「男女共用スクール水着」で子どもたちは生きやすくなるのか?まだまだ課題も

「男女共用スクール水着」で子どもたちは生きやすくなるのか?まだまだ課題も

フットマークのプレスリリースより

墨田区の水泳・介護用品メーカー「フットマーク」が、性別にかかわらずデザインが同じ水着「男女共用セパレーツ水着」を開発した。今まで体型を隠すためのスクール水着は開発されていたものの、男女で兼用できるサイズや形の商品はなかった。

 性別の違いによる水着の選びにくさを少なくし、体のラインや性別を気にせず水泳の授業に参加できることを狙いとしている。2022年度は3校が導入予定で、30校が2023年度の導入を検討しているそうだ(6月17日時点)。

 スクール水着では初となる取り組みが導入されることで、どのような学校現場における現状や今後の課題がみえてくるのだろうか。自身もトランスジェンダー男性であり、LGBTQの子ども・若者の課題に取り組む認定NPO法人ReBitの代表理事、藥師実芳(やくし・みか)さんに話を聞いた。

◆すべての子どもたちのための選択肢

 名簿や制服、ランドセルの色など、学校現場における男女分けに悩みを抱える子どもたちは多く存在する。2015年に文部科学省が全国の小中高・特別学校へ、性的マイノリティの子どもへの対応や配慮を求める通達を出したこともあり、学校現場における選択肢の広がりも少なからず見られるようになってきた。

「性別やセクシュアリティなどの属性に関わらず、すべての子どもたちにとって選択肢が増えることに意義があると考えています。最近では、多くの中学校、高校で、性別によらず制服を選べたり、スラックスを導入するなど、自由な選択肢が増えています」(以下、藥師さん)

 しかし、ここで問題視しなければならない点があるという。

「性別によらずスラックスが選べる中学・高校が徐々に増えていますが、テレビやメディアでは度々『トランスジェンダー(出生時に割り当てられた性と自認する性が異なる人)の子どもたちのための対応』と取り上げられることも少なくありません。

 スラックスを履きたい生徒は、トランスジェンダーの生徒だけではありません。いままでスラックスを履く選択肢がなかった女子生徒からも、導入されてよかったとの感想もあります。一部の子どもたちだけのものだと聞こえてしまう表現を使うよりも、すべての子どもたちが自分らしい選択ができることがより大事です」

◆“お下がり”の水着がもらえなくなることも

 学校現場における服装の選択肢の広がりは、今回の男女共用セパレーツ水着にも関連する。男女共用セパレーツ水着は、男女で身体的に差が出る部分がゆったりとしたシルエットになっている。体型の違いが目立たないデザインを採用したことで、多くの子どもたちたちが抱える悩みを少しでも解消できるのではないだろうか。だが、このような問題も考えられるという。

「新しい水着のみを授業で着用可能な水着とすることで、兄弟や友人間でお下がりの水着を引き継げなくなることも考えられます。このことは、経済状況が厳しい家庭にとっては大きな問題となり得ます。

 導入する予定の多くの学校では、従来型と男女共用型から選択できる形にするようですが、もし指定制を採用するならば、出費が負担になる家庭も増える可能性もあります」

 SNS上では「泳ぎづらそう」「多様性の時代にデザインを統一するのはおかしい」などといった批判的な意見も。だが、それらの意見は、実際に学校で過ごす子どもたちによるものだろうか。藥師さんは、現場にいる子どもたちの声が学校や教育委員会に届くことが重要だといいます。

◆水泳の授業だけ成績が下がってしまう…

 すべての生徒が、性別による内面や身体的な違いを感じることなく、水泳の授業に参加してほしいとの想いから生まれた新しい取り組み。子どもたちがもつ水泳の授業に関する悩みとは何だろうか。

「特に思春期の中学生、高校生は、身体の変化が大きい時期です。だからこそ、周囲と発達段階や身体の特徴や体型を比べ、コンプレックスに感じることもあります。なので、性別によらず体型のわかりやすい水着を着用することに抵抗感を覚える生徒は少なくありません」

 水着や更衣室が男女で分かれている水泳の授業では、トランスジェンダーの生徒も精神的苦痛を感じるのではないだろうか。

「ほとんどの場合、更衣室は男女で分かれてはいますが、そのなかで他の人と更衣室を共有しなければなりません。自認している性別ではない更衣室で水着に着替えなければならないことや、周囲に身体をみられることに、つらさを感じる人は多くいます。

 また、体の曲線が目立つ水着を着たくない気持ちから、水泳の授業があるときにどうしても参加できず、生理や体調不良といった理由をつけて見学したりして、夏の時期だけ内申点に影響が出てしまうこともあります。その点、水着に1つ選択肢が増えたことは大きな意義があるのではないでしょうか」

◆正しい情報にアクセスできない

 学校生活を送るトランスジェンダーの子どもたちの悩みといえば、トイレや服装の問題を想像するかもしれない。だが、一番に直面するのはそれよりもっと根底的な問題だという。

「ある研究結果(※1)によると、トランスジェンダーが性の違和感を覚え始めた割合は、小学校入学前に半数、中学校入学前に8割超えということがわかりました。一方で、中学校の1割にしかLGBTQの授業が届いていない現状(※2)があります。さらにトランスジェンダーを含めたLGBTQのうち、7割(※3)近くの学生が学校でいじめを経験しています。

