“別に”騒動、ドラッグ逮捕…沢尻エリカが芸能活動を再開。パッチギ!、1リットルから振り返る

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 沢尻エリカは2019年に麻薬取締法違反で逮捕され2年間活動停止したが、2024年2月に舞台復帰する。
  • 2005年放送のドラマ『1リットルの涙』では18歳女優として人気を得る一方、表立った活動停止を経て本領を発揮する。
  • 復帰作となる舞台『欲望という名の電車』は沢尻にとって最適な役柄であるとの見解が示された。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

“別に”騒動、ドラッグ逮捕…沢尻エリカが芸能活動を再開。パッチギ!、1リットルから振り返る

“別に”騒動、ドラッグ逮捕…沢尻エリカが芸能活動を再開。パッチギ!、1リットルから振り返るの画像

2019年、麻薬取締法違反で沢尻エリカが逮捕された。2020年の初公判では、俳優引退にも言及し、世間からは引退宣言と理解された。

 だが引退ではなかった。沢尻は2024年2月、主演舞台で実に“2度目の活動再開”を果たすのだ。

「イケメンと映画」をこよなく愛するコラムニスト・加賀谷健が、“最適役にして最適解”と思う沢尻エリカの復帰を解説する。

「こんなにかわいい人、見たことがない…」という衝撃



 ゼロ年代は、テレビドラマ最後の黄金期だった。特にフジテレビ作品では、『白い巨塔』(2003年)や『のだめカンタービレ』(2006年)など、名作が揃い踏み。そしてちょうどゼロ年代が折り返す2005年、フジテレビ10月期火曜日よる9時に放送されたのが、『1リットルの涙』だった。

 主演は沢尻エリカ。沢尻扮する豆腐屋の長女・池内亜也は心やさしい15歳。難病を発症し、車椅子生活を余儀なくされる。身体がどんどん動かなくなる亜也の姿は当時の沢尻にしか演じられない熱演だった。

 同作の沢尻は「こんなにかわいい人、見たことがない……」という衝撃でもあった。父母役の陣内孝則と薬師丸ひろ子の瞳が常に潤む表情も相まって、とにかく涙なしでは見られなかったことを深く記憶している。最終話の視聴率20.5%も納得の数字ではなかっただろうか。

適役をモノにしていく演技センス



 同作は沢尻にとってドラマ初主演作品だった。初々しさ。可憐さ。透明感。純真さ。などなど、約18年前の彼女に対して浮かぶ形容は、いかにもピュアな言葉ばかり並ぶ。

 この作品でそうしたイメージが完全に定着したものと思っていた。あるいは、同年公開の『パッチギ!』では、ヒロインに抜擢され、井筒和幸監督も太鼓判を押す才能だった。

 ところがどうだろう。2009年の結婚あたりからかなり大胆にイメージチェンジをはかってきた。いやそもそも『1リットルの涙』の沢尻はあくまでイメージに過ぎず、本来の彼女が持つ性質はよりダーティーなものだったのだろう。

 結婚を機に活動を一時休止するのだが、復帰後5年ぶりの映画主演作となった『ヘルタースケルター』(2012年)がドラマ初主演を超える最適役となった。ピュアさが払拭され、まるで無双状態に入った感じさえあった。その後は怖いもの知らず、抜群の演技センスを武器に適役をどんどん物にしていく。

表舞台での失態



 ギャルっぽいというのか、ヤンキー的というのか。いずれにしろ純真無垢な商品価値を引き剥がすことで、俳優としての本領を発揮した。それが、沢尻エリカの真骨頂だったことは間違いない。

 が、ダーティーな雰囲気が自然になればなるほど、表舞台でも露出するようになった。それはさすがにマズかった。出演作の舞台挨拶で恐ろしい塩対応で不機嫌を貫き、彼女の不良性を世間が認知するちょっとした失態を起こすのだ。

 ちょっとした不祥事ならまだしも、それが取り返しがつかない事態になったのが、2019年。イメージ転換でかなりの精神的負担があったのか、どうか。彼女は薬物に手を出す。

逮捕され、俳優引退をほのめかす



 2019年11月、沢尻は麻薬取締法違反で逮捕される。大麻パーティ写真が週刊誌に撮られるなど、沢尻と薬物のイメージは決定的になる。公判では、俳優引退をほのめかした。

 行き着くところまできてしまったか。ここまでくると救いようがない。素晴らしい才能を持つ人物だけに残念でならなかった。俳優たる者、破天荒であることは結構だが、度が過ぎてはいけない。

 2度目の活動休止に呆れる声がある一方で、どうにか復帰をしてくれないかと願う声も多かったはず。間違いを犯したらそこで終了ではなく、再びチャンスを与える社会でありたいもの。沢尻も例外ではない。

復帰作は“最適役にして最適解”



 捨てる神あれば拾う神あり。2020年に不祥事を起こして芸能界から退いた伊藤健太郎がそうだったように、然るべきタイミングで、然るべき作品によって復帰のチャンスが必ず与えられるものだ。

 沢尻が再び4年ぶりに復帰するのだ。2024年2月に舞台に主演することがすでに発表されている。演目は、テネシー・ウィリアムズの傑作『欲望という名の電車』。

 同作は1947年にブロードウェイで初演され、1951年にはエリア・カザン監督が、ヴィヴィアン・リーとマーロン・ブランド主演で映画化した。

 日本では1953年に文学座公演として杉村春子主演で初演され、彼女の十八番となった。世界の大女優たちが好んで演じこんできたブランチ役は屈折した感情が入り組む役柄。

 沢尻エリカのカムバックとしては、“最適役にして最適解”ではないだろうか。

<文/加賀谷健>

【加賀谷健】
音楽プロダクションで企画プロデュースの傍ら、大学時代から夢中の「イケメンと映画」をテーマにコラムを執筆している。ジャンルを問わない雑食性を活かして「BANGER!!!」他寄稿中。日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業。Twitter:@1895cu

【関連記事】
  • 記事にコメントを書いてみませんか?