潮吹きの方法を知りたい!出来るようになるための方法3つ

潮吹きの方法を知りたい!出来るようになるための方法3つ

記事画像



 AVなどで、潮吹きを見て興味はあるけど、まだ体験したことがないという声をよく聞きます。いつものセックスだけではなんとなく飽きてしまった人や物足りなくて、もっとセックスを楽しみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

===============

Q. 潮吹きを体験してみたいですか?

・はい(346名)

・いいえ(55名)

回答時期:2014.06.25〜2037.07.25

総回答数:401名が回答

===============

 ラブリサーチが女性を対象に実施したアンケート『潮吹きを体験してみたいですか?』では、86.2%の女性が「潮吹きをしてみたい」と回答しており、潮吹きに対する女性の好奇心を伺い知ることができました。

 今回の記事では、潮吹き未経験の女性のために潮吹きのメカニズムや、潮吹きするための方法を紹介します。この記事を読めば、今よりももっとセックスを楽しむことができるはずですよ。

◆潮吹きとは

 潮吹きは、AVなどで激しいセックスのプレイの一つとして描かれており、興味はあるけど、どうやったら潮吹きが起こるのか、そもそも潮吹きの潮とはなんなのかわからない、という声があります。まずは、潮吹きのメカニズムと、潮吹きの成分についてお話しします。

●潮吹きのメカニズム

 そもそも潮吹きとは、女性のGスポットを刺激することで起こる現象です。オーガズムの直前もしくは最中に、Gスポットが激しく刺激されることで、女性の尿道や膣から大量の液体が分泌されることを「潮吹き」と言います。

●潮吹きの「潮」の成分

 潮吹きは、尿と同じものだと思われがちですが、基本的には違います。しかし、オーガズムの過程で起こる尿失禁を「潮吹き」だと勘違いしているケースもあるので、一概には絶対に違うとは言い切れません。尿なのか潮なのかを判断するには、簡単に区別するには匂いで判断すると良いでしょう。

 色自体は、量が多くなればなるほど透明に近い色になりますが、少量であれば、乳白色だったり黄色がかっていたりすることもあります。尿と成分比較すると、尿に比べて潮の方が、ブドウ糖濃度やPSA(前立腺特異抗原)、PAP(前立腺酸フォスファターゼ)などが高く、クレアチニン濃度が低いことがわかっています。また、潮吹き=オーガズムと思っている人がいますが、必ずしもそうではなく、オーガズムの直前や直後に潮吹きが起こるケースもあります。

Point:潮吹き=オーガズムではなく、潮吹きの仕方は人それぞれ。判断したい場合には、色や匂いの印象を参考にしてみましょう。

◆潮吹きの方法1:心を解放させる

 では、潮吹きはどうやったら起こるのでしょうか。まず大前提に必要なのは、「リラックス」することです。これについてはもう少し詳しく次の項目で見ていきますが、緊張状態では、潮吹きはなかなか経験できません。そもそもセックスにおいて、過度に緊張していると、濡れにくくなったり、オーガズムにも達しにくくなりますし、性的興奮は、できるだけ心を解放させておく必要があります。

●リラックスすると良い理由

 潮吹きは、前述の通り、Gスポットを刺激することによって起こります。Gスポットを持続的に的確に刺激すると、女性の快感は急激に高まり、この時、尿意に似た感覚が起こります。この感覚が起こった時、「冷静=リラックスできていなくて少し緊張している」場合、快感に対して抵抗を感じて、オーガズムや快感自体を感じにくくなります。これでは、刺激に集中することができずに潮吹きは実感できません。刺激に集中し、快感に集中するためにも、心を解放しておくことが必要です。

●リラックスする方法

 刺激に集中するためには、まずは、セックスの時には不要な悩み事や考え事は一旦忘れること。仕事やプライベートが忙しい人であれば、普段の生活と線引きできるように、セックスする場所に非日常な空間を演出するのも良いでしょう。

 ルームフレグランスを使ってみたり、部屋の照明を暗くしたり、間接照明を使ってみる、自分がリラックスできる音楽をかけてみる、などを試してみると良いでしょう。あとは、当たり前の事ですが、セックスするパートナーのことを信頼して身をまかせることも大切です。

