ディーン・フジオカが結婚詐欺師に!私生活では「器の大きな男になりたい」

ディーン・フジオカが結婚詐欺師に!私生活では「器の大きな男になりたい」

ディーン・フジオカさん



 直木賞作家・井上荒野氏の小説が原作の映画『結婚』が公開中です。

 その主人公・古海健児に扮して、女性たちを虜にしていく結婚詐欺師を華麗に演じているのが、ディーン・フジオカさん。NHK連続テレビ小説「あさが来た」、「ダメな私に恋してください」(TBS)で真っ直ぐで爽やかな男性を演じてきた彼に、今回の役とどう向き合ったのか話を聞きました。

◆役づくりはまず自分との共通項を探す

――今回、一番チャレンジングだったことはなんでしょう。

ディーン:ひとりでいるときの演技が難しかったですね。詐欺師なので、ターゲットがいる場合は、そのターゲットを自分の持っていきたい方向に動かすという目的があるから、アプローチの仕方もはっきり見えるんです。でも、いろんな関係性のなかで、ウソを突き通している人間が、自分ひとりになったとき、どういう時間のすごし方をするのか、何をしているのか。そこは難しかったですね。

――役を作る際に、ディーンさんはご自身の中から共感できる気持ちを引き出していくタイプですか? それともゼロから役を作り上げていく?

ディーン:自分との共通項を探すところから始まりますかね。そこから、なんとなく役をイメージして、今回ならヴァンパイアっぽいなとか、つかみ取れない感じが、こういう洋服のテクスチャーだったらいいんじゃないかとか、こういう小道具があったらキャラクターとしての深みが出るだろうとか、こういうセリフを言ったらおもしろいんじゃないかとか、実際に使う使わないは別として、考えていきますね。輪郭がぼやけた状態から、だんだんと輪郭がはっきりしてきて、古海健児スイッチが入っていく感じです。

――今回の古海は、オールバックにしたときに詐欺師としてのスイッチが入るのかなと思ったのですが、ディーンさんがスイッチを入れるためにすることはありますか?

ディーン:パンツは赤とかそういう感じですか(笑)? なんだろうな。気合を入れるためにすることとか、うーん。

――緊張した状態からリラックスモードに変えるために、気づくとこういうことをしているとか。

ディーン:音楽ですかね。音楽で空間をどういう風に埋めるか。頭の中で音楽を流している状態でもいいんですけど、それで一気にモードを変えるかな。空間をコントロールしたりするのって、匂いとか音楽とかが手っ取り早い気がしますね。

◆女は騙されてあげてるだけ

――今回の作品は、ピアノを演奏されたり社交ダンスを踊られたりするシーンもあって、ディーンさんの魅力が存分に堪能できます。ディーンさんのイメージビデオのようだといっている人もいます。

ディーン:あはは。西谷真一監督がどういう意図で作品を撮っていったかは僕の計り知れないところですが、結婚詐欺師は、ひとりひとりの相手によって、職業や性格、スタンスが違うわけですよね。そこのバリエーション、変化を見せるということで、いろんなことにトライしてもらいたいということは最初の段階から説明を受けていました。なので、自分ができる範囲で、もしくはできないことでも練習して成立させるということに対しては、すごく前向きなチャレンジをしていきました。

――40代、50代と年齢を重ねていくうえで、どんな俳優、もしくはどんな男になっていきたいですか?

ディーン:器の大きな男になりたいです。特定のコミュニティとかカテゴリーとかジャンルにこだわらずに、とにかく大きく広がっていきたい。物事を発信することも、出会いの場を求めていくことも、何をやるにしても、そこは大事にしていきたいと思っています。

――カテゴリーやジャンルにこだわらないという点は、これまでのディーンさんの姿勢からも感じますが、今後も活動の場も、国もこだわらず、ですか。

ディーン:そうですね。

――本作にはさまざまなタイプの女性が登場します。女性っておもしろいな、不思議だなと感じましたか?

ディーン:登場した女性というか、共演した萬田(久子)さんが、「女は騙されてやってるだけなのよ」っておっしゃってたんです。実際は結婚詐欺師の被害者じゃなくて、女が騙されてあげてるんだって。そういう考えもあるのか、すごいな、奥深いなって思いましたね。

――最後に、役者としてこういう面を見せていきたいといったものはありますか?

ディーン:僕、役者の仕事に関してはすごく受け身なんです。何もやらないという意味ではなくて、オファーいただいたものを受けて、全力で応えるというスタンス。フィルムクルーの一員として、監督やプロデューサーの作りたい作品作りのお手伝いをさせてもらいたい。期待に応えられるパフォーマンスを、どこの国でもどんな作品でもしていきたい。役柄がどうとかじゃなく、新たな気づきを感じられたり、人との出会いや縁といったものをひとつひとつ大事にして今後もやっていけたらと思います。

<TEXT&PHOTO/望月ふみ>

『結婚』は6月24日より全国公開中

配給:KADOKAWA

(C) 2017「結婚」製作委員会

関連記事(外部サイト)