ブラジャーは何回ごとに洗う?人には言えない下着の常識

ブラジャーは何回ごとに洗う?人には言えない下着の常識

記事画像



「ブラに一軍、二軍ってある?」から「ノーパンで外出したことある?」まで、ブラとパンツにまつわる100の疑問を本にしたのが『ブラパン100 聞きたくても聞けない下着のホンネ』です。著者は大手下着メーカーのワコールとくれば、リアルな生声が満載なのは間違いありません。

◆ブラは「1回ごとに洗う」が7割以上!

 下着に対する常識って実に様々。私は以前毎日ブラを洗濯していましたが、ある日先輩女性に「毎日洗ったらブラが痛む。3〜4日に1回洗えばいい」と忠告されました。この疑問も本書に掲載されています。

「1回つけるたびに洗う72%、2回つけてから洗う14%、3回以上つけてから洗う5%」で、先輩女性よりも私のほうが一般的な常識に近かったわけです。

 本書はワコール公式サイトのコンテンツ「ブラパン!」をまとめたもの。女性の下着は時代や年代ごとに様変わりしますし、アイテムだって増えたり改良されたりで、使用する側も大忙しですよね。店員さんに尋ねられないシャイなあなたでも、この本を読めば素朴な疑問の参考になりそう。なんせ100個のQ&Aで構成されているのですから。

◆タンスのこやしになってる下着は、半数が「ある」

 本書は「かいもの編」「つかいかた編」「けいけん編」「おていれ編」「からだ編」と5つのチャプターに分類されています。個人的に気になった項目を、ほんの少し引用してみましょう。

 まずは「かいもの編」から「買ったのに使ってない下着、ある?」。ある54%、ない46%です。

 私事で恐縮ですが、私のクローゼットにも20年以上新品のままという、枯れ果てた箱入り娘=下着がおります。可愛すぎてつけるのがもったいなかったり、特別な日のために買っておいたのに特別がやってこなかったり、あるいはどうでもいい下着の時に特別がやってきてしまったり。女子的あるあるな失敗です。

 でもこれが私だけじゃなかった! 54%もいたのです。片や46%の中には「節約のために必要最低限しか下着は買わない。洗濯物が乾かなかったらピンチ」というしっかり者(うっかり者?)がいたり、実に悲喜こもごもです。

「おていれ編」では「洋服みたいに下着も衣替えする?」。する57%、しない43%です。

 恥ずかしながら私、下着の衣替えなど考えたこともありません。春夏はアウターを考慮したブラにパンツという意識しかなかったです。衣替えする派のご意見として天晴れなのが「少しだけ薄いブラやショーツを身に着けると、ちょっとだけ恋がしたくなります」というもの。皆さん、女子力は下着から始まるのですよ。

 ほか、「秋冬はマシュマロのような優しい肌触りとゆったりした着心地の下着に切り替えています」とか。下着に対するこだわりが詩人のような表現に込められています。下着への愛=身体への愛でもあるのでしょう。

◆バストやVゾーンのお手入れは、結構してないみたい

 次いで「からだ編」は秘密度が濃くなります。「バストのケア、ちゃんとしてる?」。はい29%、いいえ71%。

 ちなみに私、昔は巨乳でしたので将来的に垂れると危惧し、バスト専用ジェルでマッサージしていました。現在の私の胸は垂れることなくしぼみ、ケアは徒労に終わった感はありますが(涙)、乳癌の早期発見のためにもバストに触れるのは大事だと思います。「いいえ」の方々は「やらなきゃとわかっているけれど具体的に何をしていいかわからない」という意見が多数。ケア情報がまだまだ浸透していないのでしょうか。

 さらに秘密度マックスなのがズバリ「Vゾーンのお手入れ、してる?」。はい55%、いいえ45%。

 VIO脱毛がポピュラーになった昨今でも、やはり敷居は高いのでしょうか。「いいえ」の人には「怖いという意識がある」「必要性を感じない」「恥ずかしい」という奥ゆかしさがのぞいています。なかには「Vゾーンってどこ?」という強者も!

 本書には、下着そのものから下着の中身まで、千差万別の思いが詰まっています。人様のクローゼットを盗み見する感覚で読んでみたい一冊です。

<TEXT/森美樹>

関連記事(外部サイト)