レンチン「無限豆もやし」がすごい。包丁いらずの超美容食!

レンチン「無限豆もやし」がすごい。包丁いらずの超美容食!

記事画像



 高くても100円。

 最も安いヘルシー野菜と言えば、「もやし」。1袋30円前後という超低価格ですが、あと70円出すと、ものすごい「ハイスペックもやし」が買えるってご存知ですか?

 その名は、「豆もやし」。これは、いやゆる普通のもやし(緑豆を発芽)ではなく、「大豆」を発芽させたもやしで、先端にある「黄色い豆」と、甘くてコクのある味わいが特徴です。そこで今回は、「豆もやし」の魅力をご紹介。今話題の「無限ピーマン」ならぬ「無限豆もやし」の作り方もご紹介します!

◆ダイエット・むくみ対策に!食物繊維2倍、カリウム2.8倍

 まずは通常の緑豆もやしと比較してみましょう。

 食物繊維、葉酸、カリウム・・・。ダイエットやアンチエイジングのサポートとなる栄養素が圧倒的に優れています!

⇒【グラフ】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=717126

 むむむっ! こんなにも違うのであれば、迷わず「豆もやし」を選ぶべき。ちなみに、実際の消費動向を見てみても、最近の「豆もやし」の売り上げは好調の様子(※)。その理由は、栄養面だけでなく、調理のカンタンさにもありそう。はい、レンジ調理にベストマッチなんです!

※「大豆イソフラボン 子豆もやし(サラダコスモ)」の売り上げは、この2年(2015年3月〜2017年3月)で1.8倍に伸長。

◆袋ごとチンもできる!電子レンジ調理にベストマッチ

 豆もやしを加熱調理してみると、フライパンで炒める⇒豆の中まで均等に火が通らない、お湯で茹でる⇒せっかくの栄養素が流れ出てしまうなど…。意外とうまくいかないもの。

 ところが、この悩みを一気に解消してくれるのが、まさかの電子レンジ! 600Wで3分加熱するだけでOK。レンジ対応袋の商品を選べば、皿もラップも不要です。緑豆もやしに比べてべちゃべちゃになりにくいのもうれしいポイントです。

 ということで、人気爆発中の「無限ピーマン」にならい、「無限豆もやし」を作ってみましょう!

◆『無限もやし』こそ神!超カンタンレシピ

【材料】

豆もやし 1袋、ツナ缶 1缶、

鶏がらスープの素 大さじ1/2、しょうゆ 小さじ1、

ごま油 大さじ1、すりゴマ(あれば)大さじ1

【作り方】

 深めのボウルに豆もやしを入れ、その上にツナ、鶏がらスープの素、しょうゆ、ごま油をかけ、ラップをして電子レンジ600Wで3分。加熱後、すりゴマをふってよく混ぜれば完成。

 豆もやし、ツナ、ごま油が絡み合って超うまいっ! ピーマンに比べると、ボリューム感が出て食べ応えもバツグンですし、食物繊維と油の組み合わせは、食後血糖の急上昇を防いでくれるため、食事の最初に食べると、理想的なダイエット前菜になります。

 さらに欲を言えば、レモンを絞ると夏バテ対策として最強に! 豆もやしのアスパラギン酸とレモンのクエン酸のおかげで疲労回復効果も期待できます。

<TEXT,PHOTO/スギアカツキ>

【スギ アカツキ】

食文化研究家。長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを幅広く学ぶ。在院中に方針転換、研究の世界から飛び出し、独自で長寿食・健康食の研究を始める。食に関する企業へのコンサルティングの他、TV、ラジオ、雑誌、ウェブなどで活躍中。https://twitter.com/akatsukinohana

関連記事(外部サイト)