挿入の感覚が味わえる!3つの素股体位

挿入の感覚が味わえる!3つの素股体位

記事画像



「ラブリサーチ」にて、会員女性に『彼とのラブタイムで「素股」をしたことはありますか?』というアンケート調査を実施した結果、「はい」が49.2%、「いいえ」が50.7%の僅差でした。およそ半数の女性が経験しているプレイですから、せっかくなら自分もチャレンジしたいと思った方もいるでしょう。好奇心旺盛な姿勢は素晴らしいことです。

 そこで今回は、素股を楽しむ様々な方法を3つご紹介します。

===============

Q.彼とのラブタイムで「素股」をしたことはありますか?

・はい(62名)

・いいえ(64名)

回答時期:2016.01.21〜2016.01.29

総回答数:126名

===============

◆素股って何?

 ところで、「素股」という言葉を初めて知る方もいらっしゃることでしょう。「そもそも、読み方がわからない」という人もいるかもしれませんね。「素股」と書いて、「すまた」と読みます。素股とは、男性器を女性の「股」で挟み、摩擦や圧迫による刺激を楽しむプレイのことです。

「股で挟むだけ? 挿入したほうが気持ち良いのでは?」と思うかもしれませんね。その点は、素股と挿入は全くの別物と考えてください。アンケートのコメントからも、「シチュエーションに興奮する」「彼が『膣とは違った感覚が気持ちいい』と言ってくれた」など、前向きに素股を楽しんでいる声が、多数寄せられています。

 素股にも、挿入と同じように、いくつかの体位バリエーションが存在します。それぞれの体位が持つ魅力を、余すところなくお伝えしましょう。

◆正常位素股

 素股プレイデビューのお二人は、まず正常位からお試しください。初めてでも、比較的簡単に快感を味わうことができます。ポイントは、ローションをたっぷり使うこと。ローションのヌルヌル感で、愛液のテイストを演出しましょう。男性が早漏だったり、コンディションによっては「今夜は早くイッてしまう」というケースもあるかと思います。そんなシーンの「休憩体位」として、正常位素股を上手にご活用くださいね。

◆後背位素股

 一緒にバスルームでイチャイチャしている際に、エッチな気分が盛り上がり、お互いに「挿れたいね…」ということもあるでしょう。盛り上がっているからこそ、部屋までコンドームを取りに行く時間が惜しい! そんなときは、バスルームの壁に手を突いて、バックの体位にあたる後背位素股で埋め合わせしましょう。ボディソープがローション代わりになります。ベッドまで待てないときの「即席体位」として、ひと役買ってくれますよ。

◆騎乗位素股

 焦らしテクニックとして、女性上位の体勢で素股に挑戦するのもアリ。正常位素股と同様に、内ももにローションをたっぷり塗った状態で、男性器を挟みます。あとは、硬さを楽しむことに集中して、緩急つけながら腰をスライドさせるだけ。我慢できなくなった男性が腰を突きあげようとしたら、サッとかわし、焦らしましょう。「もう我慢できない…!」のセリフが出るまで、引き延ばすのも楽しいですよ。

 どの体位も、難しく考える必要はありません。内ももを膣と思えば簡単にイメージできるはず。挿入とは違う興奮と快感をご堪能くださいね。

▼ライター:菊池美佳子さんプロフィール

1977年3月17日生まれ。20代の頃に様々なナイトワークを経験、男女の性愛について身をもって学ぶ。引退後はコラムニストに転身。

<コンテンツ提供/ラブリサーチ>

【ラブリサーチ】

女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。

★体位を楽しむ! もっと感じるセックスの「腰使い」

★愛を感じる体位NO.1! 「座位」の正しい動き方

★マンネリカップルにおすすめ! お風呂で試したいオススメ体位4つ

関連記事(外部サイト)