蛭子さんから「ガラスの仮面」月影先生まで、日めくりがキテる!

蛭子さんから「ガラスの仮面」月影先生まで、日めくりがキテる!

『「ガラスの仮面」日めくり まいにち、月影先生!』美内すずえ(白泉社) http://www.betsuhana.com/glass_himekuri/



 2017年までもう3ヶ月ということで、このところカレンダーが続々発売されています。なかでも近年は、松岡修造の「まいにち、修造!」の熱いヒットもあり、日めくりカレンダーが人気のようです。

 カワイイ動物の写真や、芸能人のひと言まで多種多様の日めくりカレンダーですが、女子SPA!編集部が気になったものを取り上げてみました。

◆「ガラスの仮面」日めくり まいにち、月影先生!

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=591773

 長編演劇マンガ『ガラスの仮面』の月影先生が、毎日あなたを叱咤激励してくれます。

「おそろしい子!」「あなたは千の仮面をもっている!」「甘ったれないで! 人間はいつだってひとりよ!」など、名セリフが31日分つまっているカレンダーです。月影先生の言葉で、人生という舞台に立つ女優として何かが目覚めるかもしれませんね。

◆生きるのが楽になる まいにち蛭子さん

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=591882

 月影先生の叱咤激励に「そんな頑張れないわ〜」というあなたには、蛭子さんの言葉をどうぞ。ゆるい…失礼、あたたかなホッコリした言葉が包んでくれますよ。

「今日もこの同じ空の下で蛭子さんがテレビ収録本番中に居眠りしているかも……」そんなふうに思うだけで、仕事のミスも、既読スルーされた彼氏へのLINEも一瞬忘れ、楽になるかもしれませんね。

◆西原理恵子×小林凜 学校川柳――ボクとワタシの、毎日をおかしむ発想

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=592577

「毎日かあさん」のマンガ家・西原理恵子と、中学3年生の学生俳人・小林凜がコラボした学校川柳カレンダーです。

「青春のくん章となるニキビ増え」「数学の時間は透明人間に」といった川柳に、ユーモアのある絵が描かれています。

 西原理恵子は、実際の一男一女の育児エピソードをもとにしたマンガ「毎日かあさん」を毎日新聞で14年以上連載し(現在も連載中)、単行本はシリーズ累計210万部突破の人気漫画となっています。小林凛は小学生の頃からランドセル俳人として注目され現在も活動しています。そんな作者二人のスペシャル対談も掲載されているそう。10月31日発売予定です。

◆万年平野レミの140文字レシピ 2017年 カレンダー 卓上

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=591868

 早口のおしゃべりと明るすぎるキャラクターの料理研究家の平野レミ。最近は長男のTRICERATOPSの和田唱が上野樹里と結婚し、樹里の姑になったことでも話題ですね。

 そんな平野レミのツイッターは140字のレシピで、超簡単だと人気です。

 その簡単レシピがカレンダー化されて10月26日に発売予定です。平野レミのハイテンションな言葉で、自炊にやる気が出てくるかも。

◆今日のネガティブ。(日めくり)

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=591912

 かつてブレイクし、今はカラオケ喫茶を経営しながら、一発屋芸人として(?)活動するヒロシ。ますます哀愁に磨きがかかっているようです。そんな彼ならではネガティブさをカレンダーではいかんなく発揮。

「空気になる練習」「星を見ていると、自分がちっぽけな存在に見えてきて、余計へこむ」など、疲れている時に励まされると落ち込む…という方は、ネガティブな言葉を見るとかえって元気を出ることもあるかもしれません。

◆2017年版 瀬戸内寂聴 日めくり暦(カレンダー)

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=591850

 94歳にしてますます元気な瀬戸内寂聴。「寂聴さんの写真、寂庵・天台寺の写真が満載」とのことで寂聴ファンにはたまらないはず。瀬戸内寂聴は、現在は出家し尼僧ですが、若い頃には夫の教え子と不倫関係におちいり、夫と長女を残して家を出るなど波乱万丈の人生を送ってきました。迷える現代女性には、酸いも甘いも噛み分けた人生の先輩の言葉に学ぶところも多いのではないでしょうか。

◆2017年 スギョーイ! さかなクンの図鑑カレンダー(週めくり)

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=591879

 こちらは週めくりですが、さかなクンのカレンダー。さかなクンはイラストレーターとしても活動していて、京都大学の魚類学者から頼まれたイラストがきっかけでクニマスの再発見に大きく貢献したそうです。イラストは徹底的に細部こだわっていて、魚の背びれのトゲの数、ウロコの数などまで正確に再現しているとのこと。とはいえ、この魚、なんだか愛嬌もありますよね。さかなクンが描く、魚たちの絵に、ひととき忙しい現実を忘れ、子供のころの気持ちを思い出したいものです。

 さまざまな日めくりカレンダーをご紹介してきましたが、いかがでしたか。お気に入りになりそうなものはあったでしょうか?

 毎日、新しい顔を見せてくれる日めくりカレンダーを手元に置いて日々を過ごすのも、生活に小さな喜びをもたらしてくれると思いますよ。

<TEXT/女子SPA!編集部>

関連記事(外部サイト)