あなたの“好き”はどのタイプ?彼との相性もわかる3ポイント診断

あなたの“好き”はどのタイプ?彼との相性もわかる3ポイント診断

記事画像



 コラムニストの勝部元気です。

 少し前に、「エムグラム」という性格診断ツールがネット上で大ヒットしたのはご存知ですか? 性格診断は自分を見つめ直す良い機会になるので、やってみたくなりますよね。そこで今回は、あなたの「“好き”という感情」の診断をしてみたいと思います。

 人の性格には様々なタイプがあるように、“好き”という感情も人によって様々です。ところが、自分の“好き”のタイプを、把握できていない人も多いのではないでしょうか?

 そしてそれが原因で、コミュニケーションが上手くいかないというケースも多いように思うのです。そうならないよう、今回は下図のように“好き”を分類する3つのポイントを紹介します。自分やパートナーの「“好き”のタイプ」を診断してみてください。

⇒【グラフ】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=730240

◆診断1・「友情」と「恋愛感情」の線引きがあるかどうか

●曖昧タイプ⇔明確タイプ

 まず、「友人として好き」と「恋人として好き」という感情が、どのぐらい明確に分かれているかどうか。

「一度友達として認識したら恋愛対象として見られない!」という人は、明確に分かれているタイプ。逆に、別れた後でも友人関係でいられる人は曖昧タイプに多いですね。

 この違いによって取るべき恋活スタイルも変わります。明確に分かれる人は既存の関係からは発展しにくいので、新しい出会いを求める方がベターです。逆に曖昧タイプは、既存の関係からスタートする方が良いでしょう。

 ちなみに私は曖昧タイプの極み。二つがカフェオレのように入り混じっていて、相手によってはコーヒーとミルクのどっちが多いか分からないこともしばしば。さて、あなたはどちら寄りですか?

◆診断2・独占欲が強いかどうか

●博愛タイプ⇔独占タイプ

 次に、好きになるほど独占したくなるタイプと、独占欲がそこまで強くないタイプです。自分が前者なのに、パートナーが後者で誰とでも仲良くするタイプだと、嫉妬が生まれる可能性も高くなりますよね。

 適度な独占欲は問題ありませんが、度を越えると自分を苦しめることになり、かなり厄介です。独占欲が強すぎる人は、幼いころ感じた、親の愛情への不満が原因ということも少なくありません。そうなると、もはや恋愛というより家族関係の問題。一人での解決が難しい場合は、資格を持った専門のカウンセラーさんに相談するのもよいと思います。

 ちなみに私は独占欲が伴わないタイプの極み。素敵だと思うポイントを発見するとどんどん恋してしまいます。そのせいで、常時100人くらいに小さく恋している状態です(笑)。

 ぶっ飛んでいるかもしれませんが、それだけ多ければ、頻繁に好きな人に会えるので毎日が人一倍ハッピー。ただし、絶対必須なポイントで価値観が合うパートナーがいる時に、他の人に目移りした経験はありません。最近そんな自分の性質を個人的に「恋心爆発モノガミー(※)」と呼ぶことにしました(笑)(※モノガミー=パートナーは1人というスタイル)

◆診断3・相手からも好かれてないと嫌?片思いでもいい?

●相互作用タイプ⇔独立タイプ

 最後に、相手からも好意を示されるとますます“好き”になる「相互作用タイプ」と、相手の好意がなくても好きになる「独立タイプ」の違いです。

 独立タイプの方が片想いをする人が多い。ただし、拙著『恋愛氷河期』にも記したのですが、片想いは相手との心の温度差が開き過ぎると意思疎通が難しくなるので、なるべく早く気持ちを伝えた方がいいです。なお、このタイプに異常性を伴ったのがストーカーです。

 一方、「相互作用タイプ」は相手からのリアクションを重視するので、相手が冷たいと気持ちが冷める人や、芸能人に熱狂しにくい人。このタイプには、相手から好意を注入されないと恋心が芽生えない「要着火剤タイプ」も一部にいますね。

 ちなみに私は相互作用タイプの極みです。チヤホヤされて育ったアイドル気質のせいで、反応が薄い人には一瞬で興味がなくなってしまいます。デートの誘いをするのも一度きり。ハンター気質もロマンチックさも皆無ですが、相性の合った質の高い関係を構築するのにはとても効率的です。

 それは、恋愛に限らず通常の人間関係でも同じ。「損切り」が早いために、残った人たちはお互いチヤホヤできる人ばかりという素晴らしい状態が作れるんです。「早めに損切りスタンス」、おススメですよ。

 さて、あなたの結果はどうでしたか?

 今回の3つの指標は、パートナーや恋人候補との相性を診断する時にも役立ちます。もちろんなるべく同じタイプ同士の方がバランスは保ちやすいわけです。試しに、恋人や友人などと一緒に、ぜひやってみてください。それではまた!

<TEXT/勝部元気>

【勝部元気】

コラムニスト・社会起業家。働く女性の健康管理を支援するコンサルティング会社(株式会社リプロエージェント)の代表取締役CEO。ブログ(http://katsube-genki.com/blog/)、twitterは@KTB_genki。初の著書『恋愛氷河期』が発売中

関連記事(外部サイト)