シミが隠れた!夏の「多機能ベースメイク」美容ライターが選ぶ3つ

シミが隠れた!夏の「多機能ベースメイク」美容ライターが選ぶ3つ

プリオール「クール美つやBBスプレー UV 50」



 どんどん進化するベースメイク。艶やかで自然な仕上がりはもはや当たり前ですよね。いまの私たちを満足させるには、瑞々しい素肌感を出しながらもカバー力も美容効果もあるベースメイク。しかもつけるのが簡単なものじゃないとダメ。

 そこで今回は美容ライターである筆者が、そんな欲張りな女性を満足させる多機能ベースメイクを3つご紹介します!

◆1. シミ・シワが気になる方に!

●プリオール「クール美つやBBスプレー UV 50」【数量限定】2,484円(税込)

 数量限定のこのキットには、BBスプレーのほかにメークも落とせる石鹸とスポンジがついてきます。プリオールの冷却BBスプレーは、毛穴の引き締め、美容液、化粧下地、コントロールカラー、UVカット、ファンデ、お粉、と7つの機能があります。つまり、いつものスキンケアの後はこのスプレーだけで大丈夫!

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=725852

 付属のスポンジに2cm離れたところから1〜2秒スプレーして、顔の中心から外側へ優しくのばします。写真上ぐらいの量で顔全体がカバーできますが、シミや毛穴の開きが気になる方は、再度同じぐらいスプレーして、気になる部分にスタンプ塗りしてください。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=725854

 シミががっつり隠れる上に、モチのよいのが特徴。仕上げのお粉は必要ないですが、夏本番になってくるとTゾーンにはパウダーをはたいてあげたほうがよいかも。顔に塗布した直後はマットですが、しばらくたつと瑞々しいセミマットな仕上がりになりますよ。−5℃のひんやり感が爽快で、SPF50、PA++++も嬉しいポイント!

◆2. 肌測定で素肌に近い色が選べる!

●リサージ「カラーメインテナイザー」4,500円(税抜)

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=725861

 こちらの商品は美容液、化粧下地、ファンデーションの機能がついた美容液ファンデーション。ユニークな点はリサージ取扱店で肌測定をうけて、自分の肌色と好みの仕上がりにぴったりなものを選べること。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=725863

 仕上がりには、「ナチュラル・さらっと(NI)」「ナチュラル・しっとり(NII)」「カバー・さらっと(CI)」「カバー・しっとり(CII)」の4種類があります。ナチュラルな仕上がりのNIとNIIは各2色、カバー力が高い仕上がりのCIとCIIには各5色展開。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=725866

 しっとりタイプのほうがさらっとタイプよりもテクスチャーがやや重いですが、どのタイプものびがよく肌にぴたっと素肌のようにくっつき、セミマットのお肌に! 写真上は、「カバー・しっとり(CII)」をつけた筆者です。カバータイプのほうがややマットよりで、シミもきれいに隠れました。

 使い方も簡単。カラーメインテナイザーを顔に5点置きし、目元、小鼻、口元は中指か薬指でパッティング。ほかの広い部分は、顔の内側から外側へ中指と薬指をすっと滑らせます。顎下にもきちんとなじませて、首と顔の色に違いが出ないように。

 最後に両手で顔を優しくハンドプレス。余分な油分を落としモチをよくします。化粧崩れが心配な方はお粉をのせましょう。

◆3. 化粧崩れを防ぐ!

●ベネフィーク「ホワイトニングパウダー」【数量限定】5,000円(税抜)

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=725893

 睡眠中の美白パウダリーマスク。夜のお手入れの最後に肌にのせると美白効果がありますが、日中にも使うのもオススメです。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=725875

 いつものスキンケアの後、化粧下地として使うと美白と同時に化粧崩れを防ぎます。パフに粉を取り写真上のようにパフに粉をなじませて、ぽんぽんと軽く顔に叩きこみます。小鼻、Tゾーン、頬など毛穴の開きが目立ちやすく、化粧崩れやすい箇所にはパフを優しく押し込むように塗布しましょう。

 ホワイトニングパウダーを塗布した後は、パフについたお粉をティッシュオフしてくるくると肌を磨きます。すると、ホワイトニングパウダーが肌に均一にのり、肌の透明感がアップ。次にくるファンデはパウダーファンデにしたほうが、化粧モチがよくなります。ヒアルロン酸が配合されているので、粉っぽくならずしっとりとした付け心地なんですよ。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=725876

 また、リキッドファンデを使う方は、ホワイトニングパウダーを下地ではなく最後の仕上げのお粉として使ってもよいでしょう。その場合は、白っぽくなるのを避けるためにパウダーをパフに十分なじませてふわっとのせるのがコツ。このパウダーは、つけ心地と香りが本当に気持ちよく、スキンケアとベースメーク両方に使うのが楽しくなります。

 夏のベースメイクを選ぶときの参考にして下さいね。

<TEXT/此花さくや>

関連記事(外部サイト)