セックスレスの彼と婚約。幸せだけどキスさえなくて不安です【性活相談】

セックスレスの彼と婚約。幸せだけどキスさえなくて不安です【性活相談】

記事画像



【AV男優・森林原人の性活相談 第62回】

経験人数8,000人、出演本数10,000本以上、下は18歳から上は69歳まで、性別の垣根を越えてさまざまなエッチを経験するAV男優・森林原人が、女性の性に関するお悩みに答えます。

◆ムラムラしない男性もいるの? それとも…

相談者:匿名・25歳

 私には付き合って4年の彼氏がいます。現在、彼は32歳で私は25歳です。付き合ってすぐに同棲し始め、今はその彼と婚約し、とても幸せです。

 ですが、付き合って2年目くらいから彼とはセックスレスです。付き合って半年は週2、3回でしたが、それ以降はだんだんと回数が少なくなり、今では1年に2、3回くらいです。それも彼が酔ってる時だけ。

 元々キスなど愛情表現をしない彼ですが、さすがに不安になり、2年目からは私から誘っていました。その度に応えてくれていましたが、やはり彼から触ってもらえないことに悲しい気持ちになり、今は私からもありません。

 彼に経験がない、身体に不安があるなど、そういったことはないです。夜寝るときは私に抱きついたり、膝枕を求めたりすることもあるので、全く愛情がなくなったわけでもないと信じています。

 なので先日、私に魅力を感じなくなったのかどうか聞こうと決心しましたが、緊張のあまり「ムラムラすることある?」と変なことを聞いてしまいました。彼は「よく分からん」。それを聞いて、やっぱり私に魅力を感じなくなったのかなと悲しくなりました。

 愛情=性欲ではないと分かってはいますが、こんなにキスもセックスもないと、さすがに不安です。それとも本当に全く性欲がない男性もいるのでしょうか?

◆森林の回答

 いろいろと悩まれて、悩み過ぎて、悩んでいる自分がイヤになる一歩手前って感じですね。

 あなたの悩みをなくそうと思えば、たった一言で済みます。「性欲が全くない男性っていますよ」。この答えが聞ければ、あなたは好きになった男がたまたまそういうタイプの男だっただけで、私に問題があるわけじゃないと考えることができ、うじうじする必要がなくなります。

 もしそうなったとして、あなたはこの男性とのセックスを諦めるわけですが、セックス自体を諦めることも出来ますか?

 彼が酔っている時だけしかセックスしないのは、飽きているのとは別に、社会生活を共にする時間が増え、あなたに対して非日常性を感じることが少なくなっているからです。

 同棲カップルや夫婦などは、生活空間に当たり前のように相手が存在する「家族」という状態になっています。日常風景になった存在に対して、性欲が薄まってしまうのは当然です。見慣れているものに対してムラムラしなくなるのは視覚で興奮する男の性(サガ)です。

 そういった新鮮さの欠如を乗り越え、彼と夫婦となりながらセックスをし続けたいなら、日常生活にセックスの種をバラまくことが重要です。

 という話は前回(※セックスレス・カップルと非モテ男子に共通する「できない」理由)しましたが、もう一つ別の観点がありました。

 いつまでもセックスし続ける夫婦関係の男性達から聞いた意外な話があったのです。

◆「嫁フェチ」という性癖

 AVの撮影現場のスタッフの方で、結婚後10年くらい経っても、嫁とセックスし続けている方が何人かいます。その方たちに、「飽きないんですか?」と聞いてみました。そしたら、皆が口を揃えて言ったのが、「嫁が一番興奮する」。この答えには、正直僕も驚きました。飽きとか慣れをどう乗り越えるかがポイントだと思っていたので、全く別次元の回答でした。

 僕は興味津々で、「それって一体どういうことですか」とさらに聞きました。すると一人が、「言葉じゃうまく説明できないけど、そういう性癖なんだと思う。おっぱい好きとかお尻好き、何々フェチってあるでしょう。それと同じレベルで、嫁フェチなんだよ。嫁に欲情する性癖なの」と。

 僕は“嫁フェチ”なる言葉を初めて聞きました。もう好奇心が止まりません。当然、「どういうことですか?」と尋ねました。もう一人が考え込みながら口を開きました。

「う〜ん、なんでかなぁ? 嫁の母性に惹かれてるのかも。男はみんなマザコンだって言うでしょう。近親相姦モノが根強いのが何よりの証拠だし。じゃあ実際に自分の母親としたいのかというと違う。でもそこに惹かれるものはある。その深層心理の現実的な対象が嫁なのかな。う〜、やっぱりわかんない。

 でも、嫁の裸を見たいと思うし、トイレを覗きたいとか、生理の血がついたパンツを見てドキっとしたりするんだよね。いろいろな変態な人がいるけど、嫁に興奮し続けられるのが一番の変態だって言う人もいるくらいだし。もうほんと性癖だから、なんでこうなったのか何がきっかけでとか、意識できるところじゃないんだよね〜」

 なんだかわかったようなわからないような、いまいちピンとこないところもありますが、嫁とし続ける人に共通する何かがあるのは確かなようです。嫁フェチ。傾向としては少なそうですが、そういった男性を見つけられればセックスで悩まないで済む結婚生活が送れそうです。

◆母になるか、女になるか

 ただし、あなたもわかっていると思いますが、必ずしも「セックスがない=不幸せ」ではありません。相談の冒頭で、あなたは幸せだと言い切っていますので、まずは今ある幸せを噛み締め、相手のあなたに対する気持ちを信用することです。それができれば、結婚自体はうまくいくはずです。

 おそらく、彼があなたに求めているのは女であることではなく、母親に近い女性であることです。男はみんなマザコンだと言いますが、たとえそうだったとしても、近親相姦ものが好きな男もいるし全く興味を示さない男もいます。母親像を求めたからといって、それがセックスに結びついていない場合は、母親のように身の回りの世話をしてくれることを望んでくるでしょう。

 女である前に家族でいて欲しい。それはそれで一つの考え方ですから、お互いが納得していればいいと思います。もし納得できないのならもう一度決心をし、ぼやかした質問をするのではなく、ちゃんと的を得た問いで話をし、あなた達だけの正解を見つけてください。

<TEXT/森林原人>

【性活相談者を募集!】

森林原人さんに悩みを相談したい方は、こちらのお問い合わせフォーム https://joshi-spa.jp/inquiryまで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【性活相談】を入れ、お送りください。

※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。

【森林原人/モリバヤシ ゲンジン プロフィール】

35歳。AV男優歴16年。日本人の生涯セックス回数は、年平均46回×60年=2760回で、この4倍近くセックスしていて、セックス経験だけで言えば3回生まれ変わって只今4回目の老後を満喫中。

★Twitter始めました(@AVmoribayashi)

関連記事(外部サイト)