◆潮吹きの方法2:カラダを物理的に開発する

 もう一つの潮吹きができるようになる方法は、「カラダを開発する」ことです。潮吹きやオーガズムを感じるためには、セックスに慣れること、Gスポットの刺激に対して慣れることが大切です。

●Gスポットの刺激に慣れると良い理由

 セックス自体が初心者だったり、膣内への刺激をあまり経験したことがなければ、Gスポットの刺激に対して抵抗を感じてしまうかもしれません。何より、自分のGスポットの場所をある程度把握しておくことで、パートナーが膣内を刺激する時に、よりスムーズに誘導できたり、潮吹きを経験できるようになります。Gスポットは、セックスやオナニーによって開発され、磨かれていく性感帯です。オナニーの時に、次にお話しする方法で探してみてはいかがでしょうか。

●Gスポットの場所を知る方法

 Gスポットの位置は、個人差があります。「スポット」という名前ですが、クリトリスのようにピンポイントではなく、膣前壁のエリアをさします。膣口から約3〜5センチ中に入った膣前壁を意識してみてください。

 探し方は、まず仰向けになります。膝を立てた方がやりやすいという人がいますが、楽な姿勢をとってみてください。膣に向かって、中指を曲げながら挿入し、ちょうど第二関節が入り口に入るか入らないかぐらいのところで、中指の第一関節の指の腹あたりが触れてるところがGスポットです。ちょっとざらっとした感触があると、そのエリアがそうです。性的刺激を受けると、すぐに濡れてきて膨らんだ感じになります。

◆潮吹き方法3:彼のテクニックをアップさせる

 いざ、潮吹きのメカニズムや方法がわかっても、セックスは、相手あってのものです。セックスをするパートナーが、潮吹きについて正しい知識を持っていなかったり、正確にGスポットを見つけることができなければ、なかなか潮吹きに至りません。そこで、あなたが彼を、潮吹きに至る場所に導いて、彼に潮吹きさせることができるテクニックを導いてあげましょう。

●彼をGスポットに導くと良い理由

 ご存知の通り、膣内は非常にデリケートな場所です。伸びた爪で刺激されると痛いですし、不衛生な手で触れられると、感染症のリスクもあります。まずは彼の手を清潔に保つことが大前提ですが、Gスポットでないところを執拗に刺激されると、快感どころか痛みを感じてしまうこともあります。

 いざGスポットに触れられた時には、それまでに膣内で間違った場所を刺激されて不快感や痛みを感じていたせいで、もう快感自体を感じれなくなってしまうという場合も少なくありません。

●彼をGスポットに導く方法

 彼をGスポットに的確に導くには、あなた自身が自分のGスポットを知っておく必要があります。前述の方法で試してみてください。また、彼が膣内への刺激を始めたら、そっと彼の手に自分の手を添えて、正しい場所に誘導してあげましょう。彼のプライドを傷つけないように、彼がGスポットを正しく刺激したら、遠慮なく快感と興奮に対して全身で表現し、自分の快感を言葉で彼に伝えてあげましょう。

 間違ったところを刺激したからといって彼を責めたり怒ったりしてはいけません。焦る気持ちを与えると、彼のセックスに対する意欲低下に繋がります。彼のテクニックをアップさせる最大の秘訣は「褒めて伸ばす」ということをお忘れなく。

◆まとめ

 いかがでしょうか。潮吹きは、男性に身を委ねる心の解放と、自分自身が性感帯であるGスポットを知っておく必要があります。男性をうまく導いてあげることで、潮吹きだけではなく、今までに感じたことのないより深いオーガズムを感じることができることでしょう。

▼ライター:山下真理子さんプロフィール

女医、タレント。岡山県出身。医師免許取得後は、医療だけではなく、美容、タレント、モデルとして幅広く活躍している。著書に『あなたの魅力が10倍増すセックス』『夜のお悩み相談クリニック』の他、写真集『診て感じるクリニック』がある。ファッション誌やラジオ番組、バラエティ番組にも数多く出演。

<コンテンツ提供/ラブリサーチ>

【ラブリサーチ】

女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。

★エッチの相性が悪い?AVとは違う本当の快感セックスにする方法

★「中イキ」と「外イキ」…オーガズム感覚の違いってあるの?

★エッチ中の「トイレ行きたい…」もしかして、潮吹きの前兆!?

関連記事(外部サイト)