 最大の課題は、正しい情報にアクセスできないことと、適切な支援が受けられないことです。正しい情報にアクセスできないことで、自身を否定し希死念慮(死にたいと思うこと)につながることも少なくありません。また、理解のある人が周りにいないことで、誰にも相談できなかったり、相談したとしても対応してくれないなどのケースがあります」

※1…中塚幹也(2010)「学校保健における性同一性障害:学校と医療の連携」『日本医事新報』4521:60-64

※2…ReBit「多様な性に関する授業がもたらす教育効果の調査報告(2018)」

※3…いのちリスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン平成25年度東京都地域自殺対策緊急強化補助事業 「LGBTの学校生活に関する実態調査(2013)」

◆アライ(理解者)であることを発信してほしい

 正しい情報にアクセスできず、周りに相談しづらい環境があるなかで、LGBTQの子どもたちが過ごしやすい環境をつくるためにできることとは何だろうか。

「カナダの慈善団体THE519の調査では、LGBTQの子どもたちの希死念慮が下がる要因が一つ明らかになっています。それは、家族の理解です。家族の理解があると、自殺のリスクは93%減少することが報告されています。なので、保護者や子どもに接する大人たちが、接する子どもたちのなかにLGBTQの子どもたちがいることを前提に、アライ(理解者)であることを発信してください。

 動画やメディアで目にしたLGBTQのニュースについて話題に出したり、LGBTQにまつわる絵本を家や学校に置くなど、肯定的であることを示すことも重要です。学校で相談していいのか悩んでいる段階でも、居場所があると思えていれば、過ごしやすさはかなり変わります」

◆LGBTQの今と昔

 周りに相談できない環境があるなか、悩みを抱える子どもたちはどのように向き合っているのだろうか。トランスジェンダー男性である藥師さんは、学生時代を思い返す。

「私は女の子として生まれ、現在男性として生活しています。幼少期暮らしていたアメリカでは不安に感じることなく過ごしていましたが、9歳で日本に戻ってから、女の子らしくしなさい、と学校で言われることが増えました。トランスジェンダーという言葉に出会ったのが小学6年生です。

 ですが、当時は適切な情報を入手することが難しく『ホルモン投与したら30歳で死んでしまう』など、事実とは異なるような噂もありました。中学校では“バレない”ように女の子らしくしながらも、『大人になれないのでは。このまま生きるのは苦しい』と、毎晩布団で泣いていました。その結果、高校2年生で自殺未遂をしています」

 LGBTQ当事者の過ごしやすさは、当時と今で変わっているのだろうか。

「今では多くのLGBTQ当事者がインスタグラムやTikTokなどで積極的に発信していて、ロールモデルが増えてきています。とはいえ、私が学生時代の20年前でもテレビでタレントさんはいましたし、画面の向こう側にロールモデルがいるだけでは、まだ自身との生活の距離は遠いのです。

 家族や学校など身近に相談できる人がいないなどの悩みは、今の子どもたちからも多く聞きます。子どもたちの半径5m以内にいる先生、友達、保護者に理解はあるのか。そういったところにまで当事者の声が届いていることが大事です」

◆LGBTQに理解のある教員を増やしたい

 LGBTQへの理解を深めるためには、学齢期に正しい知識を教えることが求められる。そのためには、教育を行う学校の教員への教育も必要だ。

「最近では、教員養成課程でLGBTQについて教える大学や専門学校や、教育委員会や学校での教職員研修は増えてきたものの、残念ながらまだ道半ばです。

 ただ、2015年に文科省から全国の小中学校における性的マイノリティの子どもたちへの対応配慮を求める通達が出たり、教育委員会からもいろいろな資料が出されているため、LGBTQについての認知は少しずつ広まっています。

 一方で、実際に相談された先生がどのように対応したらいいのかと悩むケースも少なくありません。適切な窓口に相談できたらいいのですが、どこと連携していいかわからないこともあります。そのため、意図せず子どもを傷つけてしまったり、アウティング(第三者にセクシュアリティを勝手に暴露すること)につながってしまうこともあります」

◆LGBTQを掲載する教科書の誕生

 多くのLGBTQ当事者がいじめを経験したという現状を改善するためには、すべての子どもたちがLGBTQについて学ぶ機会を提供することが重要となる。その点、小中高の教科書の一部で、LGBTQの内容が盛り込まれるようになったことは大きな一歩だ。

「教科書会社の努力で、小学校では保健体育の半分以上、中学校では道徳の半分以上、高校では現代社会や家庭の教科書にLGBTQの内容が取り入れられています。

 ReBitが発足した2009年では、活動の一つであるLGBTQに関する出張授業を100校連続で断られたこともありましたが、現在では一部の教科書に載ったことは、大きな時代の変化を感じています。教科書に書かれているということで、正しい情報にアクセスできる機会が増えます」

 LGBTQの子どもたちだけでなく、すべての子どもたちがそれぞれの多様性をもって快適に過ごせる環境づくりが求められている。

 男女共用セパレーツ水着の開発は、すべての子どもたちにとって選択肢が増えたという点では画期的とも捉えられる。今後、アップデートし続けることがより大事なのではないだろうか。

<取材・文/Honoka Yamasaki>

【Honoka Yamasaki】

ライター、ダンサー、purple millennium運営。Instagram :@honoka_yamasaki

関連記事(外部サイト)