セカンドバージンは膣がカタいって本当ですか?【性活相談】

セカンドバージンは膣がカタいって本当ですか?【性活相談】

記事画像



【AV男優・森林原人の性活相談 第90回】

経験人数8,000人、出演本数10,000本以上、下は18歳から上は69歳まで、性別の垣根を越えてさまざまなエッチを経験するAV男優・森林原人が、女性の性に関するお悩みに答えます。

◆昔のセックスのトラウマも…

相談者:匿名・35歳

 森林さん、いつも大きく頷きながら読ませていただいています。

 私は35歳で、12年ぶりに彼氏ができました。ただ、昔のトラウマとセカンドバージンであることが不安で、セックスするのが怖いです。

 濡れる前に入れられて痛かったけど言えなかったこと、「オナニーではイケるけどオマエではイケない」と言われたこと、一番最近デートした人に「既婚者で経産婦のセフレがいるから君とはもしかしたらできないかも。彼女、最高なんだよね」と言われたこと……。

 そんな過去のことを思い出すと、「とりあえずやってみる」は私にはハードルが高いです。でも、今の彼はとても優しくてお互いに結婚も考えています。ちゃんと、向き合いたいと思っています。

「長期間セックスしていないと膣がカタくなる」という記事を最近目にしました。やっぱり痛いかな。ちょっと怖いな。セカンドバージンだということを、相手に伝えたほうがいいですか?(ひとりHはクリだけでずっとしてきました)

◆森林の回答

 うん、まずは「おめでとう!」と言わせてください。おひとりさまの幸せもありますが、恋人がいる幸せはまた格別で、何歳になってもいいものですよね。恋人が出来て良かったですね。ただ、その幸せとセットで悩みも増えるから厄介です。

 早速トラウマについてですが、挙げてもらった3つのうち、乗り越えるべきは「濡れる前に入れられて痛かったけど言えなかったこと」だけで、あとの2つはこれっぽっちも気にする必要ないものです。

 僕は、お互いがセックスを楽しむには、セックス中だけでもフィフティーフィフティーの関係でなければならないと思っています。それは、一方的にどちらかだけが主導権を握っているのではなく、行為の途中で主導権が行き来したり、途中で止めたり、止めさせる拒否権を両方が持っているということです。

◆対等なセックスのための3カ条

 そうなるには、

・挿入&射精にこだわらないこと(ここにこだわるとどうしても男性が主導権を握ってしまう。射精するまで我慢すればいいだけ、という考え方は捨てましょう)

・拒否権の行使で気まずくならない関係性を作っておくこと(痛くなるのは相手のことを嫌いだからじゃない、逆に、痛くしてしまったのはわざとじゃない、とお互いにわかる信頼関係があれば「痛い」と言っても相手の人格否定にならずに済むはず)

・人体と前戯の基本的な知識と向上心(セックス後に感想を伝え合い、それを次回に活かす前向きな姿勢と行動力)

 が必要です。

 さらっと箇条書きしましたが、この全てを満たせているカップルはほとんどいないでしょう。それぐらい難しいことだとわかっています。でも、あなたにその気があれば出来ていきます。あなたが考え方を変え、それが言動に表れたら、必ず相手は変わります。相手に期待ばかりして何もしないのは、「痛い」と言えなかった昔と一緒です。新しい恋、今の恋で、トラウマを乗り越えましょう。

◆前戯をしない男の対処法

「ダメ出しして恋人を失うことになったら……」と不安になるでしょうが、言い方さえ間違えなければ大丈夫です。「お医者さんに診てもらったことがあるんだけど、アソコの粘膜が普通より弱いらしく傷つきやすいの」と初めのうちに言っておきましょう。こう言えば、誰も悪くならないし、もしも前戯をしっかりしてくれるタイプの男だったら、「初めてこんなに気持ちよかった」と心から喜び伝えられます。

 あと残りのトラウマ2つですが、どちらもくだらないですから、女子会でハイボール片手にネタにして成仏させましょう。ハッキリ言いますけど、こういう男はクズです。クズにもいろいろありますが、自分のムスコの出来の悪さを棚に上げて女性のせいにしているチ●カス親バカ野郎です。

 自分が不甲斐ないから生身の女性でイケなかったり選り好みするんだって何で気づけないかなぁ。据え膳食わぬは男の恥とまで言いませんが、しない時は相手を立てて断るのがマナーですよ。にわかグルメ気取ってんじゃないっつーの! オナホールでしかイケないなんて病気ですからね。

 続いてセカンドバージンについてです。

◆男は違いがわからない

 相手に伝える必要ありません。言うべきは「久しぶりにする」だけ。久しぶりにするから挿れる時はゆっくり挿れて、という意味です。具体的な期間は自分から明言しないでいいです。

 そもそも、1年ぶりも10年ぶりも、なんなら3日ぶりも、言われなきゃ男には違いがわかりません。更年期を挟むようなセカンドバージンの場合のみ、膣の機能が変化しますからお互いに注意した方がいいかなってぐらいなもんです。35歳という年齢からいって、あなたは気にする必要ありません。

◆膣の準備にオススメなのは

 とは言え、自分でできる準備はしておきましょう。とりあえず、クリオナではなく、膣オナしてください。「白い巨根」っていうオモチャが女優さんの評判が一番いい膣オナグッズです。通販も出来ますから検索してみてください。見た目の大きさの割には素材が柔らかいので、膣への負担が少ないのが特徴です。

 指でほぐしながらローションをたっぷり塗って、馴染ませるようにゆっくり挿入してください。ローションはノンシリコンの物がいいです。ゴムを被せる場合は、ラテックス製よりウレタン製の方が膣負担を軽くする傾向にあります。

 出し入れが出来るようになれば、実際の時でも問題なく対応できる膣になっているのでセカンドバージンならではの心配は解決していますから、構えることなくいて大丈夫です。

◆過去ではなく“今”と向き合って

 最後にもう1つだけ付け加えさせてください。

 セカンドバージンを正直に言ったところで何の意味もありません。というのも、それが相手と向き合うということではないからです。今、目の前にいる相手と向き合うということは、過去を晒すということではないです。

 まずはあなたが今の恋愛に、相手に向き合うこと。過去の男と一緒にしないこと。じゃないと、彼氏がどれだけ優しいいい人でも、あなたのせいで同じようなタイプに変化していっちゃうかもしれません。男女は合わせ鏡だったりするのです。

<TEXT/森林原人>

【性活相談者を募集!】

森林原人さんに悩みを相談したい方は、こちらのお問い合わせフォーム(https://joshi-spa.jp/inquiry)まで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【性活相談】を入れ、お送りください。

※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。

【森林原人/モリバヤシ ゲンジン プロフィール】

35歳。AV男優歴16年。日本人の生涯セックス回数は、年平均46回×60年=2760回で、この4倍近くセックスしていて、セックス経験だけで言えば3回生まれ変わって只今4回目の老後を満喫中。最近、性と向き合い、性を知り、性を楽しむためのサイト「リビドーリブ」を開設しました。

★Twitter(@AVmoribayashi)

関連記事(外部サイト)