夫に浮気され…“夫婦交換パーティ”に行った主婦の結末が意外すぎ。そんな大逆転アリ?!|ドラマ『夫婦円満レシピ~交換しない?一晩だけ~』

夫に浮気され…“夫婦交換パーティ”に行った主婦の結末が意外すぎ。そんな大逆転アリ?!|ドラマ『夫婦円満レシピ~交換しない?一晩だけ~』

夫に浮気され…“夫婦交換パーティ”に行った主婦の結末が意外すぎ。そんな大逆転アリ?!|ドラマ『夫婦円満レシピ~交換しない?一晩だけ~』の画像

セックスレス夫婦が主人公のドラマ『夫婦円満レシピ~交換しない?一晩だけ~』(テレビ東京系、水曜深夜0時30分~)。“夫婦交換”=スワッピングや、女性専用の性感エステについて描かれていることでも注目されています。

夫婦関係や不倫について著書多数で、スワッピングや女性向け風俗についての取材経験も豊富な亀山早苗さんが、話題のドラマを読み解きます(以下、亀山さんの寄稿)。

◆“夫婦交換”スワッピングは、ダンスみたいなもの

『夫婦円満レシピ~交換しない?一晩だけ~』の第9話は、志保(佐津川愛美)のママ友・安藤ちはる(柳ゆり菜)の物語の続きだった。智也(松本怜生)に恋したちはるは、智也が来るという夫婦交換の同士が集うナイトアクアリウムへ出かけていく。

ちはるは主宰者の窪塚と、智也は窪塚の妻・祥子と、お互いを見ながら刺激的なセックスをする。

「セックスは愛する人とするもの」という常識をぶっ飛ばす展開だ。祥子は「スワッピングはね、ダンスみたいなものなの」と言う。相性さえ合えば、いや、合わせることができれば、華麗で快適なダンスは踊れるものなのだ。

ちはるは智也を知るために、窪塚と関係をもつ。智也と同じ種類の人間であることを示すために。

ちはるは夫が浮気していることを知っている。だが、智也と人生を共にできるはずもないこともわかっている。だからこそ、智也を1週間300万円で買うのだ。「普通のデート」をしたことのない智也のために、そして「適当なデキ婚」をしてしまった自分の忘れ物を取りに行くために。

「年収が400万円を超えたから、扶養から抜ける」

ちはるは夫にそう宣言もする。自分と結婚生活を続けたいなら浮気はやめてほしい、そうでないなら子どもを連れて離婚する。ちはるは初めて、言いたいことを夫に言った。自分に経済力があれば、離婚もできると実感したのだろう。

◆忘れ物を取りに行ったら、今あるものの良さに気づいて

夕方までの限定ながら1週間、智也とデートを重ねたちはる。最後の夜、拘束時間が過ぎてから智也は初めて素を見せ、ちはるをホテルに誘う。ようやく思いが叶ったとき、ちはるはかつて夫が示してくれた愛情ある言動を思い出す。

そのころ、ちはるの夫の祐樹は、自分の浮気を妻が知っていることに気づいた。大事なものを失おうとしている現実に、彼は初めて目が覚める。

自分が「妻子を養っている」からこそ、上から目線になる男性は今も少なくない。女性活躍と言いながら、男女の賃金格差は縮まらない。もっと女性に経済力がつけば、あるいはシングルマザーになっても暮らしていける目処がたてば、離婚はもっと増えるだろうし、女性はさらに活躍できるようになるのかもしれない。そんな揺り戻しのあと、ようやく男女は同じ目線で語りあえるのではないだろうか。

ちはる自身がそうであったように、結婚生活が長くなると、単に時間を過ごしていくだけのように思いがちだが、実際には時間は積み重なっていくものだ。だが積み重なるものが多くになるにつれ、いちばん下にあるものが見えなくなっていく。ちはるは「適当に結婚しただけ」と感じていたが、思い起こせば祐樹との間には確たる愛情があった。それに気づけるかどうかで夫婦が再生できるかどうかが決まっていく。

◆浮気してみてわかったのは、まだ女としてイケるということ

智也という男のために自分の貯金を使い果たしてちはるが得たものは、夫への愛情だった。いい話というべきか皮肉な話と言うべきか。ちはるは夫しか知らなかったため、比較対象がなかった。

似たような経験をしたアズサさん(仮名・39歳)はこう言う。

「浮気してみてわかったのは、自分がまだ女としてイケるということでした」

結婚して10年、8歳と5歳の子を育てながらパートとして働いてもいる。毎日、朝からくるくると忙しく働き、夜は子どもを寝かしつけるとぐったりしてしまう。夫が帰宅したときは自分も寝落ちしているのが現状。アラフォーになって、鏡の向こうには疲れて目がくぼんだ自分がいる。

◆女であることより、母であることを優先するしかない

「夫ともずっとセックスレスが続いていました。でもセックスなんてする気にもなれなかった。女であることより、母であることを優先するしかないし、残業代が減って夫の給料が実質目減りしていることを思えば、私がパート時間を増やすしかない」

女であることなど忘れていたとアズサさんは笑う。そんなとき偶然、再会したのが元カレだ。この夏、子どもを連れて帰省したときにやはり帰省していた高校時代の元カレに会った。

「当時はキス止まりでした。ふたりとも第一志望の東京の大学に入ったら、きちんとつきあおうと励まし合って受験勉強していたんです。結局、ふたりともそれぞれ志望大学に合格して上京したんですが、違う大学だし会う機会も減っていって自然消滅。それがほぼ20年ぶりに再会したから、恥ずかしいようなうれしいような、妙な感じでした」

元カレも東京で仕事をしていることがわかり、連絡先を交換しあった。そして「友だちとして」会った。若いころ、まだ社会の垢にまみれていないころの自分を知っている相手に、お互いをさらけ出し合った。

◆彼の“言葉”に、体の奥が熱くなりました

「元カレは、夫婦関係がうまくいっていないと愚痴り、うちだってそうだよと私も言って。あのまま私たちがちゃんとつきあっていたらどうなっただろうねと話しました。『少なくとも、オレはアズサとしたかったよ。今もアズサがほしいよ』なんて言われて、体の奥が熱くなりました」

元カレだから警戒心はなかった。彼女も高校時代の「あの恋」を完結させたかった。なにより元カレに口説かれているのが心地よかったのだという。

「その夜、元カレとホテルに行ってしまいました。すごく感じることができて、私は自分が女であることも自覚できたし、過去を完結させることもできた」

◆帰宅して夫の顔を見たら、なんだか夫が懐かしく思えた

「元カレはまた会いたいと言ったけど、私は『あなたと会うと過去にひきずられる。私は子どもたちと一緒に未来へ向かいたい』と告げました。

帰宅して夫の顔を見たら、なんだか夫が懐かしく思えた。不思議な感覚でした。私が浮気してたなんて疑いもせず、『昔の友だちとの飲み会、楽しかった?』と尋ねてくる夫が愛おしくなりました」

自分は常に“今”を生きている。どんなに忙しくて髪を振り乱していても、女であることには変わりない。それは人の評価ではなく、自分の自覚の問題だと彼女は気づいた。自分の存在自体に自信を取り戻した彼女は最近、夫の寝込みを襲った。夫はうれしそうに受け入れたという。

<文/亀山早苗>

【亀山早苗】

フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。Twitter:@viofatalevio

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?