ワオ!51歳の大富豪、双子誕生で9人のパパに「人口減少の危機に立ち向かう」

ワオ!51歳の大富豪、双子誕生で9人のパパに「人口減少の危機に立ち向かう」

イーロン・マスク氏

世界一の富豪で天才起業家として知られるイーロン・マスク氏(51)に、双子が誕生していたことがわかった。これまで、元妻や元パートナーとの間に7人の子供をもうけているため、これで9児の父親となった。世界の人口減少に危機感を抱いているマスク氏は、少子高齢化が進む日本について「いずれ消滅するだろう」と懸念を示している。

◆会社の女性と社内恋愛?

 米ウェブサイト『ビジネス・インサイダー』は、昨年11月にマスク氏と女性との間に双子が誕生したと報じている。同サイトによると、双子を出産した女性は、マスク氏が経営する会社「ニューラリンク」で幹部を務めるシボン・ジリスさん。人間の脳にコンピューターチップを埋め込む技術を開発するエキスパートだという。

 報道に対して反応を示していないマスク氏だが、先週には自らツイッターに「人口減少」や「大家族」について投稿。そのニュースが事実であることを暗に認めたと伝えられている。マスク氏はツイッターでこう綴っている。

「人口減少の危機に立ち向かうため、私なりに最善を尽くしている。出生率の崩壊は、人類がこれまでに直面してきた中でも最大の危機だ」

「私の言葉を覚えておいてほしい。残念ながらそれが真実だから」

「みなさんが大家族を形成することを願っている。すでに実現しているみなさん、おめでとう!」

 そんなマスク氏のツイートには、ラッパー兼コメディアンのニック・キャノンも「同じ気持ちだ」と返信。ニックは、歌姫マライア・キャリーとの間にもうけた双子を含めて7人の子供がいて、間もなく第8子を迎える予定だ。

◆双子が生まれた直後に、有名歌手との子供も誕生

 実はマスク氏、昨年12月には、交際と復縁を繰り返してきた歌手のグライムスとの第2子が代理出産で誕生している。どうやら、ジリスさんとの双子が生まれたのは、そのわずか数週間前だったようだ。

 それぞれ別の女性との間に授かった子供が、ほぼ同時期に誕生していたとは驚きだが、マスク氏の場合、どのような名前をつけたのかも気になるところ。グライムスとの子供には、第一子に「X ? A-Xii」、第二子に「Exa Dark Sider?l」と命名し、その謎に満ちた名前で世間をざわつかせた。

 今回誕生した双子の名前については、詳細は明らかになっていない。ただ報道によると、マスク氏とジリスさんは4月にテキサス州の裁判所に書類を提出し、新生児の名前に父方の姓を採用するとともに、母方の姓をミドルネームにするように申請、その翌月に承認されたという。…ということは、今回はキテレツな名前ではなくて、一般的な名前が付けられた可能性が高そうだ。

◆人口減少を憂うマスク氏。子供は総勢9人に

 最初の妻との第一子を生後間もなく亡くすという悲しみを経験しながらも、その後は元妻や恋人たちと9人の子供をもうけたマスク氏。最近の出生率の低下や人口減少を大変憂慮しているようで、SNSなどでもたびたび話題に取り上げ、警鐘を鳴らしている。

 今年5月には、自身のツイッターで日本の少子高齢化についても言及。昨年10月時点で、日本の総人口が前の年より過去最大の64万4千人減少し、1億2550万2千人となったニュースを引用し、次のようにツイートした。

「当たり前のことを言うようだが、出生率が死亡率を上回るような変化が起きない限り、日本はいずれ消滅するだろう。これは世界にとって大きな損失になる」

 この投稿は日本でも注目を集め、国内メディアも深刻化する人口減少について大々的に報道。日本国民からも、もっと活発にこの問題を議論すべきとの声が上がった。

◆「父と関わりたくない」子供から絶縁状

 少子化問題を自ら解消するかのように、子だくさんになったマスク氏。だが、いつの間にか親子間に軋轢も生じていたようだ。

 先日、18歳の息子ザビエル・アレクサンダー・マスクさんが、女性への性転換に伴い、名前の変更を申請したことが報じられたのだ。改名を申請したザビエルさんは、マスク氏と最初の妻との間に生まれた男性。このたび18歳になったことから、トランスジェンダー女性として生きて行くことを決意し、名前も「ヴィヴィアン・ジェナ・ウィルソン」に変えることにしたという。

 この際、マスク氏との関係については「もう同居もしていないし、父とはいかなる関係も持ちたくない」と断言したという。

 成人年齢に達したのを機に、大切な子供から絶縁状をつきつけられてしまったマスク氏。いつか和解できる日が来るといいのだが…。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

関連記事(外部サイト)