結婚式で号泣する新郎が増えている!?約7割のプランナーが目撃

結婚式で号泣する新郎が増えている!?約7割のプランナーが目撃

記事画像



 結婚式をするならジューンブライド! なんてこだわる女性も多いかと思います。でも、実は男性だって結婚式に強い想いをもっているのをご存知でしょうか?

 その証拠に、今回はウェディングプロデュースを手がける婚礼大手の株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ(T&G)が全国の446名のウェディングプランナーを対象に実施したアンケート調査をご紹介します。

◆約7割のプランナーが新郎の号泣を目撃

 まずは、衝撃のグラフをご覧ください。

⇒【グラフ】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=721279

「号泣しているのを見たことがある」「ちょっとだけ泣いているのを見たことがある」「うるうるしているのを見たことがある」などと、涙をうかべている新郎をみたことがあるプランナーは、90%以上にものぼります。

 しかも、驚くべきことに70%近くのプランナーが新郎の号泣を見たことがあるんですね! では、結婚式のどんなシーンで新郎は泣いているのでしょうか。芸能人やアスリートなど著名人のウェディングも多く手がけるウェディングアドバイザーの有賀明美さんが新郎の心を分析します。

◆新郎が泣いちゃうシーンはどこ?

「上記グラフは10年前では見られなかった数値だと思います。ここ近年結婚式で涙される新郎が増えてきているのは実感値としても感じます。ほとんどの男性は、結婚式を挙げられるまでの人生の中で、胸の奥に様々な感情をしまっている方が多くいらっしゃいます。

 その想いを伝えるチャンスは、人生の中で結婚式という機会しかないのではないかということをT&Gのウェディングプランナーはよく言います」(有賀さん)

 有賀さん曰く、主に2つのシーンで新郎の想いが涙となってあふれてくるのだとか。

1. ファーストミート

 ファーストミートとは結婚式当日、初めてお互いの姿を披露することです。愛する女性の花嫁姿に、今までの二人の思い出が甦っちゃうのでしょうか!?

2. お母さんとのバージンロード

 大きくなってからはお母さんと一緒に腕を組んで歩くなんて機会はないであろう男性。今日まで育ててくれたお母さんへの感謝の涙が出てきちゃうんでしょうか。それとも、お母さんが喜んでいるのをみて「やっと親孝行したな〜」なんて思っちゃうんでしょうか。

 とにかく、妻と母、この二人の姿に新郎はグッとくるようですね。

「勇気を持って想いを伝えた時、核心をさらけ出すことで初めて自分の素直な気持ちだけでなくゲストの本心にも気づくことで流れる涙。それは、大げさではなく今後の人生を変える可能性がある、結婚式のキセキです。核心を伝える機会は、新婦だけでなく新郎にも平等にあるのですよ」

 そんな“キセキの瞬間”を集めた動画「【結婚式のキセキ】新郎の涙」はYouTubeで見ることができます。

 もし友人の新郎が結婚式で泣いてしまっても、茶化したくなるイタズラ心をグッと抑えて、心をさらけ出している彼に称賛と応援の気持ちを込めて拍手を送りましょう。

【有賀 明美 プロフィール】

ウェディングアドバイザー。型にはまった結婚式が一般的だった中、「結婚式にサプライズ」という新しい概念をつくりだした「オリジナルウェディング」の先駆者でこれまで16年間に渡り1,000組以上の国内外のウェディングを監修・担当。幅広い分野に活躍の場を広げ、各業界から注目を浴びている。

※参考:「T&G ウェディングプランナー500人 アンケート調査 Vol.9」 by テイクアンドギヴ・ニーズ

<TEXT/此花さくや>

関連記事(外部サイト)