男性がドキッ!とする、夏の女性のチラ見えパーツ

男性がドキッ!とする、夏の女性のチラ見えパーツ

記事画像



 合コンスナイパーの桜井涼(男)です。

 誰もが薄着になる「夏」は、世の男どもが年間通して、もっとも異性を意識してしまう季節。肌の露出が少ない冬や秋なら目につかないようなところも、夏はバンバン視界に入ってくるわけですから、意識するなっていうほうがムリってもんです。

 では、世の男たちは女性たちのどんな夏しぐさに、思わずハッとするのでしょうか? リアルな声を聞いてみました。

◆やっぱり王道!チラ見せ効果

「何かをしようと動いた瞬間、Tシャツの肩のあたりからブラひもが覗くときはドキッとしますね。それが黒だったり、紫だったりハッキリした色だと、なおさらよからぬ妄想を抱いてしまいます」(29歳・会社員)

「目の前の女性がジャケットを脱いでシャツ一枚になる瞬間は、どうしても目がいってしまいます。細く見えていたコの胸のあたりがふっくらしていたりすると、『このコ、意外と女性らしい身体つきなんだな』って、見る目が変わっちゃいます」(32歳・電気メーカー)

「胸の大きいコにありがちですけど、シャツのボタンとボタンの隙間からブラが見えちゃう瞬間ってあるじゃないですか。あれを見ちゃったら、もうしばらくは妄想が止まりません」(30歳・不動産)

「ノースリーブの女性が電車の吊革につかまって脇を露出していると、もうガン見しちゃいますよね。脇の下って、なんであんなに卑猥なんですかね?」(28歳・住宅メーカー)

 と、ブラや胸、脇の下など、「上半身派」の声があがった一方で、こんな声も多くありました。

◆バスト派とヒップ派がいるそうで

「最近、ロングスカートの膝上から下の部分がシースルーになっているスカートが流行ってますよね。自分は脚フェチなので、その透けている部分から覗く綺麗な脚にドキッとしますね。電車の中でしばらく見とれてしまうときもあります」(38歳・公務員)

「おなじタイトスカートでも、夏と冬では素材が違うんです! 夏はよりヒップラインが露わになるので、タイトスカートの女性が目の前を歩いているといけない妄想をしてしまいます。尻フェチの私には、ムラムラが止まらない季節です」(40歳・サービス業)

「タイトなパンツやスカートの女性が前屈みになったときに、くっきり浮き出るパンティラインに欲情します。特に白いスカートやパンツでスケパンしていたりすると、思わず後を付けていきたくなりますね」(34歳・食品メーカー)

「タイトなパンツやデニムを履いた女性がしゃがみこんだときに、稀にお尻の割れ目が見えることがあるじゃないですか。あれを見てしまったら、もう……がまんできないです」(27歳・薬剤師)

 などなど、お尻の割れ目はともかく(苦笑)、スカートから覗くおみ足、ヒップラインやパンティーラインなど「下半身派」の声も多くあがりました。

 とにもかくにも、男性たちの視線がいつも以上に女性に注がれる夏。見られる側のみなさんにとっては迷惑な話かもしれませんが、それは「男の性(サガ)」であり、あなたを大いに異性として意識している証拠! なにとぞ多めに見てやっていただければ幸いです。

<TEXT/桜井涼>

【桜井涼】

これまで500戦以上の合コンをこなし、通算打率5割をキープしてきた出版界屈指の合コンスナイパー。出会い、恋愛の事情通として雑誌などへの登場も多数。Twitterも更新中。

関連記事(外部サイト)