鼻毛ブラジリアンワックス@サロンを体験してみた!【閲覧注意】

鼻毛ブラジリアンワックス@サロンを体験してみた!【閲覧注意】

写真はイメージです



 突然ですが、鼻毛の処理ってどうしてますか?

 私は基本、カット派でしたが、たまに1本だけ出てきたりする場合は、抜いて涙目になることもありました。気づいたら成長している鼻毛って、どうにかしたいものです。

 そんな時、鼻毛のブラジリアンワックスはごっそり抜けると聞き、数週、カットをガマンして伸ばして体験してきました。

 恥部をさらけ出す感じで申し訳ないですが、閲覧注意なグロ画像があるのでお気をつけください。他人には理解できませんが、私の可愛い身体の一部たちです、遠目かつ薄目で眺めて、「こんな量が自分にも…」と思って頂ければ幸いです。

 都内某所のエステを予約。だいたい、鼻毛ブラジリアンワックスの相場は2000円前後のようです。指の腹で鼻の穴にフタをすると、なんとなく、“フッサー”という伸びた鼻毛の存在感を感じているので、これは期待できますね!

◆はじめての鼻毛ブラジリアンワックス

 お店に入るとまずはカウンセリングです。なんだか、鼻毛だけで予約したのにカウンセリングするのも申し訳ない気持ちになります。

「鼻毛でしたら一瞬なので、それほど痛くないですよ」と担当のお姉さんの言葉にほっとしました。

 ベッドに横になると、鼻掃除をしてくれました。これは、鼻の中の油分を取って、よりワックスを絡めやすくするためのようです。

 私、実は、鼻くそ付いたらどうしようと思って、一瞬トイレに行ってティッシュで拭き取りましたが、丸腰でいけちゃう感じだったんですね。

 いよいよワックスです。アイスの棒みたいなものに、ワックスを絡め、それを左の鼻の穴に詰めました。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=742856

 あったかい! 穴の半分より下を中心に外側から軽く押さえます。

「人の鼻の穴の形って違うんで、ぴったり形状記憶するように押さえるんですよ」と説明してくれました。

「奥の方をやらないのは、そこまで抜いちゃうとホコリや雑菌から守れなくなっちゃうので見える側だけやるんです」とのこと。2分ほどでワックスは固まるのでお話をしているとあっという間です。

「固まりましたね、抜きますよ」といよいよ漁の時間がやってきました。

◆痛みよりも、ベリッという音と重さ・手応えを感じた

 ドキドキを楽しむ間もなく、急にざっと引っこ抜かれました。「せーの」とか合図ないんだ? ちょっと驚きましたが、本当に一瞬でした。

 痛さで言えば、何故か1本ずつ抜く方が痛いと思います。ベリッという音が聞こえるのと、重さというか手応えを感じるので、痛みとは別モノの気がします。

 まず目に飛び込んでくる鼻毛の大漁具合に気を取られるので、不思議と痛さは感じません。「マジか!」と思わず声が出てしまうほど黒く太い毛がびっしりです。そして、明らかに鼻の中の空気抵抗が違うことに驚きます。

 まだ残っているようで、間髪入れずにもう1回です。2回目も思ったより抜けてびっくりです。こんなに鼻毛を携(たずさ)えて、人と会ったりしていたこの数週間が恥ずかしくなってきました。でも、こんなに見とれるほど鼻毛が抜けるんだから、やはり伸ばして来たのは正解です。

◆アナザー鼻の穴。新しい発見にショックを受ける

 次は右の穴です。ワックスが固まるまで、手鏡で自分の姿を見ました。すっげー、ブス!

 抜いたばかりの左の穴を覗き込むと、奥の方は残しているのでだんだん気になってきました。「ツルツルになりたい…」そんな欲すら湧いてきます。「やっぱり奥の方は結構残すんですね」と私。

「奥の方は傷つきやすいので、抜いちゃうとばい菌等で、ニキビが出来る方もいます。めんちょうがずっと続く感じです」とお姉さん。聞いただけで痛い。ごめんなさい、奥の方も全部抜けとかもう思いません。

 そうこうしているうちに、右穴も固まり、一気に抜きました。

「すご〜い!」とお姉さん。大漁すぎたの? と記録更新でもしたのかと思いましたが、「白髪が取れた! しかも長っ!」とお姉さん。

 本当だ、頑丈で長い白髪がありました。自分の老化現象がこんなところまで迫っているのにショックを隠せませんでしたが、感傷に浸る間もなくだめ押しの2回戦です。

 右穴は二度目でも、根こそぎ抜いた感じはしました。鼻で深呼吸すると、空気の通り方が新鮮です。これは癖になりますね。

 砂鉄の集まりのような自分の鼻毛をしばらく眺めていたところ「良かったら持ち帰ります?」とティッシュにくるんでくれました。自分しか楽しめませんが、そのお土産システム、ちょっと嬉しかったです。この自分の分身である見事な鼻毛の束を見ながら酒を飲みたいものです。

 なお、冒頭でお伝えした閲覧注意のグロ画像とは、抜いた鼻毛の束の下記の写真です。興味のある方のみご覧ください…。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=742864

◆嗅覚の違いは分からなかったが、鼻通りが爽快!

 帰宅途中も携帯に保存した写真を見てはニヤニヤが止まらず、気づいたら電車の中で指確認したり、鼻の穴を開いてみたり、あからさまな深呼吸をしている自分がいます。完全に様子がおかしい人。

 その日の夕飯は外で食べました。酒を飲む言い訳ですが、香りのある日本酒を飲み比べしてみましたが、残念ながら、嗅覚の違いは私には分かりませんでした。

 鼻毛ワックスをして数日経過中ですが、鼻通りの爽快感は続きます。今まで鼻毛で巻き取られていたであろう、通常時の鼻水(鼻汗に近い)が通る感覚はダイレクトです。

 鼻毛があった頃は鼻くそがたまりやすかった気がしますが、この数日はそんな大物は出てこないので、ひょっとしたら衛生的にもいいかもしれません。

 鼻毛のある私と鼻毛のない私なら、鼻毛なしで生きていくことを選びたいと思いました。1カ月、また頑張って伸ばして抜きにいきたいです。

<TEXT/タケダマコ>

関連記事(外部サイト)