「服やマスクがとにかく痛い…」感覚過敏の高校生が“困りごと”を仕事にできたワケ

「服やマスクがとにかく痛い…」感覚過敏の高校生が“困りごと”を仕事にできたワケ

「服やマスクがとにかく痛い…」感覚過敏の高校生が“困りごと”を仕事にできたワケの画像

騒がしい場所にいると体調が悪くなる。食べられないものが提供される給食の時間が苦痛で、学校に行きたくなくなった。服のタグや縫い目がとにかく痛い──。

 外の刺激に敏感なことで日常に支障をきたす「感覚過敏」。その症状と対峙する加藤路瑛さん(16歳)のストレスを軽減させたのは、食事メニューの見直しを図るなどの対応を行った家族、デジタル耳栓を提案した保健室の先生、給食の持参を許可した担任の先生といった、固定観念にとらわれず新しい道を提示してくれた人々の存在だったといいます。

 そしていま加藤さんは、事業やコミュニティの取り組みを通じて、自ら“固定観念を壊す存在”となっています。

 現在高校2年生の加藤さんは、自身が取締役社長、母の咲都美さんが代表取締役を務める“親子起業”の手法で、2018年に12歳で株式会社クリスタルロードを設立。

 また感覚過敏の課題解決を目的とした「感覚過敏研究所」や、触覚過敏の人でも心地よく身につけられるアパレルブランドなども立ち上げています。2022年7月29日には、『感覚過敏の僕が感じる世界』を上梓しました。

 そのバイタリティや創造力はどこからくるものなのか、お話を聞きました。

◆12歳で母と“親子起業”

──“親子起業”という形で会社設立に至るまで、どのようなプロセスを辿ったのでしょうか。

加藤路瑛さん(以下、加藤):もともとは今のように感覚過敏の課題解決に向けて何かをしたいというよりは、単純に「会社を作ってみたい」という気持ちから起業をしました。

──「会社を作ってみたい」という気持ちを抱いたきっかけは?

加藤:中学生のとき、理科の元素記号を表すカードを化学結合のように組み合わせてプレイする「ケミストリークエスト」というカードゲームを買ってもらいました。それを開発したのが小学生で起業した人だったということを知り、「自分と同じくらいの年齢ですごい商品を作っている人がいるんだ!」と驚いて。そのことに背中を押され、僕も起業してみようと思うようになりました。

 15歳にならないと印鑑登録ができず、代表になれないといった事情もあるのですが、そのカードゲームを作った方が親に代表となってもらう形で起業されていたことを知って、僕も同じ方法を取ろうと思ったんです。

◆些細なことでも「すごいね!」と褒めてくれた両親

──ご両親に起業の話をしたときは、どんな反応が返ってきたのですか?

加藤:最初に相談した時は「いいんじゃないの?」と軽く受け流されるくらいでした(笑)。そこで学校の先生に相談したところ「事業計画書を作ってみたら?」と言ってもらって。そのことを親に話したら本気だということが伝わって、一緒に事業計画書を考えてくれることになりました。

──すごい行動力ですよね。その積極性はどこから来るものだったのでしょうか。

加藤:昔から身体が小さく早生まれということもあり、周りの子と比べて出来ることが少なかったのですが、そのぶん些細なことでも出来ると「すごいね!」と褒めてくれるような親だったので、自己肯定感が人一倍育まれたということが大きかったのではないかと思います。

 だからこそ、いま僕が感覚過敏の課題を解決する取り組みを行う上で、周りからの声を自信やモチベーションに繋げていけている気がしますね。

 また、起業する上で「事業計画書を書いてみたら?」と提案することで細かいステップを示した先生がいてくれたり、計画書について一緒に調べてくれた親もいたりして、僕は本当に周りのおかげでいろいろなことができていると感じます。

 僕が大切にしているのは、何かやりたいと思った時にやらない理由を見つけるのではなく、まずは挑戦してみること。そして人を巻き込みながら協力し合うこと。そうすることでどんどん仲間も増えていくので、より大きな自信へと繋がっていきます。

◆感覚過敏に関するプロダクトの数々

──起業後は、さまざまな事業を展開しながら感覚過敏の課題解決に取り組んでいますよね。これまで加藤さんが生み出してきたプロダクトやシステムには、どのようなものがありますか。

