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)、『母親病』(新潮社)、『神様たち』(光文社)を上梓。Twitter:@morimikixxx

関連記事(外部サイト)