ハロウィンでモテる仮装のコツ3つ。やりすぎは男に逃げられます

ハロウィンでモテる仮装のコツ3つ。やりすぎは男に逃げられます

記事画像



 こんにちは、東京姉妹・くるみです!

 もうすぐハロウィンですね! くるみは1年でいちばん好きなイベントがハロウィン! だって、女子はコスプレ好きでしょ? 最近はハロウィンって、ただの仮装パーティですよね。いつもはできない格好をして夜の街を歩き、バーやクラブでお酒を楽しむ。こんなの1年に1回しかできないですよね〜。

 ハロウィンでは、もう1つ楽しみがあります。それが男性の視線を集めること。女子だけで遊んでいてもただの自己満。男性に声を掛けられることは、自分の存在価値を確認できる作業でもあります。

 気に入った男の子がいたら、こんな非日常の夜くらい、ワンナイトしてもいいでしょう?

 そんな今回は男性に声を掛けられやすいハロウィンコスプレのポイントをご紹介します。

◆衣装はガーリーなものを

 可愛ければ、何のコスプレをしても映えるのですが、もしあなたが顔や体型に自身がないのなら、まず選ぶべきコスプレは、男ウケの良いガーリーなものにしましょう。たとえば、エンジェル、メイドさん、ナース、またはキャラものも良いでしょう。

 顔が可愛くないのに、リアルゾンビの格好をしてしまったら、まるでその場のお笑い担当みたいになってしまい、まったく男性から声がかかりません。せめて衣装くらい可愛いものを身につけて、華やかに演出しましょう。

◆ゾンビメイクは1か所だけに

 メイクはもちろんいつもより派手に! できれば1か所だけゾンビメイクを施しましょう。やりすぎると気合が伝わってしまい、逆に声を掛けられにくいですし、衣装は着てるのにメイクがいつも通りだとアンバランスで、何がしたいのかよくわかりません。

 男性だって声を掛けるきっかけを探しています。そんなとき、1か所だけに施したゾンビメイクがその役割を果たしてくれるのです。

 施すメイクはなんだってOK。唇のサイドから黒い線を引いて縫った跡のようにしてもいいし、目の横から血を出したように赤いリップを塗るのも可愛いですね。

 メイクを始めて気分が乗ったからといって、やりすぎには注意してください。

◆寒くてもガマン! ほどよく露出すべし

 今年のハロウィンは10月31日。日本の気候ではすっかり秋が深まり、涼しくなっている時期ですね。事前に準備していたコスプレも、当日その格好のまま街を歩くには正直、寒いはずです。どんなコスプレもアウターを着ないと無理ですよね。

……しかし、そこは我慢! ホッカイロを貼ってでもほどよく露出してください。お気に入りのコスプレを披露して自分の気分も上がりますし、男性の視線も集められてそれ以上、気分の良いことはありません。

 ここで重要なのが“ほどよく”という加減です。あまり露出しすぎると目立ち過ぎてクラブなどの混雑している場所では、不特定多数からすれ違いざまにお尻などを触られるターゲットになってしまいます。ミニスカートや谷間を少し見せるくらいで十分。

 セクシーさで男性からの視線を集めて、チヤホヤされながらハロウィンの夜を楽しみましょう。

 1年に1度の最高に楽しい夜を!

 東京姉妹・くるみでした!

<文/くるみ>

東京姉妹・くるみ●合コン参加回数300回以上の経験から恋愛のプロとして「AM」や「女子SPA!」などのウェブメディアで連載を持つ人気ライター。妹・知恵と共にブログ「東京姉妹」、オンラインサロン「恋愛市場で勝ち抜く!東京姉妹の最強モテ道場」、「モテ最適化クリニック」を運営

関連記事(外部サイト)