出会いアプリのヤリモク男は巧みな手口。結婚をあせる女性は注意!

出会いアプリのヤリモク男は巧みな手口。結婚をあせる女性は注意!

写真はイメージです



<ミフルのGATC(Gocon And The City) vol.71>

 アナタはペアーズ等の出会いアプリを使用したコトはありますか?

 以前にPairs(ペアーズ)とTinder(ティンダー)それぞれについての突撃体験レポをお届けしましたが、ネットを介する出会い方が昔と比べ、ポピュラーになってきているとはいえ、やはり中にはヤリモク男も一定数いるのが現状です。

 そんなヤリモク男たちの手口を紹介しますので、出会いアプリに興味のある方は是非ご参考ください。

◆ハイスペのヤリモク男は誘い方もインテリ!?

 筆者が使った出会いアプリは、安心安全な恋活・婚活アプリとしての地位を築いているものでしたが、将来の旦那探しのために勇気を振り絞って登録をした純粋な女性たち(!?)も、遊び相手として食い散らそうとする男性たちは一部とはいえ存在したわけです…その卑劣な手口とはどういったものかと言いますと。

 そのアプリでは、相手の年収や職業、出身大学等のスペックを指定して探せたので、せっかくなのでハイスペック男を筆者は希望していました。ですので…というわけでもないですが、ヤリモク男もインテリらしさを感じさせる誘い方だった印象です。

◆「新しい扉ひらいてみない?」

 外資系銀行勤務の元アメフトマンで、見た目もスペックも文句なしでしたが、指定してきたデート場所が、なんと彼のマンションの目と鼻の先でした。コレは……間違いなく狙ってますね。

 彼はこのアプリでは20人以上の女性とデートした経験があり、出会いアプリ大先輩だったワケですが、家への口説き文句が匠の技でした。

「せっかくさぁ、出会いを求めてこのアプリに登録したワケでしょ? もしかしたら一生会うコトがない人と出会ったりできているかもしれないよね。そしたら冒険してみないと損じゃない? 一緒に新しい扉、開いてみない?」

 イケメンだしなんか説得力!? もあるしグラッとしましたが。要するに

=「俺んち来てエッチしようよ」

 って意味でして、先のコトを想像してハッと我に返り、お断りしました。それきり連絡はきませんでしたが。

◆「早めに確認した方がいいよ」

 こちらも外資系で証券会社の方でした。(※このアプリで高年収を選択すると外資系の方が多いです)

 出会いアプリでは、プロフィールを詳細に登録している方がマッチングしやすくなるらしく、筆者もできるだけ詳細に情報を入力しており、結婚に対する意思では「すぐにでもしたい」を選択していたためか、痛いところを突かれました……!

「結婚急いでるんだよね? だとしたら、顔や性格の相性だけではなく、身体の相性も早めに確認した方がいいと思うよ? だって時間をかけて相性を確認して、いざエッチして相性最悪だったらどうするの? “時間を返して”ってならない(笑)!?」

 そうそう……、結婚焦ってる、確かに身体の相性も大事ではある……なるほど!ってコラ〜! と自分ツッコミを入れてから、タダのヤリモク男だと気付きました。

◆このアプリでのヤリモク男は言葉巧みな策士が多かった

 ちなみに10人の男性とデートして、うち2人がヤリモク男でした。

 このアプリではハイスペ男ばかりを狙って会っていたため、ヤリモク男も言葉巧みな策士が多かったです。

 ですが、以前にレポートしたアメリカ発のTinder(ティンダー)では、無料アプリだからか、女性もチャラく見られやすいようで!?(Tinderは外国人に出会える確率が高く、「外国人目当ての女性=軽い」というイメージを持つ男性が多いからかも)。

 もう少し雑なヤリモク男が多かった印象です。次回はそんな“from Tinder”のヤリモク男の実情をお届けしますね。

<TEXT/ミフル>

関連記事(外部サイト)