超リアル!松本人志のムキムキ筋肉ネイルが凄すぎっ、他のネイルも圧巻

超リアル!松本人志のムキムキ筋肉ネイルが凄すぎっ、他のネイルも圧巻

ムキムキの筋肉まで再現した松本人志ネイル

色やデザインで楽しむネイルアート。爪先が可愛いと気分も上がります。そんな中こんなスゴすぎるネイルアートを発見。爪先で見事に再現された松本人志。神ワザすぎる!ということでネイリストの矢島拓さんにお話を聞いてみました。

◆顔ネイルを作り始めたきかっけは阿佐ヶ谷姉妹

――有名人がモチーフのネイルを作られたきっかけを教えてください。

矢島拓さん(以下、矢島)「アクリル樹脂でネイルアートの一部を作るのは一般的で、私もサロンに勤務している時から得意だったんです。ただ、独立するタイミングで自分だけの得意分野を確立したいなと思っていました。そんなときに、偶然お客様から阿佐ヶ谷姉妹さんのライブのチケットを頂いたんです。見にいったらハマってしまいネイルで作ってみたのがきっかけです」

◆本人からもコメントをもらった!

――きっかけが阿佐ヶ谷姉妹さんだったんですね。

矢島「もともとマドンナや松田聖子さんなど歌って踊るアーティストが大好きなんです。阿佐ヶ谷姉妹さんは歌って踊れるしさらにお笑いまでやってしまう凄さで虜になってしまいました。阿佐ヶ谷姉妹さんのネイルを作ってSNSにあげていたら、阿佐ヶ谷姉妹さんご本人から『絢爛豪華なお江戸をイメージしたネイルでしたら、どんなものが生まれますでしょうね』とコメントをいただき、さらに作るようになったんです」

――作品からも阿佐ヶ谷姉妹さんへの愛が伝わってきます。

矢島「阿佐ヶ谷姉妹さんが大好きです。もはやネイルではなく阿佐ヶ谷姉妹さんのお話になっていますが、テレビやラジオでも『年々バージョンアップしていらっしゃるの』と紹介して褒めてくださったり、街で直接お会いしてもとってもよくしてくださるので感謝しかありません」

◆顔もすべて手作り、制作時間は…?

――どれくらいの時間をかけて作品を作っていらっしゃいますか。

矢島「お顔のパーツは2時間くらいかけて作っていますね。お客様の要望に合わせて顔だけを先に作っておいて、お店で仕上がりやビジュアルイメージをお聞きしながら全体を仕上げていきます。よく『顔の部分は3Dプリンターで作ってるの?』と聞かれますが3Dプリンターではないです」

――3Dプリンターと思うほど本人にそっくりです。

矢島「ありがとうございます。お顔だけ売ってくださいという声もいただくのですが、私としては『似ている』こと以上に、モデルとなった方へのリスペクトや愛情が伝わることを大事にしています。顔も含めて、10本の指でその方のイメージや世界観を表現したいなと思っています。そのため顔やパーツだけお売りすることをしていないんです」

◆数々の有名人たちが反応

――SNSでは阿佐ヶ谷姉妹さんでだけではなく、有名人ご本人も直接メッセージを寄せていますね。

矢島「『おそろしい子!』というセリフ付きで『ガラスの仮面』の月影先生ネイルを作った時は、美内すずえ先生ご本人からフォローいただき『矢島さん、おそろしい子…!!』とコメントを頂きました。家族親戚一同ガラスの仮面の大ファンなので家族や友人に自慢しました(笑)。ネイルをしたファンの方や芸能事務・関係者の方がモデルになった芸能人ご本人に直接ネイルを見せてくださることも多いです。ご本人もとっても喜んでいらっしゃったと聞くと私も嬉しい限りです。

 KISSのファンの方がラスベガスでGene Simmonsさんご本人にKISSのネイルを見せてくださり一緒に写真を撮ってくださった時は驚きました」

――日本を超えて世界にまで!

矢島「デヴィ夫人のネイルを作ってSNSにUPしたところ、事務所をとおして夫人ご本人から『世界の果てまでイッテQ!の収録でつけていきたい』とご依頼をくださり、作らせていただいたものもあります」

◆嵐は顔が綺麗だから難しい

――作るのに苦労した作品はありますか。

矢島「嵐さんのネイルを作った時は5人いらっしゃるのでその分時間がかかりました。お綺麗な顔をされている方は、顔の凹凸が少ないので再現するときに難易度があがるんです。そういう意味で嵐さんは難易度も高くそれを5人分作ったのでかなり時間がかかりました」

◆ネイルを飾っている人も

――もったいなくてネイルがオフできなくなりそうです。

矢島「顔の部分だけチップにして、いつでも取り外しできるようにしていらっしゃる方もいらっしゃいます。取り外せるので外した推しのチップをジュエリーボックスに並べているとおっしゃっていました。お客様の爪の形やライフスタイルに合わせて仕様もアレンジさせていただいています」

◆幸せな気持ちになれるネイル

――ファンにとって気分が上がるネイルですね。

矢島「推しをモチーフにしたネイルをしてコンサートやイベントに行く方は多いです。爪は体の一部なのでそこに自分の推しがいるとモチベーションも上がりますし、毎日の中でちらっと視界に入るたびに幸せな気持ちになると言ってくださいます。お客様が日常の中で笑顔になれる瞬間を作れることが私も嬉しいです」

 矢島さんが作るネイルは、『似ている』こと以上に顔を含めた10本の指のデザインがとにかくオシャレで繊細です。派手なのに下品さはなく、くすりと笑えるのに本人へのリスペクトと愛を感じる絶妙な匙加減とセンス。まさに神ワザです。

【矢島拓】

多くのセレブリティや著名人から声がかかる話題のネイリスト。

Twitter:@empress_jitou/Instagram:@taku.yajima

<取材・文/瀧戸詠未>

【瀧戸詠未】

大手教育系会社、出版社勤務を経てフリーライターに。教育系・エンタメ系の記事を中心に取材記事を執筆。Twitter:@YlujuzJvzsLUwkB

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?