ドン・キホーテの「焼き芋」は冷やすと最強!中の人に聞いた“冷やし方のコツ”

ドン・キホーテの「焼き芋」は冷やすと最強!中の人に聞いた“冷やし方のコツ”

一晩冷蔵庫で寝かせて皮をむいた「冷やし焼き芋」。粗熱を取った後にラップで包む、もしくはタッパーに移して冷蔵保存するのが良いそうです

一度食べたらファンになる。

 暑い夏、冷たい食べ物ではなく“温かいメニュー”が人気になることがあります。その代表例が、「焼き芋」。確かにスーパーに行くと、季節を問わず焼きたてが並ぶ“焼き芋コーナー”が珍しくなくなってきているように感じます。

 どのスーパーもリーズナブルでおいしいのですが、実際に食べ比べてみると、「ドン・キホーテ」が圧倒的であることに気がつきました。しかもその実力は、『家事ヤロウ!!!』や『ヒルナンデス!』などのバラエティー番組でも紹介されるほど人気になっています。

 そこで今回は、ドン・キホーテの焼き芋の魅力と、「熟した甘さがさらに際立つおいしい食べ方」をご紹介したいと思います。

◆10人に1人が食べているドン・キホーテの焼き芋の実力とは?

 まずは人気のエビデンスとなる売り上げ数字から整理をしておきましょう。実績としては、年間売上15億円突破、年間販売本数1,230万本(2020年10月〜2021年9月PPIH<国内>の全数値)とのこと。つまり、外袋に記載されている通り、10人に1人が食べている計算になります。

 実際に中身を取り出してみると、サツマイモのサイズ以上に驚くのが、ぎゅっと凝縮されたような濃密感。皮で覆われているにも関わらず、中身のしっとりずっしりみっちりした感じが手を通じて伝わってくるのです。

◆おいしさのヒミツは…

 おいしさの秘密について広報担当の平野さんに聞いてみたところ、こだわりはズバリ2点だと言います。1つ目は、指定農園で厳選したサツマイモのみを使用していること。

 2つ目は、甘みが最大限に引き出されるよう貯蔵されたのサツマイモを「特殊な焼き芋機」を使用して、イモの状態に応じて“焼き上がり温度”(企業秘密)を設定していること。

 これらの工夫によって一年中おいしい焼き芋が提供できるそうで、実際に中身を割ってみると、今にも蜜がとろけだしそうな“際立つねっとり感”を確認することができます。これぞ、しみじみうっとり感動してしまう瞬間です。

◆大アタリ!と思えるとろ〜り感

 これ、焼き芋を買ってみたらパサパサしていたという体験をしたことがある人なら感動ひとしおでしょう。焼き芋にアタリ・ハズレがあるとすれば、ドンキの焼き芋は大アタリだと言っても過言ではないでしょう。

 最近ではこの焼き芋を楽しめるよう、さまざまなアレンジメニューが話題になりつつありますが、実はもう一つ、夏ならではの「究極の秘策」があることをご存じでしょうか?

◆店舗限定「冷やし焼き芋」があるって、知ってる?

 ドン・キホーテ系列店舗のうち一部店舗のみで発売されているのが、「冷やし焼き芋」(198円(税込、参考価格)。まだ食べたことがないという人も少なくないはずです。

 サツマイモの品種としては、温かい焼き芋と同様の「紅はるか」が主に使用されています。この冷やし焼き芋は、原料の甘さを活かした食べ方として2017年6月から販売スタートしていて、焼き方は温かいものと違いはなく、店舗でしっかり冷やし込みをしてくれていることがポイント。

 つまり、なかなか手に入らない場合は、自宅で冷やすことが可能だということなのです。それではさっそく試してみましょう!

◆熟度を満喫したいなら、断然冷やし!

 温かい焼き芋の粗熱を取った後、冷蔵庫で一晩しっかり冷やして、皮をむいてスライスして味わってみました。

 お世辞抜きにおいしさ倍増。熱とともに水分が程よく抜けることで、濃密なねっとり感が究極に高められ、熟度が増したような味わいを楽しむことができます。

 もちろん余計な添加物や調味料は不使用。加えて、ダイエットにも効果的な「レジスタントスターチ(消化されにくいでんぷん)」が増えるために、温かい焼き芋よりもヘルシーに食べることができるのです。

 この冷やし焼き芋、そのまま食べてもおいしいのですが、ご褒美感をさらにアップさせたい場合は、お好みのアイスと盛り合わせて、仕上げにメープルシロップやはちみつを垂らしてみてください。もう最高です……!

 さあ、冷やし焼き芋が気になった方は、取り扱い店舗を探すか、自作をすることで確実に楽しんでみてくださいね!

<取材・文・撮影/食文化研究家 スギアカツキ>

【スギアカツキ】

食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12

関連記事(外部サイト)