アラサー過ぎてジュエリーを買うなら…“チープな人”に見えない選び方

アラサー過ぎてジュエリーを買うなら…“チープな人”に見えない選び方

記事画像



●連載「ファッション誌が答えてくれない相談」36 by小林直子●

◆Q.大人はどんなジュエリーを買うべき?

 いい年の大人になったので、ジュエリーを買おうと思いますが、どういうものを買ったらいいのかよくわかりません。何か注意することはありますか?

◆A.シンボルやお守りになるようなものを買いましょう

 20代後半になると、自分でジュエリーを買う方が多くなるようです。自分へのご褒美や何かの記念にという場合もあるでしょう。ファッション誌を見れば、素敵なジュエリーが数多く掲載されていて、目移りしてしまうのもわかります。ただ、やはり購入する際には注意が必要です。

 ジュエリーを買うとき、それが一過性の、数年でしなくなってしまうものだとは考えないと思います。けれども、実際はそうではない方がたくさんいらっしゃいます。

 私が多く見てきたのは、40歳ぐらいの方が、たぶん2万〜3万円で買ったようなネックレスを30本ぐらいと、指輪を20個ぐらい持っているケース。どれも本当に華奢で小さくて、半貴石とK14を使ったような、若いころなら手軽に使えるようなものばかりでした。

 しかしこれらを40歳過ぎて身につけると、やはり何かおかしいのです。華奢過ぎて、貫禄がなく、大人の女性にふさわしい感じがしないのです。そのことは御本人もおわかりのようで、私が“これを40歳過ぎても身につけるのかどうか”と聞くと、誰一人、イエスと答えた方はいらっしゃいませんでした。

 一方、少数派ではありますが、30歳ぐらいでちょっと背伸びして高価なジュエリーを1つだけ買った方々もいらっしゃいました。一人の方は、1カラットのダイヤモンドのネックレスを御徒町の宝石商から買ったそうですし、もう一人の方は、大きなダイヤのピアスを何かの記念に買ったとのこと。

 その方々は、50歳近くなっても、その同じジュエリーを身につけています。ただしこういう方々は、たくさんジュエリーを持っているわけではありません。皆さん、気に入ったものを2つ、3つ程度所持しているだけです。

◆ジュエリーはアクセサリーではない

 人生は選択です。どちらのコースも選べます。使うお金も大差ありません。

 40歳過ぎたら身につけられないジュエリーをたくさん買うコースと、数は少ないけれども40歳過ぎても身につけられるジュエリーを買うコース。では、私はどちらをお勧めするかというと、数は少なくても、40歳過ぎて身につけられるものを買うコースです。

 セレブのスナップなどを見ると、欧米の女性の多くは、自分がこれと決めたら、そのジュエリーをいつも身につけています。驚くほどいつもです。仕事をするときも、パーティーへ行くときも、何をするときも、これと決めたジュエリーと一緒です。

 なぜならそのジュエリーは、彼女のシンボルであり、アミュレット(お守り)となるからです。シンボルなので、それをしていれば、いつも彼女だとわかりますし、お守りなので、いつでもそのジュエリーが守ってくれるのです。

 ですから、ジュエリーを買うなら、自分のシンボルやアミュレットになるものを探すことをお勧めします。もちろんハイジュエリーでも構いませんが、例えばアンティークの1点もののティファニーやカルティエなどもいいでしょう。

 日本でも探せばアンティークのジュエリーを扱っているジュエラーがいます。

◆いいものを少しだけ買って、いつでも身につけよう

 とっかえひっかえ身につけたい場合は、ジュエリーではなくてアクセサリーにすればいいでしょう。本物の宝石では作れないような大きなラインストーンのネックレスや指輪も今は数多く売られていますし、布やプラスチックでできた手軽なアクセサリーもあります。

 40歳を過ぎてチープなジュエリーを身につけていると、その人自身もチープに見えます。すぐには買えないかもしれないけれども、何年か頑張ってお金をためてから、40歳を過ぎても身につける価値があるものを、焦らず時間をかけて探すといいでしょう。

 そうして、そういうものを買ったなら、出し惜しみしないでいつでもどこでも身につけてしまいましょう。お守りですから、それが当たり前です。

<TEXT/小林直子>

【小林直子】

ファッション・ブロガー。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒、文化服装学院卒。東京コレクション参加ブランドのパターンナー、大手アパレル会社の企画室を経て独立。現在、湘南エリアを中心に独自に開発したメソッドによるファッション・レッスン、各種ワークショップを開催するなど活動中。新刊『わたし史上最高のおしゃれになる!』を発売、絶賛の声が続々寄せられ、ファッション指南の新境地を開く。ブログ『誰も教えてくれなかったおしゃれのルール』

関連記事(外部サイト)