「このLINE、ウザっ」と男性に引かれてるかも…女子のウザLINEワースト3

「このLINE、ウザっ」と男性に引かれてるかも…女子のウザLINEワースト3

記事画像



 こんにちは、東京姉妹・くるみです!

 みなさんは今、落としたい男性はいますか? 片思い中の方なら彼との日々のやり取りをうまくやって、デートにこぎつけたいものですよね。

 最近始めたオンラインサロンでマンツーマンで教えていて、つくづく思うのですが、LINEの返信って男女によって結構感覚が違うので、あなたが十分に気を遣って送ったLINEも、男性からしたら「キモっ!」「ウザっ!」と思われてしまうことがあります。そして、返信がなくて落ち込んでしまう……なんて経験はありませんか?

 あなたがキモがられていることに気づかないなんて、そんな不幸な事無いですよね。

 今日は男性がドン引きするLINEを3つお教えしたいと思います。

◆1.ハートマーク

 こちらが好意で送っている絵文字の中には、相手に不信感をいだかせるものもあります。それがハートマークです。「誰にでも使っているのかな?」と思われ、軽い女を連想させてしまうことがあります。実際に、くるみの周りでハートマークを誰にでも使うという女子がいますが、次のデートの約束は取り付けられるけど、特定の彼氏ができないという傾向があります。

 ハートマークはせめて少し仲良くなってから使うべきですね。特別な関係だよ、というアピールをするのに有効なツールになりますから、あまり多用しないようにしましょう。

◆2.スタンプのみ

 女子はコミュニケーションの一部としてスタンプだけ送り合ったりスタンプだけで会話したりしますよね。でもこの行為、男性からすると「は?」なんです。意味不明なスタンプを送ってしまうものなら、「何が言いたいの?」と相手に考えさせる手間さえかけかねません。

 当然、考えるのを放棄して既読スルーするわけです。返信がないときに、返信を促そうとスタンプだけ送るというのもアウト! そもそも返信するのが面倒くさいから既読スルーしているんですよ。思い出したり、必要があったりすれば、必ず返信は来ます。とにかくスタンプだけ送るという行為は「ウザっ」としか思われません。

◆3.やたらと長文

 圧倒的にこれがいちばんウザがられます。そもそもLINEはメールと違ってチャット形式なので、お互いの送った文章が一目瞭然です。男性は相手とのやり取りを、わざわざさかのぼるなんてほとんどしません。ところが、メールだと1通1通開かなければなならないのに対し、LINEはお互いが送った文章量がすぐにわかってしまうのです。

 原則として、LINEで送り合う文章量は男女においては同じくらいでなければなりません。なぜならば、「文章量=気持ちの量」であることが多いのです。

 これは男女に限らず、相手に好意があるとよりたくさんの気持ちを伝えようとつい長文を打ちがちです。例えば、あなたが5行のLINEを送ったのに対し、相手の返信が「1行 絵文字なし」だったとします。そのやりとりが何度か続くとお互いが気づくんです、自分が思われてる立場なのか、思っている立場なのか。

 お互いがフェアな立場でやり取りしていたほうが次の約束も取り付けやすくなります。あまり思いが強すぎる人とデートしても、男性からしたらちょっとヘビーですからね。

 恋する皆さまに幸あれ!

 くるみでした!

<TEXT/くるみ>

東京姉妹・くるみ●合コン参加回数300回以上の経験から恋愛のプロとして「AM」や「女子SPA!」などのウェブメディアで連載を持つ人気ライター。妹・知恵と共にブログ「東京姉妹」、オンラインサロン「恋愛市場で勝ち抜く!東京姉妹の最強モテ道場」、「モテ最適化クリニック」を運営

関連記事(外部サイト)