かえってデブに見える!?ワイドパンツの意外な落とし穴

かえってデブに見える!?ワイドパンツの意外な落とし穴

ZOZOより。ウエストゴムのタイプはお尻が長く見えてしまい、トップスインで垂れケツなシルエットに……。



 某有名アパレルショップ店員kusumaです。

 下半身の体型カバーに便利なワイドパンツですが、履いているから安心! と思っていると、かえって下半身が太って見えていることも……。

 今日はワイドパンツの落とし穴をご紹介していきます。

◆太すぎるシルエットは着太りする

 足の太さが気になる人にとって、ワイドパンツは足のシルエットを隠してくれるありがたいアイテム。でも、太すぎるシルエットだと縦のラインより横に広がったラインが目立ってしまい、着太りだけでなく短足をも引き起こしてしまうのです。

 最近ではコンバースのようなソールの低いスニーカーを合わせる人が多いですが、太すぎるサイズは短足を加速するので注意!

◆ウエストゴムはお尻が垂れて見える

 快適に履けることからウエストゴムのタイプが増えていますが、実はウエストゴムはお尻が長く見えてしまい、トップスインで垂れケツなシルエットに……。

 コンパクトボトムスのトップスインはウエストとヒップの境目がはっきり分かるのでハイウエスト効果が期待できますが、ワイドパンツではただお尻を長くするだけ!

 ウエストにベルトを合わせればくびれにポイントができるので細くみえますが、楽だからといってベルトなしで履いてる人も多く見かけます。そうすると、若い人ですらお尻がおばさんなんてことも……。

◆多すぎるタックは下半身デブを助長

 カジュアルライクなパンツでもキレイめな印象に見せてくれるタック(布をつまんでできたヒダ)。ただ、タックが入っていることで立体的に見えるので、下半身が張っている人はそれを強調してしまう場合があるのです。

 タックの本数が増えれば増えるほど横幅が広く見えてしまうので、すっきり見せたいときはタックの本数は一本に抑えておいた方がいいでしょう。

 体型カバーになるワイドパンツにも思いがけないところに“おデブの落とし穴”が潜んでいるのでご注意を!

<TEXT/kusuma>

【kusuma】

某有名アパレルショップ店員。女性の体形カバーを意識したコーディネートを提案。現在、食やダイエットについて学びながら、内面からの美のサポートも目指している。

instagram:@KUSUMA1116

関連記事(外部サイト)