【杉並サンバ祭り火炎瓶事件】現場で一部始終を目撃した漫画家が恐怖体験を語る

記事まとめ

  • 7日、杉並区で起きた『サンバ祭り火炎瓶事件』の現場にいた漫画家が目撃談を語った
  • 火炎瓶のようなものは計5回ほど投げられ、うち3発目が近くに落ち燃え始めたという
  • 「広島の原爆のイメージと重なり、戦争が起きたらこんな感じかも」と恐怖体験を語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております