セックスレス解決にすぐできること4つ。美容室や海に行くといいワケ

セックスレス解決にすぐできること4つ。美容室や海に行くといいワケ

記事画像



 セックスレスはある日突然、陥るわけではありません。徐々に回数が減っていき、気がついたら手をつなぐ、ハグをするといったスキンシップもなくなっていた、というようにじわじわと忍び寄ってきます。

 セックスレス改善の専門家で、会員1万3000人を超えるコミュニティサイト「恋人・夫婦仲相談所」を運営し、『堂々再婚〜何度でも結婚できる技術』の著者でもある三松真由美さんのもとには、50代、60代の方も相談を寄せられるそうです。

 三松さんは、「熟年の方々にも啓蒙しています。アラサー女性も今からでも遅くはありません」と断言します。(以下、コメントはすべて三松さん)

「セックスレスを打破するためには、性のポテンシャルをキープするための“セクシースイッチ”をオンにする必要があります。セクシースイッチをオンにするためには、まずは彼に触れてみる。そして彼以外の人に触れてもらうことも効果的です」

◆@スキンシップ まずは腕にそっと触れる

 スキンシップが1年以上ないカップルが、いきなり腕を組んだりハグをしたりというのは難しいかもしれません。そういう人は無理をせず、彼と一緒に歩いているときに袖をちょっとつまむ、話しかけるときに腕にそっと触れるなど、ライトなタッチひとつから始めましょう。

 そして、少しずつ触る面積を増やしていくのです。わざとらしくても、恥ずかしくても、まずは軽く触れてみてください。だんだん慣れてきたら、シャンプーをしてあげるのもオススメです。

◆Aパートナー以外の異性に触れてもらう

 女子同士でも自然とハグができる人は、男性とのスキンシップも上手です。女友達にも、相槌を打ちながら肩にポンッと触れたり、写真を撮るときに腕を組んでみたりしてみましょう。

 美容室やマッサージ店を訪れた際には、男性の美容師さんや施術師さんにお願いするのも1つの方法です。彼以外の男性に触れてもらうことで、セクシースイッチをオンにして、彼に「おっ、いつもと違うな」と思わせるような色気を育てましょう。

◆B野生に戻れる場所にいく

 本能を呼び戻すような場所に行くのも効果的です。山でも海でも、自然溢れる場所で、現地の食べ物を食べて、昼間はたくさんの太陽を浴び、夜は真っ暗闇で過ごす。そうやって過ごすことで、動物としての本能に火をつけるのです。

 日本でおすすめなのは西表島。そして、せっかく彼とそういう場所に行くなら、スマホは電源をオフ。彼にも「スマホは触らないでね」と言うのを忘れずに。

 そんな遠くまで行くことができないという人は、彼と食事をするときに、部屋の明かりをいつもより少しだけ暗くしてみてはいかがでしょうか。

「海外に行くと、駅もレストランも暗いんです。わずかなロウソクの明かりの中でする食事は、自然と相手との距離も近くなり、セクシーな気分になりますよ」

◆Cちょっとだけ露出の多い服を着る

 おうちデートの時、外で会うときより少しだけ肌を露出させて、彼のチラリズム欲を刺激してみましょう。デコルテの大きめの服を着て胸の谷間をちらりと見せたり、短めのスカートで太ももを露わにすることで、いつもより少しだけセクシーな自分を演出するのです。

 だからといって、いきなりキワドイ服装はNG。あくまでも自然に見せることで、彼に「あっ、女の子なんだ」と再認識させましょう。

「スキンシップもチラリズムも、わざとらしいと言えば、わざとらしいですが、バカにせずにやってみてください。基本となる『ライトなタッチ』は、実はとても重要なステップ。スキンシップから始めて、実際にセックスレスが解消したご夫婦もいるのです」

―特集・セックスレスに解決法はあるの? vol.2―

<TEXT/内埜さくら>

【三松真由美(みまつ・まゆみ)】

会員1万3000人を超えるコミュニティサイト「恋人・夫婦仲相談所」を運営するセックスレス改善の専門家。著書に『堂々再婚〜何度でも結婚できる技術』などがある。セックスレス改善の女性向けメルマガを配信中

【内埜さくら】

恋愛ライター。これまでのインタビュー人数は3000人以上

関連記事(外部サイト)