手を叩いて笑うな!デートでの食べ方や目線、OK/NGしぐさの法則

手を叩いて笑うな!デートでの食べ方や目線、OK/NGしぐさの法則

男に覚悟を決めさせるモテしぐさ



<これが「モテしぐさ」だ! Vol.2>

 初デートには誘ってもらえたものの、2回目につながらない。こんな経験者はもしかしたら非モテオーラを放つ「しぐさ」が原因かも!?

 そこで今回は、専門学校で5000人以上のタレント候補生にポージング指導をし、『オトナ女子のためのモテしぐさ図鑑』などの著書がある中井信之さんに話を聞きました。

「初デートで彼を虜にするしぐさ」と、男性が「今夜は帰さない!」と覚悟を決めるしぐさ、2つをご紹介します。(以下、コメントは全て中井さん)

◆「食べしぐさ」が原因の失恋は意外と多い!

 初デートに緊張はつきものですが、姿勢だけは忘れないようにすることがデート成功の秘訣。

OKな姿勢:彼と向かい合わせに座った席では、一の腕の真ん中をテーブルの端に置くように意識しておく。姿勢が良く上品に見えます。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=712128

NGな姿勢:テーブルに近づきすぎるとワキが広がってしまいます。逆に遠すぎると足が内側に入り込んでしまい、姿勢が悪く映ります。

 姿勢を意識した後は、3種類の食べ方を回避して「ザンネン女子」から脱出を。

1. リス喰い……食べ物を頬にパンパンに入れてしまう。特に話が弾んでいるとき、頬に入れたまま受け答えをしがちですが、口の中の食べ物が見えて相手は激萎えです。

2. アリクイ喰べ……舌で食べ物を受け取るように食べる。いやらしい感じがして下品。

3. フーフー……熱いものを冷ますときにフーフーしすぎると汁が飛んで洋服を汚すハメに。洋服の虫食いの原因にもなります。

◆「今夜は帰さない!」男に覚悟を決めさせる「HKKの法則」

 何度かデートを重ねていて、こちらがOKサインを出しているのに彼が決断してくれない。そんなときは、デートの終盤戦で「HKKの法則」をフル活用! 場所はバーなどお酒が飲めるお店で、2人が向き合う席に座った場合に効果を発揮します。

・上半身はカタムケル(K)……相手に近づきたいと思うと、自然と頭が前に出ます。すると、片ヒジが前に出て上半身がカタムキます。

・肩は後ろにヒネル(H)……この後、頬杖をついてその反対側の肩をヒネリます。これで猫背にならず、美しく胸が開かれます。

・彼の瞳に視線をカサネル(K)……隙のある「ゆるいムード」が完成。彼に「大丈夫?」と聞かれたら、「どうしよう、ダメみたい」と答えるのがベストです。

◆「本気でウケてくれた子」に男は本気で恋をする!

「男はいつも女性を笑わせたい生き物です。彼を虜にしたいなら、口角を上げて微笑むよりはちょっと豪快に笑うぐらいのほうがオススメ。合コンでモテる女性を観察してみると、男子のつまらない話にも、細かい反応を返してあげているものです」

 では、OKな笑い方とNGな笑い方の差はどこにあるのでしょうか。

OK……「ハライタ笑い」

1 「フフフ」とこらえるように笑いながら、上半身を前にカタムケル。

2 「アッハハー」とお腹を抱え込むんで笑うと華やかさが添えられる。手をお腹の前に置く際、さりげなくワキは閉めること。笑い終えたらそっと目尻を拭い、「◯◯さん面白すぎ〜! ここ数ヶ月で一番笑ったかも〜っ」等のコメントを添えて、本気笑いであることを伝えるのも手。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=712130

NG……「手拍子笑い」「のけぞり笑い」

「ウケる〜」などと言いながら手をバンバン叩く、隣の人を叩いたり足をバタバタ動かしたりするなど、うるさすぎる笑いは下品。ナチュラルで大きな笑い方が男性の心をとらえるのは事実ですが、手拍子笑いは敬遠される原因につながります。

 次回は、「育ちがいい、と思われるしぐさ」をご紹介します。

<TEXT/内埜さくら>

【中井信之(なかい・のぶゆき)】

ポージングディレクター・俳優・モデル・イメージコンサルタント。ワタナベエンターテイメントカレッジ等、専門学校で5000人以上のタレント候補生に指導。著書に『一流の人はなぜそこまで、見た目にこだわるのか』(共著)、『美人な「しぐさ」』、『オトナ女子のためのモテしぐさ図鑑』『オトナ女子のためのモテしぐさ図鑑』などがある

【内埜さくら】

恋愛ライター。これまでのインタビュー人数は3000人以上

関連記事(外部サイト)