「どこからが浮気?」と質問すれば“男の器”がわかる【勝部元気】

「どこからが浮気?」と質問すれば“男の器”がわかる【勝部元気】

記事画像



 勝部元気です。今回は、恋愛には必ず付きまとう浮気問題についてお伝えします。

 友人との会話でも「相手がどうしたら浮気だと思う?」という話になることも多いですよね。この質問を男性に投げかけてみると、その人の「男の器」がわかってくるのです。

 まずは、多くの人がご存知の通り、束縛の激しい男というのは、自分に自信が無い男か、女性を信用していない男か、女性を所有物のように見ている男。つまり、器の小さい男たちです。

 形式的な束縛をしてほしい女性ならば大歓迎かもしれないですが、そうでない場合はやはり彼らを避けたほうが良いように思います。

 ですが、「彼女(or妻)がどうしたら浮気?」という質問で分かる「男の器」は、それだけではありません。

◆浮気=キス、肉体関係と考える男性は要注意!

 すごい金八先生っぽいかもしれないですが、「浮気」という言葉は「気」が「浮く」と書きます。つまり、根本的に浮気は気持ちの問題です。他の人とキスやセックスをするのは、気持ちが離れた結果の行動に過ぎないわけです。

 ところが、気持ちという「原因」よりも、他の人とキスや性行為をしたかどうかという表面的な「結果」でしか判断しない男性も少なくありません。そういう男性は全然相手のことを見られていないわけですね。彼らはキスやセックスが気になって気になって仕方なく、浮気を相手の心の問題ではなく、自分が設けた柵(浮気ライン)を飛び越えるかどうかという形式的な判断をするのです。

 つまり、「どうしたら浮気か?」という質問に対する回答で、「相手の男性が何を貴重なものと捉えているか? あなたの気持ちを重要視しているか?」が分かるのです。女性の体が自分だけに向いていてほしい男性と、女性の気持ちが自分だけに向いていてほしい男性、どちらの男性がしっかりとしたパートナーシップを長期間築ける人かは一目瞭然ですね。

 以上から考えると、浮気という話になった時に、すぐ肉体関係に結び付ける男性はちょっと要注意かもしれません。

◆「気持ちがなければセックスはOK」と考える男性はどうすればいい?

 気を付けなければならないのは、「ジェントルマンと天然ヤリチンは紙一重」というところ。

 天然ヤリチンの人たちも、気持ちが重要だと考えるところまではよいのですが、その理屈を自分にも適用し、「恋人(or妻)は愛しているよ! 気持ちがあるのは本命だけ。だから自分が他の人とセックスしても、相手に見つからなければ悪いことではない」という発想をします。

 オープンマリッジ(夫婦間以外の性的な関係に対して、相互の合意の下に開かれている結婚の形)を望む女性なら、そういう相手でも良いのでしょうけれども、1対1のパートナーシップを築きたいなら、たまったもんじゃないですよね。

 ではどのように見極めればよいのでしょうか? それには、「パートナーになる」「付き合う」ということを相手がどう定義付けているか、その価値観を深掘りすればよいのです。浮気をしない男性は、気持ちの問題に加えて、「一人の人にコミットすること」のようなニュアンスが必ず入ってくるはずです。つまり、「付き合う(or結婚する)というのは浮気をしないこと」という価値観ですね。

 ただし、「浮気はよくない」という前提で浮気に関する質問をしてしまうと、本質的な回答は引き出せません。いきなり浮気について突っ込むのではなく、「付き合うって何か?」「結婚するって何か?」を突き詰める方法で、相手の浮気に対する価値観を引き出してみましょう。

<TEXT/勝部元気>

【勝部元気】

1983年東京都生まれ。コラムニスト・社会起業家。専門はジェンダー論、現代社会論、コミュニケーション論、教育論等。他にも所持資格数は66個にのぼる(2015年6月現在)。働く女性の健康管理を支援するコンサルティング会社(株式会社リプロエージェント)の代表取締役CEO。ブログ『勝部元気のラブフェミ論』(http://ameblo.jp/ktb-genki/)、twitterは@KTB_genki。初の著書『恋愛氷河期』が発売中

関連記事(外部サイト)