松居一代、第3弾動画で「夜の会話」明かす/ヅラ刑事「このハゲー!」に怒る【今週の見逃しニュース】

松居一代、第3弾動画で「夜の会話」明かす/ヅラ刑事「このハゲー!」に怒る【今週の見逃しニュース】

松居一代ツイッターより。開設3日目でフォロワー5万4000人超え https://twitter.com/kazuyo_official?lang=ja



 おかしな日本語で大人気のモデル・滝沢カレン(25)が彼氏とサイパンへ婚前旅行に出かけていたと、週刊文春(7月13日号)が報じました。お相手の男性は20代後半、都内で飲食店経営を手掛ける実業家一族の御曹司なのだそう。

 こうなったらこのまま結婚して、披露宴でヘンテコな文章の手紙を朗読して大爆笑させてほしいものですね。

 では今週も振り返りましょう。どうでもいい芸能ニュース。

◆@松居一代 YouTuberになる。第3弾動画も

 夏も近づき気温や湿度が急上昇すると、色々とおかしな出来事が起きたりするものですが、タレント・松居一代(60)のブログと動画投稿は想定外の衝撃でした。

 事の発端は、「1年5ヶ月も尾行され続けているの」と打ち明けた6月27日のブログ。一体松居さんの身に何が起きているのかと心配するヒマもなく、今度は「週刊文春にだまされました」とブログが更新されると、だんだん真相が明らかになってきました。

 現在離婚調停中の夫・船越英一郎(56)に関して文春の取材を受けた際に、事前に記事内容を伝える旨約束していたのに、それが守られなかったのでブログやYouTubeへの動画投稿などで自分の主張を訴えるようになったということのようです。

 ともあれ、離婚協議の事実が明るみになってからの松居さんは勢いを増すばかり。

 糖尿病を患っているらしい船越さんが、バイアグラを使ってまで浮気をしていると暴露し、「バイアグラ100ml男」なるあだ名までつけてしまいました。

 昨日7日夜にアップされた動画では、「夫婦の夜の会話」を明かしています。松居さんが船越さんのカバンからバイアグラを見つけて詰問したら、船越さんは1錠口に入れたうえで「闘病尿だからこれを飲んでもダメなんだよ」と言われたと。そして一緒にアダルト動画をみたけれど、効果がなかったと…。

 ただならぬ悲壮感を漂わせて訴える迫真の動画に「やっぱプロは違うわ」などと妙に関心する声もあがり、なんだかよく分かりませんが、とりあえず話題を提供してくれてどうも…ということにしておきましょう。

◆A海老蔵「困りました、、」麗禾ちゃんが「妹欲しい」

日刊スポーツ 7/5(水) 配信ほか

 小林麻央さん(享年34)が亡くなってから2週間が経ちました。その後も夫の市川海老蔵(39)はブログで妻に先立たれた悲しみを綴り、ステーキやお寿司を前に「まおが食べたくて食べたくてしかたなかったのかなー」とつぶやく様子に、改めて涙した人もいたのではないでしょうか。

 そんなわけでものすごい頻度でブログを更新することにほとんどの人は同情的ですが、5日に投稿された記事には、「ん!?」と感じた人も多かった様子。長女の麗禾ちゃん(5)が妹を欲しがっている、と明かしたからです。

 いかにもコメントしづらい話ではありますが、「犬を飼うといいですよ」と勧める投稿がチラホラ…。

◆C星野源、香取慎吾と“ふたりきり”で近況語りあう

オリコンニュース 7/3(月) 配信

 マルチタレントの星野源(36)が、週刊誌『AERA』で4週に渡って元SMAPの香取慎吾(40)と対談するのだそう。ちなみにこの連載ではマネージャーやカメラマンは同席せず、星野さんとゲストが部屋の中にふたりきりで語り合うとのこと。

 しかしよく見ると星野さんと香取さんって顔の輪郭とか笑ったときの口角の上がり方がソックリですよね。顔の似ている人は、考え方の波長も合うんでしょうかね?

◆Dモト冬樹、豊田議員は「ハゲ全員を敵に回した」 “パワハラ”暴言に不快感

夕刊フジ 7/3(月) 配信

 続々と新たな録音が公開され、ネタの宝庫と化している豊田真由子議員(42)。スマホの着信音に使う人もいるとか。でも薄毛で悩む男性にとっては、やっぱり笑えないようで……。

 29日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に出演したモト冬樹(66)は、“ハゲ”と呼ぶからにはそこに愛情やお笑いが込められていなければならないと説きました。モト冬樹は『ヅラ刑事』(’06年)という伝説のB級映画にも主演しています。

 話は変わりますが、まだ今年の『24時間テレビ』(日テレ系)のマラソンランナーが決まっていないようなので、ここは今年上半期の話題をさらった女性たちにリレー形式で走ってもらうのはどうでしょう。豊田議員、稲田防衛大臣ときて、アンカーは籠池諄子さん。ゴールの日本武道館で待つ安倍昭恵さんに100万円を返せば、瞬間視聴率40%超えは確実でしょう。

<TEXT/沢渡風太>

関連記事(外部サイト)