愛する人を引き寄せる、3分“愛され呼吸法”で心身をユルユルに…

愛する人を引き寄せる、3分“愛され呼吸法”で心身をユルユルに…

安楽座のポーズでゆるめる



 オシャレなフィットネスとして定着しつつある昨今のヨガ。

 ヨガの指南書がちまたにあふれる中、『身体がゆるめば願い事がどんどん叶う 引き寄せヨガ』の著者、皇村祐己子さんと皇村昌季さんが提唱するのは、究極のリラックスが心身にもたらす奇跡(!?)です。

 引き寄せ+ヨガなんて、かなりスピリチュアルな香りが漂います。正直私も、ヨガで健康になって願望まで叶っちゃうならラッキーじゃん! と半信半疑で本を開きました。

◆あなたの心と体、緊張してませんか?

「引き寄せヨガ」が言うところの「緊張した心と身体は、ピュアなエネルギーを封じ込めてしまう」という考え方に共感したのは事実。数多あるヨガの種類でも、根底から身体をゆるめるものは意外に少ないと思うのです。ゆるめているつもりでも、どこかに力が入ってしまっている、脱力しきれていない、というのが現状でしょう。

 私もヨガを実践する中で、身体の柔軟さにこだわりすぎたり、鏡に映る自分に落胆したり、身体はおろか心が固まっていたようなのです。

 その『引き寄せヨガ』の姉妹版『運命のパートナー(ソウルパートナー)を引き寄せる愛されヨガ』が発売されたのは、2017年4月。著者のおふたりがまさにソウルパートナーだといいます。

「愛されヨガ」の特徴は「身体を使ったセルフイメージの書き換え」だと皇村さん。

 本書は前編で実践&解説、後編で心がけ&行動、さらに呼吸&瞑想プログラムとビューティープログラムがあります。身体を極限までゆるめることが目的なので、ポーズも簡単なものばかり。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=726598

 一連の流れには、「自然呼吸でお休み」が数多く挟まれています。「お休み」ポーズでは、全身の力を完全に抜いて、鼻で自然に呼吸をします。せわしない日常を完璧に忘れ、本来の自分を取り戻すのには最適かもしれません。その「お休み」ポーズ込みで、ポーズは全14種類。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=726600

◆愛する人を引き寄せる?3分間呼吸法

 最後のポーズ14は、その名も「愛の3分間呼吸」。理想のパートナーを引き寄せる呼吸法が紹介されています。

1)最初の1分間は、自分自身を大切な存在と感じながら、ゆっくり深く鼻から吸い、口から吐く。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=727669

2)吐く息にのせて、ゆったりと願望を声に出す→鼻から息を吸いながら、願望が叶ったイメージを思い浮かべる。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=727670

 さらに章の合間には、ソウルパートナーを引き寄せた人たちの体験談が掲載されています。中には「貴族階級出身のフランス人実業家と電撃結婚」という少女漫画チックな人も。

 当然のことながら、ただヨガして「未来のダーリンやって恋」的に呼吸して……、ではソウルパートナーなんてやってきません。冒頭でお伝えしたように、セルフイメージを書き換えなくてはならないのです。

 この世は心の合せ鏡で、自分のレベルに合わせて人間関係や環境が整えられていくといいます。つまり自分のレベルが上がれば、それ相当の人が「引き寄せ」られてくるというわけ。故に、貴族階級出身とまではいかなくても、たとえば心がセレブ級に豊かでゴージャスな人との縁だって夢じゃないと本書は伝えているのです。

◆「心地よい私」でいることが幸運を引き寄せる

 心にフォーカスをあてたのは後編。ヨガ云々ではなく、生き方指南の読み物としても十分に楽しめます。

 数年前に「ありのままの私」というフレーズが流行ったように、「愛されヨガ」でも「ありのままの私を認めて愛する」ことが一番大事だとうたっています。恋活や婚活でフル稼働していたあなた、まずは一度立ち止まって、それが本当にやりたいこと、ハートが望むことなのか振り返ってみて。ソウルパートナーを引き寄せるには、いつも心地よい私、でいるのが第一条件だそう。

 本書によると「本当に心地よい状態というのは、寝入りばなのようなうとうとした感じ」で、このスーパーリラックス状態が潜在意識とつながるポイントなのだとか。

 今回わたくし、皇村祐己子さん&皇村昌季さんが主宰するサトヴィックライフ・アカデミーの「引き寄せ瞑想会」に参加してきました。ヨガをベースに心と身体の正しい整え方と、潜在意識をフル活用する方法を伝えるというこのクラス。

 私の身体がどれほどユルユルになったかは、次回レポートします。

<TEXT/森美樹>

関連記事(外部サイト)