加藤:まず一番最初に作ったのは、感覚過敏を可視化するキャラクターです。目に見えない症状を見えるものにするため、キャラクター化して感覚過敏マークを作りました。子どもたちが自ら進んでそれぞれの症状を人に紹介できるよう、かわいいデザインのキャラクターにすることに注力しました。今はそれらを缶バッジにして販売しています。

 またコロナ禍では感染予防対策のためマスクが欠かせないものになりましたが、触覚過敏の人にとってマスクを着用することはつらいものです。そこでその課題解決の第一弾として、感覚過敏によりマスクが着けられないことを意思表示するカードを無料配布し、その後飛沫対策として「せんすマスク」も作りました。

 また、触覚過敏の人がストレスなく服を着られるよう、縫い目を外側にしたりタグを無くした衣類を作るアパレルブランド「KANKAKU FACTORY」を立ち上げ、パーカーやTシャツなどを開発しました。触覚過敏の僕自身が数百種類のサンプルから厳選した生地を採用したり、いろいろな工夫を施しています。

 そして今年の夏は、皆がそれぞれの五感を通じて感じた情報を地図化する「センサリーマップ」を自由研究で作るような企画も進めています。例えば、感覚過敏の方が避けるべきエリアを提示したり、逆に「ここは良い匂いがするよ」というようなことを表したりするようなマップです。

 今回は感覚過敏研究所の企画として小中高生向けに開催していますが、商業施設や公共施設で取り組んでほしい試みです。商業施設や公共施設が五感情報のマップを作成くださると、五感のストレスの少ない状態で買い物したり、遊ぶことができます。そんなセンサリーマップを作る事業を広げたいです。

◆感覚過敏の当事者・家族が参加できるコミュニティも

──開発する上で、どのようなところからアイデアを得ているのでしょう。

加藤:感覚過敏の当事者とその家族が参加できるコミュニティ「かびんの森」を立ち上げたのですが、そのメンバーの皆さんからいただいた意見がもとになることが多いです。また「せんすマスク」は、SNSで「空中に浮くマスクみたいなものを作りたい」とアイデアを募った結果、生み出された商品です。

 先ほどお話したように、僕は人と一緒に何かをすることをとても大切にしていますし、また他の人の意見を聞くことによって、自分の常識の外にあるまったく新しい気づきや発想が生まれると考えています。

──コミュニティの中でお互いの意見を交わすことにより、創造力が生まれていくんですね。

加藤:そう思います。あとはこうしたコミュニティに属することで、自分の居場所を作ることができて、居心地のいい環境に身を置くことができるというのも良いことだと思います。

「かびんの森」では、聴覚過敏のメンバー同士がお互いに使っているイヤーマフの情報を交換したり、感覚過敏の子どもをもつ親同士が子育て上での困りごとを話し合うなど、それぞれが抱える課題をみんなで共有しあっています。そうして「同じようなことで悩んでいる人がいる」と安心したり、また「こんな困りごとがあるんだ」と新たな気づきに繋がったりすることもありますね。

 そんななか、例えばある味覚過敏の人が「カップラーメンを食べていて、いつもと味が違ったのでメーカーに問い合わせたところ、工場のラインに不備があったことが発覚した」という声や、「気温の変化に敏感だからこそ、看護師として病室のわずかな室温変化に気づくことができる」といった声が聞かれたり、僕自身も驚かされることも多いんですよ。

◆感覚過敏は「気づきが多い」という才能

──著書『感覚過敏の僕が感じる世界』の最終章では「感覚過敏は才能である」、またあとがきには「感覚過敏に人生を振り回されることなく、僕たちに主導権がある。支配されるのではなく、主体は僕たちでありたい」と綴られています。加藤さんは、今後ご自身の才能とどのように付き合っていきたいと思いますか?

加藤:やっぱり感覚過敏は日常生活を送る上でつらいものではあるのですが、周囲のことに過敏であるということは、視点を変えれば「気づきが多い」という才能だと思います。才能という言葉にとらわれる必要はありませんが、感覚過敏を嫌なものとマイナスの側面だけを見るのではなく、プラスの可能性も見つけていきたいと思っています。

 僕自身、感覚過敏でつらいことも多いですが、小さな変化に気がつける過敏さを、感覚過敏のための商品開発や研究に使っていきたいと思います。その結果、同じように感覚過敏で悩んでいる人の役に立てるのなら嬉しいです。

<取材・文/菅原史稀>

関連記事(外部サイト)