キッチン洗剤すぐれもの8選。スポンジ要らず、食中毒対策…

キッチン洗剤すぐれもの8選。スポンジ要らず、食中毒対策…

記事画像



 強みを知って、キレイ度アップ。

 突然ですが、食事後の片付けに使う「食器用洗剤」って、どう選んでいますか? 基本としておさえたいポイントは、1)洗浄力が強いこと、2)手肌に優しいこと、3)環境に優しいこと、の3つ。それに加え、最近ではさらなる魅力・特徴をアピールした商品が続々登場しています。

 そこで今回は、「食器用洗剤の賢い選び方・使い方」をクローズアップ。5つの便利な活用術をご紹介します。

◆1.手荒れ対策として使えるのは、この3パターン

 食器にこびりついた汚れをしっかり落とす洗浄力、考えてみたら「手」に良いはずがありません。そうです、手荒れに悩まされている人は少なくないはず。そこで、なるべく手に優しいタイプをピックアップしてみました。どのタイプが自分に合うのか、実際にチェックすると良いでしょう。

(1)ノンアルコールタイプ

◇フロッシュ ブラッドオレンジ(旭化成)

 手荒れの原因のひとつであるアルコールを取り除いた「ノンアルコール処方」のもの。その刺激は、水で洗ったときとほとんど変わらないそう。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=731344

(2)非イオン性

◇キュキュット ハンドマイルド(花王)

 洗浄成分である「界面活性剤」には、大きく分けて「イオン性」と「非イオン性」が存在。イオン性は、水に溶けたときにイオンとなって肌の奥深くまで浸透してしまうため、肌に優しいとは言えません。つまり、「非イオン性」を選べば、肌への浸透がしにくい=肌に優しい処方ということになります。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=731389

(3)無香料

◇エコベール ゼロ(エコベール)

 特に肌が敏感な人には、香料まで除いた「完全無添加系」がオススメ。ちなみに、「無香料」と「無香性」は違うので要注意です。

・無香料:香料を配合していないこと。

・無香性:香りを感じないこと。香料が配合されている可能性がある。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=731388

◆2.食中毒対策には「除菌タイプ」を選ぶべし

◇CHARMY Magica 除菌+(ライオン)

 夏場の食中毒対策には、大腸菌や黄色ブドウ球菌などの殺菌に有効な「除菌剤(硫酸亜鉛など)が配合されたタイプがオススメ。パッケージに「除菌」と書かれているものを選びましょう。正しい除菌方法を実践することも重要です。

※スポンジの除菌方法例

 スポンジをよく絞り、原液(薄めるのはNG)規定量をつけ、まんべんなく浸透させ次に使用するまで置いておく。

※まな板の除菌方法例

 一度洗ったまな板の水分をふきとり、原液規定量をまんべんなく塗布し、20〜30分間放置後水で洗い流す。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=731346

◆3.時短派には、「スプレー」がオススメ

◇キュキュット CLEAR 泡スプレー(花王)

 タッパーのフタ溝や水筒のパッキン部分など、洗うのが面倒な箇所にスプレーして水洗いするだけで汚れがしっかり落ちてしまうという、スポンジ要らずの洗剤が新登場。私も実際に使ってみたところ、かなりの洗浄力を実感しました。手肌のことを考えると、ゴム手袋はした方が良いでしょう。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=731347

◆4.シンク・パイプ掃除にはこの2本!

 食器を洗いながら、ついでに台所の掃除ができたら一石二鳥。そんな願望を叶えてくれる洗剤も登場しています。

(1)「クエン酸」入り

◇キュキュット クリア除菌(花王)

 シンクの水垢取りとしても活躍するのが、「クエン酸」配合のタイプ。クエン酸は、石けんカスの除去や食洗機の庫内洗浄などにも使われるため、その実力は折り紙付きです。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=731390

(2)「グロースファクター」入り

◇緑の魔女 キッチン(ミマスクリーンケア)

 もう一つは、排水パイプの汚れを食べる微生物に栄養を与えることで、汚れの分解を促進するタイプ。これを使えば、夏場に気になる水回りの臭いも抑えてくれるんだとか。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=731348

◆5.食器用でも「野菜・果物」が洗える

◇ヤシノミ洗剤(サラヤ)

 食器用洗剤の多くが、「食器」だけでなく「野菜・果物」としても使用できるってご存知ですか? これは、野菜についた汚れや残留農薬の除去に効果的。正しい洗浄方法を知れば、野菜をより安全に楽しむことができます。(野菜の洗浄ができるか否かは、事前に確認を!)

※洗浄例

 水1リットルに対してごく少量(1ml未満)の洗剤を溶かす。5分以上のつけ置きをせず、洗った後は流水で30秒以上すすぐ。ため水の場合は2回以上水をかえてすすぐ。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=731349

<TEXT,PHOTO/スギアカツキ>

【スギ アカツキ】

長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、独自で長寿食・健康食を研究し、各メディアで活躍中。Twitterは@akatsukinohana

関連記事(外部サイト)