挿入中の「痛い」感覚、どうすればいい?

挿入中の「痛い」感覚、どうすればいい?

記事画像



 セックスのとき、挿入すると「ちょっと痛いかも」と感じたことはありませんか? ラブリサーチのアンケートでは、63.2%の女性が「挿入時に苦しいと感じたことがある」と回答しており、思うようにセックスを楽しめていない人も少なくようです。

 一口に「性交痛」といっても、その原因はさまざま。そこで今回は、挿入中の苦しい感覚を和らげるための方法をご紹介します。

===============

Q.【女性に質問】挿入時、「苦しい」と感じたことはありますか?

・はい(67名)

・いいえ(39名)

回答時期:2016.06.30〜2016.07.14

総回答数:106名

===============

◆原因1:潤っていないとき

「あまり濡れていないとき」

「前戯がなくいきなり挿入されたとき」

 濡れ不足のほとんどの原因は、前戯が足りていない証拠です。女性器が濡れるためには、「リラックス+性的興奮」というセットが欠かせません。

 人は脳がリラックスすると副交感神経が優位になって、全身の血流が良くなります。当然、女性器の周りの血流もよくなるため、濡れやすい状態になるのです。潤い不足を感じたときの対処法は、キスや全身への愛撫の時間を長くすることで、ほとんど解決することができます。

 また、愛液の量はその日の体調や冷え性、疲れやストレスなどによっても左右されやすいもの。どうしても濡れにくいときは、ローションを使うのもおすすめです。濡れないことへのプレッシャーが軽減され、前向きにセックスを楽しめるようになるはずですよ。

◆原因2:久しぶりに挿入したとき

「久しぶりにエッチするといつも最初の方は苦しい感じがする」

「久しぶりなのに勢いよく入ってきたとき」

 しばらくセックスをしない期間が空いてしまうと、挿入時に痛みを感じやすくなります。「うまくできるかどうか」という不安や緊張感から膣が縮まってしまうことも。引け目を感じる気持ちはわかりますが、挿入に対する恐怖心があるなら彼にも素直に打ち明けて、ゆっくり指でほぐしてもらうといいでしょう。

 セックスは「挿入がメインディッシュ」というわけではありませんから、お互いの体に負担の少ない方法を考えてみてください。

 また普段からひとりエッチのときに、クリトリスだけでなく膣の中にも指を挿入しておくようにすると、挿入の抵抗感が和らぐはずです。膣内の感度を高めるつもりで試してみましょう。

◆原因3:彼の男性器が大きいとき

「彼のモノが大きくて激しく動いてくるとき」

「付き合っていた彼が大きかったので、最初に挿入される時の圧迫感が苦しかった」

 男性器のお悩みといえば「小さい」「短い」「柔らかい」などがコンプレックスの要因と思われがちですが、女性側の本音としては「彼のアソコが大きいと痛いし、苦しい」といった悲鳴が聞かれることも少なくありません。

 ビッグサイズの彼とセックスするときは、挿入後にいきなりピストン運動を始めるのではなく、ペニスを挿入したまましばらく静止する時間を作りましょう。時間の目安は1〜3分程度。

 その間はキスや上半身への愛撫で、短めのストロークでゆっくりと腰を動かしていきます。男性は挿入後すぐに動きたくなるでしょうが、膣にペニスが馴染むまで待ってもらうようにすると、大きな男性器でも痛みを感じずにセックスを楽しむことができます。

◆原因4:激しく動かれたとき

「激しく突かれているとき。圧迫感を感じる」

「バックから突かれると奥に当たりすぎてお腹が痛くなる」

 よくAVなどで見かけるような深く激しいピストン運動。興奮が高まってくるとつい乱暴な動きを好む男性も多いですが、女性からするとあまり嬉しくないですよね。苦しそうな表情や仕草を浮かべても、残念ながらそのサインに気づいてくれる男性は少数派です。

 対処法は、挿入の深さやスピード、体位を工夫すること。「もう少しゆっくり動いたほうが気持ちいいかも」「次は正常位にしよう!」など、より感じるための提案を彼に伝えてみるといいでしょう。はっきり「痛い」と伝えてしまうとセックスに自信をなくしてしまう男性もいるので、ダメ出しは控えたほうがベター。

 多くの女性が感じる挿入時の痛み。その原因と対処法を知ることは、ふたりで気持ちよくなるために必要なことです。しかし、彼の反応を気にしすぎてなかなか言い出せないという女性も少なくありません。

 愛を確認しあうための行為なのに、どちらか一方が我慢し続けるのは幸せなセックスとは言えないですよね。「こうしてほしい」「それは嫌」といった要望ははっきりと彼にも伝えるべき。お互いによくコミュニケーションをとりあい、ふたりが満足できるセックスを築いていってくださいね。

▼ライター:岩崎みさとさんプロフィール

1988年生まれ。セックスライター。女性のオナニー研究家。女性目線でセックスの楽しみ方を綴ったブログ「PINKY」は50万PV/月を獲得している。

<コンテンツ提供/ラブリサーチ>

【ラブリサーチ】

女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。

★彼の愛撫がちょっと痛い…そんな時の対処法

★初体験が痛いのは当たり前?!エッチを気持ちいいと感じるまでの3ステップ

★女性だけじゃない!男性も感じる「性交痛」って?

関連記事(外部サイト)