76歳のスター俳優、22歳下の妻との離婚回避。散々浮気して泣かせたことも

76歳のスター俳優、22歳下の妻との離婚回避。散々浮気して泣かせたことも

シルベスター・スタローン(左)とジェニファー・フレイヴィン(右)

映画『ロッキー』シリーズなどで知られる有名俳優シルベスター・スタローン(76)が、25年連れ添った妻ジェニファー・フレイヴィン(54)から離婚申請されたのは今年8月。奔放な異性関係に泣かされながらも、シルベスターを許し続けてきたジェニファーだが、今回ばかりは「修復不可能」と思われていた。「三行半」から一転、今月に入り、やり直すことを決意したという2人だが…。

◆全てが上手く行っているわけではない

 今年5月には結婚25周年を祝っていたシルベスターとジェニファー。にも関わらず、先月には破局し、離婚手続きに入ったことが明らかになった。

 しかし今月に入り、夫婦は和解。ただ、関係者は米ピープル誌に対し「全てが上手く行っているわけではない」と話している。

「2人は以前より話ができるようにはなりましたが、全てが上手く行っているわけではありません。今でもわだかまりは残っています。彼らのように長期に渡る結婚の場合、それを終わらせ、財産を分割することは難しいのです」

 また、夫婦は家族のことを考えて、離婚を踏みとどまっているとも話す。

「2人とも家族を大事にしています。一緒にいようと努力する理由はそれです。公の目にさらされている人々は、互いに特別な絆で結ばれているものです」

◆「夫が夫婦の財産を隠している」三行半から一転

 破局が報じられる少し前から、不仲が噂されていた2人。現地時間8月19日にはジェニファーが離婚申請し、「私たちの結婚生活は終わりますが、これまで分かち合ってきたものを大切にしていきたい」とコメント。また「夫が夫婦共有の財産を隠している」などとシルベスターを批判し、夫婦仲が完全に冷え切っていることを伺わせていた。

 一方のシルベスター側は、「お互いそして家族のために、友好的かつプライベートな方法で、結婚の解消における全ての問題を解決していきます」として、法廷ではなく家庭内で話し合いを進めていく意向を示していた。まさか離婚を突きつけられると思っていなかったのか、ショックを受けている様子のシルベスターだったが、最近ではこれまで腕に入れていた妻のタトゥーを別のモチーフに変更。これから離婚に向けた話し合いを進めていくものと思われていた。

 ところが今月半ば、シルベスターはSNSを更新し、妻と手をつないだ写真や娘たちも含めた家族写真に「すばらしい…」と一言添えて投稿。

 当初は、シルベスターが未練タラタラなのだろうと思われていたが、次第に復縁説が浮上するように。そうしたなか、今月21日には裁判所が2人の離婚手続きを中止したことがわかった。これを受け、スタローンの代理人も次のような声明を発表した。

「彼らは自宅に戻り、お互いが不服としている点について話し合い、解決策を見つけることができました。2人とも非常に幸せです」

◆交際中に浮気。一方的に別れを告げたことも

 これまでに2度の離婚を経験しているシルベスター。まだブレイク前の1974年に結婚した最初の妻とは、2人の息子をもうけたが10年で離婚。その直後、モデルで女優のブリジット・ニールセンと再婚したが、わずか2年で結婚生活は破綻。それからほどなくして交際を開始したのが、3番目の妻となるジェニファーだった。

 1988年、すでにハリウッドスターとなっていた40代のシルベスターは、当時20代前半のモデルだったジェニファーと付き合い始め、その後も順調に愛を育んでいると思われていた。ところが1994年、シルベスターはジェニファーにいきなり手紙を送りつけ、一方的に別れを告げる。

◆今年5月には結婚25周年

 実は、別のモデル女性と二股をかけており、その女性が赤ちゃんを産んだというのが理由だった。結局、赤ちゃんの父親がシルベスターではないことがわかり、一度は婚約までしたそのモデル女性とも別れることに。しかも、その間にも別の水着モデルと付き合っていたようで、1995年にはその水着モデルとも少しの間だけ婚約し、のちに別れている。

 浮気性なシルベスターに散々泣かされたジェニファーだったが、最終的にはヨリを戻し、1997年に結婚。3人の娘にも恵まれた。ちなみに3人の娘たちは、「華麗なる3姉妹」「世界一美しい3姉妹」などと称され、メディアから注目の的となっている。

 今年5月には結婚25周年を迎え、「献身的で、我慢強い女性」と妻を称賛していたシルベスター。“我慢強い”妻や美しい娘たちのためにも、今後は平穏な家庭を築いていってほしい。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?