梅雨に着るおしゃれな服がない!どこで買えばいい?

梅雨に着るおしゃれな服がない!どこで買えばいい?

記事画像



●連載「ファッション誌が答えてくれない相談」31 by小林直子●

◆Q.梅雨の服装がよくわかりません

 梅雨の季節になると、何を着ていいのかまるでわかりません。雨用のおしゃれな服はどこに売っているのでしょうか?

◆A.現状はアウトドアウエアが現実的です

 気候変動の影響でしょうか。近年、梅雨の期間が長くなってきました。関東でいうと、去年は1か月半近くも梅雨でしたから、これはもうひとつの季節と考えていいでしょう。そこで困るのは衣服です。

 洋服とはその字にあらわれているように、西洋の衣服ですから、梅雨という季節の対策はありません。ヨーロッパは湿度が低く、日本のように雨がスコールのように降るということもありませんから、日本の梅雨のような湿度、気温ともに高い季節に対応した衣服はないのです。ではどうしたらいいのか。

 残念ながら、今のところはっきりとした正解はありません。日本で売られている衣服には、梅雨に対応するものが少なく、湿度と気温対策がなされていないので、この季節に適した服は皆無ではありませんが、まだまだ少ないのが現状です。

 そんななか、だんだんと増えてきたのが高機能素材を使った衣服です。湿度を通す透湿、すぐ乾く速乾、汗を素早く吸い取る吸汗など、それぞれ特性を持った化学繊維を使ったものが徐々に増えてきました。

 しかし、増えたといっても、レインコートやインナーウエア、よくてシャツ程度で、衣服全体に及んでいるわけではありません。例えばデパートの婦人服売り場へ行ったとしても、レインコートを除いてはデザインが豊富とは言えず、選べるものは少ないでしょう。

 ですが、これらが充実している分野もあります。それはスポーツとアウトドアのウエアです。こちらは昔から高機能素材が用いられたレインジャケット、インナー、Tシャツ、パンツなど、各種売られていて、色もスタイルも豊富です。最近はスポーツウエアもアウトドアウエアもデザインが進歩して、街着に通用するものが十分増えていますから、これらのなかから選ぶのもよいと思います。

◆麻とシルクも候補のひとつ

 またもうひとつ、日本の梅雨〜夏に合うスタイルを提供してくれる分野もあります。湿度があるような国、もしくは酷暑の国で発達したスタイルです。例えばフランスの植民地だったベトナムや、イギリスの植民地だったインドやアフリカの衣服は西洋の影響を受けつつ、その地域の気候に合った形で発展、洗練されていますから、このように梅雨、そして暑い夏と続く日本には適しているものも多くあります。

 植民地のスタイル、つまりコロニアルスタイルの代表的なものとしては、白や生なりの麻のスーツ、サファリジャケットやチノパンツがあります(サファリジャケットとチノパンツは軍服でもあります)。またインドの手織り生地であるカディというコットン素材でつくられたシャツやワンピースは汗も吸収し、着ていて涼しいです。シルク素材も汗は吸いますし、着ていて涼しく感じます。手洗いとアイロンがけを面倒と感じるかもしれませんが、梅雨の季節に向いている素材です。

 でも、アウトドア、スポーツ、そしてコロニアルスタイルのいずれも、カジュアルなスタイルですので、一般的な企業への通勤着として適しているとは言いがたいです。ですからよほどカジュアルなスタイルが許されている職場以外、これらで通勤するのは難しいかもしれません。確かにコロニアルスタイルのなかには麻のスーツというオフィシャルな場に向いているスタイルもありますし、とても格好がいいです。しかし、今の日本で白い麻のスーツが似合う職場は少数でしょうし、実際に1日じゅう、麻のスーツで過ごすのは難しいだろうと思います。

 となると私たちにできる梅雨の通勤着のスタイルは、高機能素材を使ったインナーウエアを着る、雨の日はレインコートを着て、レインブーツを履くなどでしょう。と同時に、アパレルメーカーへ、高機能素材を使った通勤着が欲しいという要望を上げたり、リクエストしていく。そうすることによって、徐々に日本の梅雨に適した通勤着が増えていくことと思います。

<TEXT/小林直子>

【小林直子】

ファッション・ブロガー。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒、文化服装学院卒。東京コレクション参加ブランドのパターンナー、大手アパレル会社の企画室を経て独立。現在、湘南エリアを中心に独自に開発したメソッドによるファッション・レッスン、各種ワークショップを開催するなど活動中。新刊『わたし史上最高のおしゃれになる!』発売中。ブログ『誰も教えてくれなかったおしゃれのルール』

関連記事(外部サイト)