子宮を摘出しても変わらずセックスできますか?【性活相談】

子宮を摘出しても変わらずセックスできますか?【性活相談】

記事画像



【AV男優・森林原人の性活相談 第91回】

経験人数8,000人、出演本数10,000本以上、下は18歳から上は69歳まで、性別の垣根を越えてさまざまなエッチを経験するAV男優・森林原人が、女性の性に関するお悩みに答えます。

◆男性は気づくのでしょうか?

相談者:匿名

 私は卵巣腫瘍により子宮と卵巣を摘出しています。現在彼氏はいません。

 お聞きしたいのは、男性側からするとやはり子宮を摘出している女性に対してマイナスイメージはあるのでしょうか? 子宮の入口がないことで当たる感覚も違うと思うのですが、分かるものですか?

 子宮からの分泌がないぶん、挿入時痛いのではないかなど不安が大きく、この先恋愛出来るのかと悩んでしまいます。

 そういった人と経験はありますか? 男性になかなか聞けるものではないので……よろしくお願いします。

◆森林の回答

 はじめに確認の意味も込めてお伝えしておきますが、僕には医学の専門知識はありませんので子宮や卵巣を摘出する手術のことはわかりません。今回の相談について考えていくうえで思い浮かべたのは、摘出後の女優さんと絡んだ個人的な経験と、肉体関係のない知人女性の個人的な言葉です。

 だから、あくまでも個別の話だと思って読み進めてください。彼女たちに起きたことがそのままあなたにも当てはまるわけではないので、そっくりそのまま自分に置き換えたりせず、あくまでも参考にする程度でお願いします。

◆男性側の快感度に違いはない

 摘出後の女性とセックスをすることに関して、僕はマイナスイメージを持っていないです。実際に数人の方としたことがあり、その全員と普通にできたので、物理的な不都合や男性側の快感度に違いはないです。

 それと、見た目の話をすれば、下腹部に目立つ傷がありましたが、言われるまで帝王切開の傷だと勘違いしていました。指を挿入してみても子宮がないとは気づけなかったし、男性器を挿れても何も違和感を抱きませんでした。本当に、いつも通りにセックスしていました。

 これは可能性の話ですが、もし今、そういう方とセックスしたら、気づくと思います。というのも、ここ1年ぐらいは子宮口を攻めることを意識するようになっているので、コリコリした部分を探し、見つからないなと思うわけです。ただ、こういったことを意識してセックスしている男は極少数だから、お医者さんでもない限り、前情報や経験がなかったら気づけない人がほとんどでしょう。

◆知っても萎えることはない

 じゃあ気づいたり、その傷の真相を聞いた後だったらどうかというと、それで気分が萎えたりすることはないです。性感染症を疑う症状でない限り、リストカットも含め目に見える傷に目を向けることはしません。

 相手の目を見たり、ぎゅーって抱きしめ合ったり、キスしたりに夢中だと、過去に出来た傷に気を取られている余裕なんかないのです。これはある意味、相手の体の状態を気づかっていない自分勝手さともとれるのですが、たいていそんなもんです。男女ともに快感の波がやってきたら、そこに飲み込まれるのがセックスの王道の楽しみ方ですから。

◆セックスしていない関係の方が気を使う

 むしろ、セックスをしていない関係性の場合の方が気を使います。だって、気にしてないですよって体で証明(スムーズな勃起と射精)することが出来ないので、セックスとかそこら辺の話をどのくらいしても大丈夫か悩みます(そういった話をしなければいいだけのことなのですが、僕はそっちが好きだから誰とでもそういった話をするので)。

 肉体関係のないアラフォーの知人女性にカミングアウトされた時のことです。女性の性欲の話をしている時に、その女性がポロっとそのことを言ってきたのです。女性もオナニーし続けている方が若くいられるし、年取っても挿入行為可能な性器であり続けられるって言っていたら、「私は子宮取ってから性欲がなくなった」と告げられたのです。

 これには、どう返したらいいのか、どう接すればいいのか戸惑いました。肉体的にも精神的にも傷を負ったのは確かでしょうが、それを本人が現在どう受け止めているかは人それぞれで、親身に励ますのか、慰めるように同情するのか、そのことには触れないで何も変わらずに接するのか、どの対応が最良なのかわかりませんでした。

 とりあえず、「性欲には波があるから、子宮を取ったタイミングと重なっただけかもよ。生理終わった女性は、生殖の可能性を排除してセックス出来るから爆発するとも聞くし」と濁しました。彼女は、「分泌液っていうか、あの時の汁が出なくなって、濡れないんだよね。気持ちよくないわけじゃないんだけど、相手に申し訳ないような気がして、それで集中できなくなった」と、別に深刻な感じもさせずに返してきました。

 僕は言い訳がましくも「マン汁は子宮からだけ出ているわけじゃないから、本当に興奮していなかったのかもよ。自分の中でしかわからない違和感を必要以上に感じちゃって、そこにとらわれ過ぎたとかね」と言いながら、納得したかのように一人でうなずき誤魔化しました。

◆男性が気づくのは心の部分

 本人が言うのだから、肉体反応に変化があったのは事実なのでしょう。自分の体のことじゃないからわかりませんが、女性側の快感度は低くなっているのかもしれません。でもやっぱり、それに男は気づけないと思います。気づくのは、女性が気もそぞろになっているかどうか、心の部分の方です。別の言い方をすれば、女性が今に、この瞬間に心がない場合は、膣の変化には気づかないけどなんか盛り上がらないなという感想になるでしょう。

 このことから僕が言いたいのは、どんな肉体でも、心が“今”になければ相手と繋がるセックスにはならないよということです。セックスをしているのは“今”。感じているのは“今”の自分。“今”という一瞬こそが全て。

◆“今”にいないと本当の恋愛はできない

 絶対にしちゃいけないのは、他の誰かと比べて自分を貶めることです。それは巡り巡って他の誰かも貶めていることになります。上も下もないんだ、でいいんです。比較して落ち込んだり満足したりするのは無意味です。悲しいです。

 そして、比較対象は他人だけじゃなく、過去の自分もです。過去の自分とも比べないでください。過去の自分というのはもういないのです。禅の世界の考えに近いですが、1秒前の自分はもういない、諸行無常です。肉体は変化していくもので、そこに本質的な意味や価値はないのです。すべてのものは移ろい変わっていくのでとどまることがなく、そこにこだわったり執着したりしても仕方ない、どうにもならないんだと気づき受け入れてください。そうしないと、ちゃんと“今”にいることはできません。

“今”にいないと本当の恋愛はできません。自分を慰めたり、承認欲求を満たす道具として相手を求めたりするのは恋愛ではなく、依存です。好きという気持ちは“今”のもので、愛はいつだって現在形です。セックスちゃんと出来るかな? と先の心配をせず、“今”の自分を受け入れ好きになってください。“今”のあなたが、“今だけ”のあなただから、愛おしい存在なのです。セックスできますよー!!!

<TEXT/森林原人>

【性活相談者を募集!】

森林原人さんに悩みを相談したい方は、こちらのお問い合わせフォーム(https://joshi-spa.jp/inquiry)まで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【性活相談】を入れ、お送りください。

※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。

【森林原人/モリバヤシ ゲンジン プロフィール】

35歳。AV男優歴16年。日本人の生涯セックス回数は、年平均46回×60年=2760回で、この4倍近くセックスしていて、セックス経験だけで言えば3回生まれ変わって只今4回目の老後を満喫中。最近、性と向き合い、性を知り、性を楽しむためのサイト「リビドーリブ」を開設しました。

★Twitter(@AVmoribayashi)

関連記事(外部サイト)