大物俳優、美人弁護士と熱愛報道。「2人は真剣ですよ」と関係者明かす

大物俳優、美人弁護士と熱愛報道。「2人は真剣ですよ」と関係者明かす

ジョニー・デップ

元妻アンバー・ハードと離婚後、法廷闘争を続けてきたジョニー・デップ(59)。現在、かつて自身の担当弁護士だった女性と交際中だという。以前にも、担当弁護士とのロマンスが取り沙汰されたジョニーだが、今回噂されているのは別の女性だという。

◆真剣交際が囁かれている女性弁護士とは?

 このたび、ジョニーの交際相手として名前が挙がったのは、弁護士のジョエル・リッチ氏(37)。ジョニーが2018年に英タブロイド紙『ザ・サン』に対して起こした名誉毀損訴訟で、ジョニー側の弁護を担当した人物だ。

 ある関係者は米メディア『Usウィークリー』にこう話している。

「彼らの相性は抜群です。2人は真剣ですよ。交際は本物です」

 一方で、米芸能ゴシップサイト『TMZ』をはじめとした複数メディアは、「2人はデートはしているが、特定の交際相手というわけではない」と伝えている。

◆担当でもないのに、米裁判所にたびたび姿を現していた

 ジョニーは2018年、アンバーへのDV疑惑を報じた記事のなかで、自身を「ワイフビーター(wife-beater=妻を殴る人)」と記したザ・サン紙に対し、名誉毀損裁判を起こした。この訴訟を担当した弁護士の1人がリッチ氏だった。

 英裁判所は2020年、「暴力は事実」と認定して訴えを棄却。この裁判ではジョニーが敗訴した。

 けれども、「自分はDVの被害者」とアンバーが告白した米紙『ワシントン・ポスト』の記事を巡って起こしたアメリカでの名誉毀損訴訟では、ジョニーが勝訴した。

 英ロンドンを拠点にしており、英国での裁判終了後はジョニーの担当から外れていたというリッチ氏。しかし、ジョニーを応援するため、6月に米バージニア州で行われた裁判にも姿を見せていたそうだ。関係者は、「職務的義務はありませんでしたよ。彼女は個人的に応援に来ていたのです」と語り、交際初期はこっそりとホテルの部屋で逢引していたとも明かしている。

 ところで、ハリウッドスターであるジョニデと噂になっているリッチ氏は、一体どんな女性であるのか気になるところ。現地メディアによると、同氏はこれまでメーガン妃や「ハリーポッター」シリーズ作者のJ・K・ローリングといったセレブの裁判を担当してきた敏腕弁護士。私生活では2人の子供がいるという。既婚者ではあるものの、現在は夫と別居中と報じられている。

◆別の美人弁護士と噂になったことも

 ジョニーといえば、米バージニア州で行われた名誉毀損裁判を担当したカミーユ・ヴァスケス弁護士とのロマンスが浮上したことも。

 ヴァスケス氏は噂を完全否定したが、米での裁判で辣腕をふるった美人弁護士として注目される存在に。そのため「ジョニーと女性弁護士の熱愛」というと、ヴァスケス氏を思い浮かべる人も多いかもしれない。けれども、実は以前から「ジョニーはむしろジョエル・リッチのほうが好みのような気がするけど…」という声もチラホラあったようだ。

◆元妻はジョニーの私生活に関心なし

 今年6月で勝訴した際には、「やっと人生を取り戻すことができた」と喜んでいたジョニー。デートする相手もできて、すっかり人生を取り戻したようだが、そんな現状を元妻アンバーはどう思っているのだろうか?

 芸能ニュースサイト『ET』によると、アンバーは「ジョニーや彼の私生活に関心はない」「彼が誰とデートしようが気にならない。ただ自分の人生を前進させたいと考えている」とのこと。6月に敗訴した後には、TVに登場し「今でも彼を愛している」と語っていたが、いまや元夫の色恋沙汰には興味ないようだ。

 名誉毀損裁判で敗訴し、ジョニーに対し19億円超の損害賠償の支払いを命じられたアンバーは、7月に正式に控訴している。

 先週には、元夫婦の泥沼裁判を題材にした映画が製作されることが明らかになったが、ジョニーと美人弁護士の恋について描かれた映画も、いつか製作されることになるのだろうか?

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?