爆破テロのショックでアリアナ・グランデは“ヒステリックな状態”、ツアー延期か

爆破テロのショックでアリアナ・グランデは“ヒステリックな状態”、ツアー延期か

アリアナ・グランデ



 現地時間22日(月)22時35分ごろ、英マンチェスターで行われたアリアナ・グランデのコンサートで爆発が発生し、22名が死亡、50名以上が負傷した。テロの可能性があるとして捜査が進められている。

 2万1000人を収容可能なマンチェスター・アリーナで起こったこの爆発後、アリアナはツイッターで「心の底から残念に思っています。言葉が出ません」とコメントを発表した。

 現在アリアナは、ベルリン、ポーランド、ドイツ、スイス、フランス、ポルトガル、スペイン、イタリアなどを回るヨーロッパツアーの真っ最中だが、25日(木)に予定されていたロンドン公演の中止、そのほかのヨーロッパ公演も延期することを検討しているとみられている。

 複数の関係者によると、アリアナはコンサートを楽しみに来ていた若者たちが犠牲になった事実に、精神的に打ちのめされているという。ニュースサイト「TMZ」は、アリアナは現在「ヒステリック」な状態でパフォーマンスできる状態ではないと報じている。また、アリアナ本人やスタッフたちが、警備に関して大きな懸念を示しているということも伝えている。

 テリーザ・メイ英首相は、この爆発の被害者を追悼するコメントを表明し、警察はこの爆発をテロ事件として扱っているとしている。

 爆発が起こった同アリーナでは今週、人気グループのテイク・ザットによる3公演が行われる予定だったが、今回の事件を受けて延期を発表。同グループは、犠牲者に対し心からの哀悼を示した上で、リバプールで行われる予定だった公演の延期も発表した。

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

関連記事(外部サイト)