1円単位のワリカン!アラフォー男の金銭感覚にア然…【シングルマザー妊活】

1円単位のワリカン!アラフォー男の金銭感覚にア然…【シングルマザー妊活】

記事画像



【シングルマザー社長の妊活記 Vol.17】

 バツイチシングルマザーの杉沢です。いよいよ本格的に焦ってきた今日この頃。第2子欲しさに電車やバスの中で赤ちゃんを抱っこしている女性を見ると、何とも言えない気持ちになるのです。とにかく、1日も早く相手を見つけて子作りしなくては! このままでは、想像妊娠しちゃうかも!!

 そんなある日、男友達のA君から温泉旅行のお誘いが。その言葉には下心なんてものは無さそう。私も軽い気持ちでOKし、娘を連れて草津温泉に行くことになりました。

【スペック】

年齢:36歳

職業:飲料メーカー勤務

推定年収:600万円

結婚:未婚

外見:V6イノッチ似

性格:真面目・几帳面のA型

◆至れり尽くせりの温泉旅行、夜は当然……

 事前の予約も全て任せっきりで、当日も自宅まで迎えに来てくれたA君。ありがたや〜。

 草津に到着すると、まずはランチ。昼間っから日本酒を煽ったため、そこそこの値段になったものの、何も言わずにA君がお支払い。観光や買い物も全て出してくれて、なんて男らしいんだと終始感激!

 その後も念願の温泉にゆっくり浸かることができたり、大好きな日本酒を好きなだけ飲んだりと、これ以上ない幸せな1日でした。

 その夜、布団の中で「もしそういう雰囲気になっても、今日1日のことを考えると、断る理由もないしなぁ……」とぼんやり考えていると、案の定覆い被さってきたA君。

 酔いが回り過ぎてしばらくはされるがままの私でしたが、突然、すぐ隣で娘が寝ているという現実に気づき、ハッと我に返ったのです。

私「ごめん! やっぱ無理!! 子供が寝てる隣でなんて絶対無理!」

A「ごめん。そうだよね。」

 正気に戻った私は、脱がされかけていた下着を履き、慌てて娘の布団に滑り込んだのでした。

◆昨夜の気まずさとは一変、誠実な態度にキュン

 翌朝、気まずさに目も合わせずギクシャクしてしまう私でしたが、

A「昨日はゴメンね。俺、急がないから。志乃ちゃんのタイミングで。」

と私の目を真っ直ぐ見つめて言うのです。

「あれ!? 怒ってない!? しかもなんかいいかんじ!?」

 その真摯な姿にキュンとし、「あぁ、私の妊活もそろそろ終わりを告げるのかしら……」と期待に胸を膨らませていました。

 しかし、そんな淡い期待を抱いたのも束の間、数時間後には大後悔することに……。

◆今まで完璧だったのに!最後の最後で目がテンに…

 それは、帰りのサービスエリアでトイレ休憩をしていた時のこと。

 A君がおもむろに出してきのは、領収書の束! よく見ると、前日からの飲食代や、観光先で支払った数百円の入場料、宿代、酒代、ガソリン代、高速代と、とにかく今回にかかった全ての領収書を出し、スマホの計算機でせっせと計算し始めたのです。まさか!? とは思いましたが、そのまさかでした……。

A「じゃあ清算するね。38723円もらっていい?」

私「え? あ、うん……。」

 私の引きつった顔にはまるで気付かず、笑顔のA君。その後、帰宅するまで私が無言だったのは言うまでもありません。

 ワリカンが悪いとは思いませんが、何も1円単位までしなくても……。私がワリカンする時は、こちらが多めに払い、残りを相手に出してもらうという形にするのになあとモヤモヤ。至れり尽くせりだった上、必ずおごって! とはいいませんが、この1円単位のワリカンは彼との金銭感覚の違いをまじまじと感じた瞬間でした。家族になる上で、お金に対する感覚の違いは大きいですよね。

 ということで、今回も残念ながらお相手に至らずという結果になりました。

<TEXT/杉沢志乃>

【杉沢志乃(すぎさわしの)】

35歳。東京生まれ。ナンバーワンホステス時代に独学で行政書士試験に合格。25歳で小説『キャバクラ嬢行政書士の事件簿』(ゴマブックス)を出版し、翌年『キャバギョ!』でDVD化。以後シリーズ3まで出版。映像メーカー広報部を経て、現在は女性向け映像メーカー「ラ・コビルナ」の代表取締役社長となる

関連記事(外部サイト)