小出恵介はAV男優向き。「一晩5回は即戦力だけど…」とトップ男優が判定

小出恵介はAV男優向き。「一晩5回は即戦力だけど…」とトップ男優が判定

『野生時代』2008年6月号



 人気俳優の小出恵介が17歳の少女と飲酒し肉体関係に及んだ一件で6月15日、小出の所属事務所が相手の女性と示談が成立したことを発表。ただ、小出が淫行や刑事的な罪に問われる可能性が消えたわけではなく、イメージの悪さから俳優業を続けていくことも難しいと見られています。

 そんな中、ネットを中心に小出の“ある部分”に注目が集まっています。それは、彼の性豪ぶり。一部では、「ひと晩で5発ならAV男優になればいい」「中出恵介でデビューすればいい」という声も上がっています。

 そこで、女子SPA!の「性活相談」でお馴染みのトップAV男優・森林原人さんに意見を聞いてみました。

※以下、森林さんのコメント

◆小出恵介はAV男優として即戦力

 高畑裕太さんの事件の時もそうでしたが、性犯罪疑惑のある男性芸能人は、AV男優になればよかったのにと、世間から無責任に身の振り方に口出しされます。無責任というか、芸能人のことなんてつまるところ無関心だからどうでもいいのでしょう(それにしても、AV男優が性犯罪者の温床や巣窟だと思われている方が気になります)。

 相手の方と話がつき、これから問われるであろう罪を償ったうえでのことですが、小出恵介がAV男優になれるかどうか、という点について考えてみます。

 週刊誌に書かれていた通りならば、小出恵介は泥酔していてもなお、一晩で5回もできるらしいです(『FRIDAY』6月16日発売号より)。しかも、周りに人がいても女の子とイチャつくと勃起してしまう(『週刊新潮』6月15日発売号より)、というレスポンスのいいナニの持ち主のよう。確かに男優向きです。勃起と射精は男優にとって両輪です。それがどうやら揃っているらしいじゃないですか。

 おまけにあのルックスに演技力。男として脂が乗り始める33歳というのもグッドタイミングです。男優になったら即戦力でしょう。ただ、男優はチームプレイも求められるし、あくまでも女優さんが主役の現場で、女性さんを立てなきゃなりませんから、自分勝手なセックスは出来ません。

◆男優メインの女性向け作品に需要あり?

 ですが、男優自身にズバ抜けた価値がある場合は、男優メインの女性向け作品に出ればいいんです。既存の女性向けAVは、白馬の王子様ならこんなセックスするでしょうというロマンチックセックスなので、そこに風穴を開けるかのようにオラオラの俺様セックスを披露してもらいましょう。僕みたいなブサメンがそんなことしようものなら大ブーイングをくらいますが(同じ小出でも、マラソンの小出監督だったら話が変わります)。

 でも、自分勝手だとしても、超絶イケメンの小出恵介氏なら喜びで失神する女性が少なからずいることでしょう。実際にされるのは嫌だけど、映像で見るだけならいいっていう妄想ドM女性はかなりの数います。

◆造形物として美しい

 女性ではない僕も、小出恵介さんのナニなら見てみたい気がします。実は以前、生・小出恵介さんを見たことがあるのです。「Nのために」(2014年、TBS系)というドラマの撮影をしているところにたまたま居合わせて、偶然すれ違ったのです。いやーかっこよかったですね。かっこいいというより造形物として美しいと思いました。

 まさかあの美しい顔した男が、ナニの制御が効かずこんなことになろうとは。「Nのために」のNは人物のイニシャルじゃなく、ナニのNだったのかなと週刊誌を読みながら一人思いを馳せる梅雨真っ盛りの今日この頃です。

※以上、森林さんのコメント

 森林さんも太鼓判を押す、小出恵介のAV男優としてのポテンシャル。実際に男優になる日がくるとしたら、現場では基本、中出しは禁止でしょうから、そこでちゃんとゴムをつける習慣を身に着けてもらいたいものですね。

<TEXT/女子SPA!編集部>

【森林原人/モリバヤシ ゲンジン プロフィール】

35歳。AV男優歴16年。日本人の生涯セックス回数は、年平均46回×60年=2760回で、この4倍近くセックスしていて、セックス経験だけで言えば3回生まれ変わって只今4回目の老後を満喫中。最近、性と向き合い、性を知り、性を楽しむためのサイト「リビドーリブ」を開設しました。

★Twitter(@AVmoribayashi)

関連記事(外部サイト)