小林麻央にエール!“がん”から復帰した意外な芸能人たち

小林麻央にエール!“がん”から復帰した意外な芸能人たち

記事画像



 2016年6月に乳がんを公表し、闘病生活を続けている小林麻央(34)。4月には、生死に関わる輸血を受けていたことも大きな話題になりました。そんな彼女の懸命に生きる姿に多くの人々が心を打たれています。

 ここ数年、芸能人が病気を公表することが珍しくありません。以前は病気とわかると仕事が減るため業界ではタブー視されていましたが、現在はオープンにしても支障がないということがわかり、多くの芸能人が公表に踏み切っています。

 そこで、実はがんと闘病した経験があると聞いて「驚いた」「意外だ」と感じる芸能人を30代女性200人に聞いてみました(※)。

======

がんと闘病した経験があると聞いて「驚いた」「意外だ」と感じる芸能人は誰ですか?(複数回答、カッコ内は病名)

8位 ピーコ(メラノーマ) 16.5%

8位 柴田恭兵(肺がん) 16.5%

8位 北斗晶(乳がん) 16.5%

7位 渡辺謙(胃がん) 18.0%

6位 だいたひかる(乳がん) 18.5%

4位 つんく(咽頭がん) 20.0%

4位 和田アキ子(子宮がん) 20.0%

======

 北斗晶(49)は2015年7月に乳がんに罹患(りかん)したこと、手術を受けることを公表しました。「元プロレスラーで鬼嫁」という病気とは真逆の強いイメージだっただけに、意外と感じる人が多かったのでしょう。

 現在は仕事復帰し、病気前と変わらず元気な姿を見せてくれています。

 2014年3月に早期の咽頭がんが発覚した、音楽プロデューサーのつんく(48)。歌手としてもヒット曲を連発しただけに、2015年に声帯を摘出した時は衝撃的でした。

◆3位 大竹しのぶ(子宮頸がん) 23.5%

『金スマ』(TBS系、2016年8月5日放送)で、「私、子宮頸がんでした」と告白した大竹しのぶ(59)。はっきりとした時期は明言しませんでしたが、明石家さんま(61)と離婚した1992年末ごろに発見されたと推測されます。

 幸い初期段階で発見されたためレーザー治療のみで済んだそうですが、大女優の突然の告白に驚いた女性たちが多かったようです。

◆2位 宮迫博之(胃がん) 24.0%

 宮迫博之(47)が胃がんの手術を受けたのは2012年12月のこと。医者から告知された時は、地面が揺れるような感じがしたほど衝撃を受けたといいます。

 元気なイメージが強いうえに、42歳という若さでの発病には驚きを隠せないですね。

◆1位 野際陽子(肺がん)26.0%

『週刊ポスト』(2016年5月6・13日号)に報じられた、野際陽子(81)の2年に及ぶ闘病生活。記事によれば早期発見で治療に成功するも、2015年に再発。再手術を受けたといいます。

 女優として第一線で活躍し続けているだけに、高齢ながらも「まさか!」という結果になりました。

 他にも、2010年7月に食道がんが発覚し、6時間に及ぶ手術を受けたサザンオールスターズ・桑田佳祐(61)。放送中の朝ドラの主題歌を担当するなど精力的に活動しているイメージがあるので、意外と感じる人が少なくありませんでした(アンケート結果は13%)。

 タレントの原千晶(43)は9.5%という結果でしたが、30代で子宮頸がん、子宮体がんを患い、子宮の全摘手術まで受けています。現在は患者会を結成したり各地で講演会を行ったりするなど、その経験を生かしてがんに対する啓発活動を行っています。

 がんを患った多くの芸能人が口にするのが、「まさか私が……」という言葉。私たちにとっても人ごとではないということを、今一度意識しなければならないのかもしれません。

※【調査概要】

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

調査期間:2017年6月6日

有効回答者数:30才から39才女性200名

<TEXT/女子SPA!編集部>

関連記事(外部サイト)